ワールドタンクミュージアム第7弾~クルスク編~
WTMのクルスク編、22点を入手。さっそくロケ撮影を行なった!(ベランダの植木鉢で)

まずはタイガー戦車I型
ストロベリートーチの巨木(笑)の間を走り抜けるタイガーI !!
タイガー戦車I型
タイガーIの細部の作り込みの凄さは他のモデルを圧倒してる。他より一回り大きいという理由もあるけど、やっぱ思い入れが違うんだろうなあ。

単色迷彩と2色迷彩のタイガーI
タイガー戦車I型
ジオラマ撮影するなら同じ迷彩塗装のやつを複数手に入れないといかんね。

パンター戦車D型
パンター戦車D型

パンター戦車D型
パンターはやっぱタイガーIと比べると小さいっすね。やはりタイガーよりやや手抜きか?
個人的には独軍は4号戦車とパンターだけ集中して開発・生産してたらいかったかもと思うこともあるが、後からなら何とでもいえるか。

ナースホルン対戦車自走砲
ナースホルン対戦車自走砲

III号戦車J型
III号戦車J型

こっから先はソ連側。
SU-122突撃砲
SU-122突撃砲

あの有名な傑作戦車T34。
T34/76戦車
タイガーIとかに比べるといまいち造形に気合いが入ってないような気がするのは気のせいか。


| その他 | 06:00 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/207

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: