虎尾俊哉『日本歴史叢書 延喜式』、高田修『仏像の誕生』、他読了
虎尾俊哉著『日本歴史叢書 延喜式』読了。
古墳や神社についての本を読むのが好きで、けっこう読んでおりますが、そういう本で典拠として記紀と同じくらいに引かれることの多いのが「延喜式」なのでですが、延喜式が何なのか実は私はよく知らなかったのでこちらを読んでみた次第です。いや、実は染料などの古色について読んでいても、けっこう引かれているので、それでいよいよ勉強しなくてはと思って、本書を読んだわけですが自分はこんなことも知らずに生きてきたのかという反省もちょっとしてしまいました。あとは万葉集についても、もっと読まねば、という気がしております。

高田修著『仏像の誕生』読了。
夕飯の餃子が焼けるのを待つ間なにか読もうかとおもって読みはじめたわけですが、これはとてもよい勉強になりました。新書ですから掲載されている図版は白黒の小さなものなので、もっと大きなものを参照しながら読もうと思いまして、勤務先の図書館で世界美術大全集の東洋編を改めて開いてみたところ、以前には価値がよくわからなかったものが今ではビンビンに面白くなってて、この際、東洋編全巻を購入してみようかと思いました。ちなみに本書に関連するのは、中央アジアとインド(1)の巻です。以前、西洋編全巻はヤフオクで5万で売られていた美品を購入済みなのですが、東洋編は買うつもりなどなかったのですが、買うとしたら16巻の西アジアはメソポタミア美術を扱っているので、大英博物館が心の原点である私としては買っておこうかな、くらいに思ってましたが、やはり全巻揃えておきたいです。あんま面白くなさそうって思う巻でも、それは基本的に自分の勉強不足でしかないですな。あと今なら東京国立博物館の東洋館に行ったらかつてよりずっと楽しめそう気もします。

熊崎勝(著)『ピンホールカメラは楽し! だれでも写せる“針穴写真”入門』読了。
現在の通勤先である美術室には現像・プリント用の暗室がありまして、それがなかなか立派な作りになっているのです。と言ってもかなり長い年月使用されていない様子で、ちょっと言葉では伝えにくいような鬱蒼とした物置場と化していたのですが、せっかくなので授業で活用できないかと前々から考えておりまして、折りを見て整理してみたり、しかし地震が来て崩壊したりなど、いろいろありましが、一応徐々に整ってきたいたりします。そして、現像とプリントについての参考書を入手しまして、と言っても今はいずれも絶版になってて古書を買って読んでいるわけですけれども、前世紀の写真の技法、特に手焼きプリントの技術について知るにつけ、自分の中で写真芸術への関心が深まっていく感じがなきにしもあらずです。有名な写真作品の数々も、引き延ばしの工程で色調をかなり自由に調整していたようで、今ならPhotoshopでやるところですが、似たようなことをアナログでやってて、それがなかなかクリエイティブな感じなのです。そしていろいろ勉強してから、改めて写真芸術を鑑賞してみるとこれがけっこう面白いのです。今まで見えてなかったところが見えてきたといいますか。作業工程に関心を持ったおかげで、ようやく写真芸術を鑑賞できるようになったのだとしたら、我ながら自分の感受性がいまいち頼りない感じがしないでもないですけれども、しかしなんらかのきっかけというのは大事なことであろうかと思いますし、それはそれでいいんじゃなかろうかということにしておきましょう。引き伸ばし機は(藤本写真興業 60M)一応電源も入れて、ランプは切れてないような点も確認しました。しかし、フィルムの現像ツールが無くなっているようです。いや、実はもとから無いのかもしれません。暗室内に落ちていた作例など拝見すると、ピンホールカメラ自作などの授業をやっていたのかと思われるのです。カメラの自作というのはなかなか面白そうであります。アナログの一眼レフカメラは自宅にまだ数台残っているので、それで撮影して自家現像ということも可能ですが、現像タンクなど見当たらないので、それはもうヤフオクなんかで投げ売りされているのを使ってもよろしかろうかと思ったりします。過去の現像済みのモノクロフィルムなどを使って、手焼きを試してみるというのでもいけそうな感じもします。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 12:45 AM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1703

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: