青池保子(著)『アルカサル -王城-』全12巻読了。
購入したのはだいぶ前になるが、ようやく読めたという感じか。買ったまま放置状態のマンガ本が山となっているが、マンガと言えど、読むのに相応の時間がかかるものである。

歴史ジャンルが好きなので、レンタルする映画も、購入する漫画本も、ほとんどが歴史に関連のあるものとなっているのだが、映画と漫画を比較すると、漫画の方がはるかに出来映えがいいものが多い。映画の場合は、2時間前後という枠に収めつつ、興行的成功を最優先にしなければならないので、ある人物の生涯を描くには尺が不足し過ぎている。しかも、最近の大作映画は脚本が悪すぎて、戦闘シーン以外の部分に観るべきものがなかったりする。また、大作になるほど、歴史上の人物のイメージより、俳優のイメージが全面に押し出されるようになるので、それも気になる。大作の場合、キャストによって興行成績が大きく左右されるので仕方がなく、逆に低予算のテレビ映画の方が、実像の再現に熱心な場合が多かったりする。尺の方は、大河ドラマみたいに1年やれば、それなりの長さにはなるが、いずれにせよ俳優がどうこうという話題ばかり先行して、見る前から既に興味をそぎ取られる。そもそもテレビ見ないし。

そんなわけで、どちらかというと、映画より漫画の方が好きである。この作品も素晴らしい。史実に沿いながら、マンガとしてアレンジも加えているが、そのバランスが非常に良い。こんな絶妙なブレンドは映画やテレビ番組では不可能。


| 書籍・雑誌・漫画・アニメ::マンガ・アニメ | 10:16 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/355

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: