体質顔料を含んだ描画用メディウムを作ったり
描画用メディウムはたいてい自調合しているのだけれど、最近は、色調を柔らかくしたり、インパスト用などにチョーク等の体質顔料を入れたりなどしている。
体質顔料入りメディウム
ほとんど同じような材料でも、顔料が下に沈んでしまうときと、そうでない場合があって、その違いがさっぱりわからん。ちなみに、顔料は少し入れただけでも、メディウムが不透明になるので、いっぱい入ったような気になるが、下に沈んでいる状態で改めて見ると、少ししか入ってなかったんだなと思ったりする。いや、一応計量して入れてますけどね。

インパスト用には、Natural Pigmentsで、↓のようなものも買ってみた。
体質顔料入りメディウム

中はこんな感じ。
体質顔料入りメディウム
絵具っぽい感じなので、うっかり混ぜすぎてしまうが、適量加えるように気を付けて使った方がいいような感じがした。というか、どうもちょっと求めるものと違う気がして、あまり使ってない。

こちらはクサカベの、その名も「油絵具体質」なるチューブ。
体質顔料入りメディウム
ただし、媒材がポピーオイルなので、インパストには使えないが。

| 絵画材料 | 11:16 PM | comments (1) | trackback (0) |
私も古典絵画のようなマチエールが欲しくて、オリジナルメディウムに体質顔料を練って試しています。タルクは艶消しになりますが、すべすべの感じになり、人物の肌に使えそうです。体質顔料の性質について調べていて、タルクは塗料の剛性を高める効果を持つそうなので購入しましたが、藤田嗣治が使っていたのは後で知りました。

チョークや石灰も試したいと思っています。
| 憂愁庵人 | EMAIL | URL | 2013/09/20 01:02 AM | QcOY2GAQ |











http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/671

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: