映画『レジェンド・オブ・サンダー』前・後編を観る。
原題: Gunpowder,Treason and Plot
製作年:2004年
製作国:イギリス
スコットランド女王メアリー・ステュワート1542-1587とその息子ジェームズ1566-1625(後にイギリス国王ジェームズ1世となる)の生涯を描く。前編はメアリー、後編はジェームズが主役となっている。メアリーの生涯はなかなか波乱である。前王の死により、生後6日でスコットランド王位を継ぐが、英国の攻撃を逃れるためにフランスのアンリ2世の元に逃れ、皇太子と結婚。皇太子は王位に就き、メアリーもフランス王妃になるが王は16歳で病死し、まだ子がなかったメアリーはスコットランドに帰る。メアリーは熱心なカトリック教徒だったが、スコットランドの貴族は既にプロテスタント派が大勢だった。カトリック派も残っていたがメアリーは両派をまとめなければならなかった。従兄弟のダーンリ卿と再婚し、後編の主人公ジェームズが誕生。メアリーには秘書兼音楽家のイタリア人リッチョという愛人?がいたが、夫に残忍な殺され方をしたようである。メアリーは愛人?ボスウェルと共謀してダーンリを殺害、ボスウェルと再婚するが、人々の反感を買い、スコットランド女王を退位する。その後もメアリーはエリザベス暗殺を企てるなど、さまざまな活動を行なっているが、映画は退位までを描いて後編へ続く。後編はメアリーの処刑から始まる。エリザベス女王とメアリーは常に対立していたが、生涯結婚しなかった英国女王エリザベスには跡継ぎがなく、ジェームズを後継者に指名して亡くなる。ジェームズは、ジェームズ1世として英国王に即位。母メアリーはカトリック教徒だったが、英国王になったジェームズはカトリックを弾圧する。追いつめられたカトリック教徒の一部が王の暗殺を計画する。議会が行なわれるウェストミンスター宮殿の地下に大量の爆薬を仕掛け、国王、及び議員等の要人を一網打尽にする計画である。後編の大部分はこの事件の叙述に割かれている。ガイ・フォークス、トーマス・パーシー等の首謀者、及び計画が漏洩する原因となったモントイーグル卿等が登場。計画は順調に進むが、議会に出席しているカトリック派の議員を救うべきかどうかで意見が分かれる。結局、首謀者の一人が義兄を爆破から助けようとして出した意味不明な手紙が原因となって、計画が漏れる。当日、宮殿の地下室でガイ・フォークスが捕まる。他の者も逃亡するが、追っ手よって殺害される。爆破計画は未遂に終わったが、ジェームズはこの事件を利用して議会を掌握し、映画も幕を閉じる。なお、このときの議会は11月5日だったが、これが「ガイ・フォークス・デイ」の由来である。それにしても『レジェンド・オブ・サンダー』とか『キング・オブ・ファイヤー』とか『キング・フォー・バーニング』とか、この手の邦題はなんとかならんものだろうか。最近観たDVDの題名が似たものばっかりでわけがわからなくなってきた。



| 映画 | 03:54 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/69

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: