横山光輝(作)『項羽と劉邦』全21巻、読了。
最初から最後まで極めて面白く、特に後半は途中で読むのを休めない程であり、温風ヒーターの効果もあってドライアイが加速した。目が痛い。横山光輝の漫画は登場人物の顔が数種類しか用意されていないが、その場面に応じて誰なのか判断できるという点がある意味、新鮮。初期のドラクエのアイコン程度の役割しか果たしていないというか。それにしても戦争で死ぬ人の数が多い。20万人生き埋めとかって、実際に可能だろうか。誇張された数だとして一桁減らしても難しいと思うのだが。



| 書籍・雑誌・漫画・アニメ::マンガ・アニメ | 03:21 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/43

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: