『三大怪獣 地球最大の決戦』1964を観る。
セットを破壊しつつ突き進むキングギドラ、凄まじい迫力である。画面がシネスコなんで、ワイドモニタで観るとけっこう強烈である。惜しむらくはゴジラの動きがコミカル過ぎて、スケール感がないのが残念。キングギドラのシーンを除くと全体的に馬鹿っぽさが漂っている。東宝の大作『日本誕生』1959も、特撮は目を引くが、シナリオとかいろいろ残念な部分が多かった。

| 映画 | 10:11 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/664

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: