コミック『絶望先生』第1~12巻(現在最新刊)読了。
わかんない人には全然意味の通じない作品らしいが、個人的にはものすごい衝撃を受けた。久々に漫画読んで面白いと感じ、書店に行っていっきに残りの巻を買ってきた。というか、中古品探すのも面倒で、さらにAmazonからの到着も待てないという感じで、車で最寄りの書店まで行ってきたが、普通に新品をまとめ買いというのは自分にとってはかなり珍しい。それに、よく考えると、最近読んでる漫画って歴史物ばかりで、歴史の勉強になるかな、という動機で読み始めてるわけで、ただの普通の少年誌の漫画を読むこと自体が、自分には珍しいことであり、それだけ純粋に内容が面白いということだろう。

それにしても、普段、書籍のほとんどをネットで購入しているので気にしてなかったが、リアルの書店で漫画本を両手に抱えてレジに持っていくというのは、やはり恥ずかしいものがあって、自分がどうしようもない駄目人間に思えてくるのが不思議。暇つぶしに漫画本を1、2冊買うのは大人って感じだが、10冊買うと不審者っぽい。ところが、なぜかブックオフで買うときは、それが普通の行為っぽく、さらに、ネットではまとめ買いがむしろ正しい作法である。ネットなかったら田舎では生けてゆけない理由のひとつである。


| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 07:47 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/411

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: