堺市の百舌鳥古墳群を巡る。
関西滞在の最終日は仁徳陵古墳で有名な百舌鳥古墳群巡りである。
何しろ数が多いので、記憶が曖昧になってしまう前にさっさと書かねば。
百舌鳥古墳群に関しては堺市のページなどをご参照のこと。
http://www.city.sakai.lg.jp/city/_rekibun/mozu/index.html

とりあえず、百舌鳥駅到着。
百舌鳥駅
古墳はデカイけど、駅は小さいっすね。

最初に訪れたのは駅からほど近かい御廟山古墳(ごびょうやまこふん)
御廟山古墳
いやもぅ、これで充分デカイのだが。それにしても蒸し暑くて、駅からたった数分歩いただけでぐったりである。

本日は古墳の同志と待ち合わせしていたのだが、同志が1時間ぐらい遅れてくるというので、百舌鳥駅のMamekanで時間を潰す。というか、やっぱり暑いので、涼まないとやってられないし丁度いいか。

同志と合流後、まずは駅のすぐそばにある長塚古墳を(一応)見る。
長塚古墳
写真は全体像がつめない感じ申し訳ない。お堀がないので被写体が近すぎるのだ。

とりあえず、大仙公園を横切りながら履中陵に向かって進む。

七観音古墳
七観音古墳

寺山南山古墳
寺山南山古墳

おお、って感じで履中陵が見えてきた。
履中陵(上石津ミサンザイ古墳)

西側に沿って歩いてみるが、とにかく長い。
履中陵(上石津ミサンザイ古墳)
仁徳陵は2~3重濠ぐらいになっていて、まわりを歩いても本体が見えなさそうなので、まずは履中陵の周りを歩くことにしたというわけである。
履中陵(上石津ミサンザイ古墳)

拝所に到着。
履中陵(上石津ミサンザイ古墳)
こんどは東側を回ってみる。
履中陵(上石津ミサンザイ古墳)

履中陵(上石津ミサンザイ古墳)
履中陵付近の町並み。

いたすけ古墳。
いたすけ古墳

いたすけ古墳
一時期、住宅造成で破壊されそうになり、その際に作られた橋らしい。

いたすけ古墳
どの古墳も、お堀に亀が棲んどりますな。餌付けしてるのか、池を覗くと集まってくる。

再び大仙公園を戻りつつ、細かい古墳を撮影する。

鳶塚古墳
鳶塚古墳

堺市博物館、堺市茶室に立ち寄る。

孫太夫山古墳(まごだゆうやまこふん)
孫太夫山古墳
写真、古墳の全体像がまるでつかめない、というかすごい適当な構図になってしまったが、古墳の数が多すぎて、だんだん撮影に身が入らなくなってくる。

いよいよ、仁徳陵(大仙山)古墳。
仁徳天皇陵(大仙陵古墳)

仁徳陵は2~3重濠になっているので、拝所ぐらいでしか本体が見えない。
仁徳天皇陵(大仙陵古墳)

時間も差し迫っているし、ということで、レンタルサイクルを借りて、仁徳陵の周囲を回ってみることに。

周回しているといくつもの陪塚(大古墳周囲の小古墳)に遭遇する。
銅亀山古墳
これは銅亀山古墳。

初霜坂
仁徳天皇陵(大仙陵古墳)

最も外側の濠ですら、こんな感じであるからして、内側のお堀は相当広いんでしょうなぁ。
仁徳天皇陵(大仙陵古墳)
たぶん、樋の谷古墳かと思われ。

こちらは永山古墳かと。
永山古墳

とりあえず、仁徳陵の北端まで行ったので、古墳群を後にして、家康の墓があるという南宋寺に行ってみる。
南宋寺
時間切れで入れず。

19:25の飛行機で帰らねばならぬので、そろそろ駅に向かわねば。そういえばすっかり忘れていたが、徒歩モード付のカーナビを持ってきてたのである。明日香村とかで活用すれば良かったのだが。今さらって感じだが、徒歩モードで道順を見ながら自転車で堺東駅に向かう。

堺市役所の21階展望ロビーで仁徳陵を見下ろすことができるというので、登ってみる。
百舌鳥古墳群
21階でも、まだ横から見ているって感じか。

反正陵古墳ははっきり見える。
反正陵古墳

というわけで、百舌鳥古墳群歴訪を終える。

| 史跡・古墳・名所等 | 11:20 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/595

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: