シド・マイヤーズ アルファ・ケンタウリ 完全版
ちょっと時間があると、どうしても初代エイジ・オブ・エンパイアをやってしまうのだが、そればっかりやっていては人生に発展性がないと思い、攻略本なども含めてヤフオクで処分した。攻略本数冊の他、英語版(UK仕様)まで手に入れていたのだが、どうにかまとめてサヨナラすることができた。それに変わって『シド・マイヤーズ アルファ・ケンタウリ 完全版』をインストール。シヴィライゼーション・シリーズの最高傑作という評判、しかも現在は¥2,079の廉価版になっている。内容は手短に言えば、滅亡の危機に瀕して地球を脱出した人類がアルファケンタウリ星系の惑星に移住、しかし、思想の相違等により7つの党派に分裂してしまい、領土などを競うというものだが、250ページのマニュアルに気後れして、買ってから数ヶ月たっても放置状態だった(SLGは新しいゲームのルール覚えるのが面倒だと思うようになって久しい。AoEからAoKに移るのでさえ腰が重かった)。

しかし、いったん始めてみたらもう面白いとかいうレベルじゃねーぞ。ゲームでここまで興奮したのは小学6年生のときにやったスペランカー以来かもしれない。石膏地作りをせっせとやりながら、地塗りが乾く合間にプレイしようと思っていたのだが、そんなものは放置して2日間ぶっ続けで遊び続けた(その為、今はちょっと体調が悪い)。ゲームそのものが面白いのは当然として、途中に挟まれているアニメーションなど、非常にいい雰囲気を作り出している。テキストも膨大で、音声のセリフやら250pのマニュアルやら含めると、全部日本語に翻訳したというのはすごい作業かも。勝利条件はいろいろあるのだが、どうなるか非常に興味深かったので、超人類へ進化するまでやり続けた。人間の倫理を超える開発が容赦なく進んでいく様は、ちょっとキ○タマを萎縮させるような怖さが。。。未来を舞台にしているので、雰囲気はなんとなくアセンダンシーに似ている。開発される技術も共通点が多いかも。でもアセンダンシーは何回もやっていると、単調で簡単すぎると感じてしまうのだが、アルファ・ケンタウリはそれよりずっと複雑で長く遊べそうだ(BGMと効果音だけは断然アセンダンシーの方が勝っているけど)。

シヴィライゼーション・シリーズをやったことがないので、ルールを把握するのにちょっと手間取ったが、ネット中にレビュー記事や攻略サイトが溢れかえっているので、それらを参考にした。最初に参考にさせてもらったのが http://www2.netwave.or.jp/~panda/alpha.htm で、要点が手短にまとまって書かれており、この通りにプレイしたら最後まで行けた。マニュアルは250ページあるが、小難しい文庫本1冊読むぐらいの量だし、これを見て始めるのはキツイかもしれない。マップが狭い方が難しいという話だが、マップの広いゲームが好きじゃないので、ひたすら最小マップでプレイするが、難易度を最低にしていたので、意外と楽に進めた。このサイズでレベルを上げていったら面白そうだけど、やはりターン制はRSTと比べると時間がかかる。AoEは最小マップを30分ぐらい遊ぶという感じで気分転換していたのだが、その代わりにはならないか。あと、Athlon64のマシンで起動したら「CPUが動作環境に対応していないので」というエラーが出て終了してしまった。まあ、ゲームは普段から枕元の中古ノートでやってるから問題はないが(←公式サイトにパッチがあった)。


| ゲーム | 11:26 PM | comments (1) | trackback (0) |
難易度や党派を買えて何度か挑戦したが、やはり難易度設定を上げた方が面白い。最低レベルだと、外交など全く無視して内政に専念できるが(それはそれで面白いが)、ちょっとレベル上げると外交とか、社会構造とかさまざま要素を駆使しないと、あっという間に潰される。それにしても外交は非常にリアルである。国力が大きい党派の要求にはひたすら従うしかない。特に軍事力がある党派には絶対逆らえん。個人的には研究に特化した「惑星学院」なる党派が好きで、それでプレイし続けているが、周りの国から金やら研究成果やらを搾取されまくる。最新の兵器を揃えることも大事だが、それ以上に数が重要な点もリアルと言えばリアルだ。
しかし、けっこう遊んで、すごい感心したけれど、やはりAoEの代わりとはなりえる程
| 管理人 | EMAIL | URL | 2007/01/06 06:28 PM | Glmw4p0U |











http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/293

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: