四柳嘉章『漆の文化史』、森三樹三郎『梁の武帝 仏教王朝の悲劇』他読了
四柳嘉章(著)『漆の文化史』読了。
洋画専攻の私としては、漆など日本の工芸材料についてちょっと盲点というか、弱点みたいなとろもありまして、しっかり勉強したいと思っております。しかし本書を読んで思ったのは、日本の工芸全般と文様の歴史に読まねばというところです。図や写真の多い本はけっこうあるのですが、できれば文字的に読み応えのあるものを見つけたいです。

森三樹三郎(著)『梁の武帝 仏教王朝の悲劇』読了。
洋の東西を超えて美術分野を楽しみたいところでありますが、いろいろ読んでたりするんですけれども、実際、さまざまの地理的範囲を超えて読みつつはあるのですが、どういうわけか中華文明だけはいまいち苦手なのです。理解しようと一定の努力はするけれども、どうにも相性が悪いといいますが、頭に入ってこないところがありまして。おそらく儒教および「気」という概念が合わないのだと思いますが。でも書を読んで私は中国の歴史、中国の文化についてちょっと開眼した気分になりました。

安本博(著)『ビギナーズ・クラシックス 中国の古典 春秋左氏伝』読了。
こちらも、中国文明についての理解を深めねばと思って読んだ次第です。

角川書店(編)『ビギナーズ・クラシックス 日本の古典 万葉集』読了
先にちょっと中級的な本である『万葉集の基礎知識』を読んでからこっちを読んでしまって、前後逆みたいな感じになってしまったけれども、かえって楽しく読めた気がします。

栗田功(著)『ガンダーラ美術にみる ブッダの生涯』読了。
仏典等に説かれるブッダの生涯を追うのにとてもよい本かと思います。とても簡単な文章で書かれているのですが、高田修(著)『仏像の誕生』を事前に読んでいたので、美術史的なちょっとした固有名詞のことがよく理解できている実感があります。いきなり本書を読んだらわかりやすいブッダ伝のようなもので、ガンダーラ美術あるいは黎明期の仏陀像についての理解はあまりなかったかもしれません。

以上です。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 10:25 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1708

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: