箕輪成男(著)『紙と羊皮紙・写本の社会史』を読む。
箕輪成男(著)『紙と羊皮紙・写本の社会史』出版ニュース社(2004/09)

同著者の『中世ヨーロッパの書物』、『パピルスが伝えた文明』と読んで、3冊目。3冊とも素晴らしい本で、最高の推奨品だが、さすがに重複部分が多くなり読むのが辛くなってきたのも確か。実は本書1冊の中でもかなり繰り返しが多い。また、過去の時代と比較しての現代社会批評がときたま差し込まれているが、短文であるために、それは少し安易過ぎないだろうかとかというツッコミを入れずにはいられないところがなきしにもあらずである。



| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 09:34 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/368

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: