『仏教の思想 2 存在の分析<アビダルマ>』読了
渡辺照宏(著)『仏教 第2版』読了。
仏教入門書、特にインドから日本にかけての仏教史を扱ったものをこのところ何冊も読み続けているのですが、いくつ読んでもその度に新鮮な驚きがあります。前に読んだものを忘れているだけかもしれませんが、でも著者それぞれの切り口があって、時にはそれまで知ってたことをひっくり返されることもあったりして、読めば読むほど面白くなってくるという性質があるような気がしてきました。いろいろ読みましたが、最近読んだ中でも渡辺照宏著『仏教 第2版』がなかなか良かったです。著者によれば、短時間の勢いで執筆されたようですが、独特のキレがありまして、かなり印象に残った次第です。玄奘三蔵とはいったい何を思って唯識を求めて、危険な長旅を決行したのか、本書を読んでいるうちにその辺がちょっと気になってきました。思い返せば、同著者の『法華経物語』を読んで経典の魅力に気がついたという経験があるのですが、今回は「論」の方に関心が向いたということで、ありがたいのかそれとも迷惑なのか。

桜部建、上山春平(著)『仏教の思想 2 存在の分析<アビダルマ>』読了。
前掲の渡辺照宏(著)『仏教 第2版』を読んでから唯識論が気になり、いくつか読んでみようかと思いましたが、唯識にゆくまでには説一切有部のアビダルマ、言い換えれば倶舎論と中観について読んでおかねばならぬようだというのがおぼろげにわかってきたので、『仏教の思想2 存在の分析<アビダルマ>』および、『同3 空の論理<中観>』、『同4 認識と超越<唯識>』をまとめて購入。60~70年代に刊行された「仏教の思想」シリーズですが、文庫復刊版を買いました。さっそく、2を読み終えましたがなかなか大変でした。意味不明な部分はガンガン飛ばして読みました。ですので、1/3も理解しておらず、いや、1/10も理解してないかもしれないし、理解したような気になっている部分も記憶しておけるかどうか甚だ不安ではあります。別に仏教学者になるわけではないので、このような感じでいいのだと自分では納得しておりますが。けっこう面白かったです。一度読み始めると、全体像を知らずに放ってはおけないようなところがあって、これは読み続けるしかないところです。何しろ世界の認識についてですから、それ自体が気になるところですし、それは時には生き抜く為の助けにもなりそうであるし、それにインドから中央アジアや東アジア全体にも跨がるダイナミックな歴史みたいな感じもあって読むこと自体が面白すぎるようなところもあります。当初は仏教美術鑑賞の助けになればと思って仏教関連の本を読んでいたわけですが、そっちはどうでもよくなってきつつあります。むろん美術鑑賞にも大いに関係ありますし、これらの思想を知らずして何を見ていたのかと驚くくらいではありますが。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 09:11 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1723

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: