ジュヌヴィエーヴ・ラカンブル(著)『ギュスターヴ・モロー 夢を編む画家』
ジュヌヴィエーヴ・ラカンブル(著)『ギュスターヴ・モロー 夢を編む画家』「知の再発見」双書

モローの絵はライトノベルの挿絵っぽいなという気がして、軽視していたのだが、それは国立西洋美術館常設の一点ものを見ていたからかもしれない。モロー美術館の内観を写した写真を見てからは、印象が変わって、かなり注目中である。というか、額縁凄いな。まだモロー美術館は行ったことないけど、是非行ってみたい。なお、本書はよくまとまっていて、内容に実が詰っているうえ、素早く読めて、これもまたたいへんよかった。


| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 07:43 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/414

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: