インド茜(根)で染色
読んでくれている人もそろそろ飽きてるかもしれないしれないが、また染色の話を。

今回はインド茜(根)。先日、アークオアシス仙台店で買ってきたもの)。染めるのは綿のシャツ。媒染剤はみょうばん。例によって素人の個人的メモなので、内容はあまり信用せずにお願いします。

茜の色素と言えばアリザリンだけれども、アリザリンのみというわけではなく、そもそも染料となる植物には複数の色素が含まれているもので、同じ茜でもインド茜は西洋茜と比較して黄色みが強いという話である。
インド茜

実際に違うものだろうかという興味もあるのだが、それと同時に今回は先媒でやってみることに。今まで後媒だったが、先媒すると染料の布への進入を促進されるそうで。特に木綿は染まり難い布なので、先媒はかなり有効らしい。

というわけで、お湯をはった鍋にインド茜をどさっと入れる。量とか計らずに、袋に入ってものを全部放り込んでしまった。残しても仕方ないし。
インド茜

薪に火をつけて煮出す。それにしても炭に比べると火の加減を調節するのが難しい。
インド茜

煮出ししている間に布を媒染。
少量の熱湯でみょうばんを溶き、お湯をはったバケツに入れて媒染液を作る。染める予定の布をまんべんなく浸しておく。
インド茜

充分煮出して染液ができたら茜を取り出す(本当は目の細かい布で濾すのだが)。
インド茜

布を投入。先媒すると色の吸い付きが凄い。というか、最初に入れた布が色の大部分を吸ってしまうのか、後から入れた布がほとんど染まらない(後媒のときはこれほど極端じゃなかった)。
インド茜

さきほど煮出した茜の根、前はそのまま捨てていたけど、2回、3回と繰り返し煮出して使えるそうなので、今回は改めてお湯で煮出してみたところ、1回目と大差ない濃さの染液ができた。実際、布を染めてみても、1回目と同じ濃さに染まったし。まぁ、もともと多めの茜を使ったからかもしれないけれど。
インド茜

さて、染液に浸した布は、軽く水洗いしたあと、洗濯機にて濯ぎと脱水をして干す。
インド茜

というわけで、完成図。
インド茜

| 絵画材料 | 11:50 PM | comments (3) | trackback (0) |
煮出した液のにおいはどのようでしたでしょうか?
| Bambook | EMAIL | URL | 2008/06/23 12:41 PM | NKiOgpE. |

西洋茜もインド茜も作業をしていて、べつだん臭いは気になりませんでした。
コチニールは、磨りつぶすときにちょっと臭います。

色の浸透を良くするために酢を入れたりするのですが、個人的に酢の臭いが苦手なので、息を止めるのはそのあたりです。ワインビネガーを使ったりしているのですが、普通の食酢と違って臭いが長く継続してキツイです。
| 管理人 | EMAIL | URL | 2008/06/23 05:49 PM | Glmw4p0U |

私も酢のにおいは苦手です。
写真フィルムの現像の停止に氷酢酸を使いますが、少々厳しいでした。
ワインビネガーも料理に使う程度は許せますが、とてもきつそうですね。
| Bambook | EMAIL | URL | 2008/06/26 01:18 AM | PJx5Ials |











http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/451

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: