寄り道せずに撫倉山々頂にたどり着くルート。
七ツ森の山々の中でも、撫倉山は展望もいいし、コースも起伏に富んでいて面白いので、つまみ食い的に撫倉山だけ登って帰ってくるというのもありかもしれない。

ということで、撫倉山の手短コースを探りに七ツ森に向かう。
撫倉山

スタート地点は信楽寺跡の駐車場。
撫倉山

この看板が見えたら、松倉山はスルーして、七ツ森遊歩道の方へ向かう。
撫倉山

遊歩道入口。
撫倉山

遊歩道はこんな感じ。
撫倉山

次第に撫倉山が近づいてくる。
撫倉山

撫倉山

こんな感じの案内看板がある。
撫倉山

裏側に回らないと見えないのだが、撫倉山の方向も案内している。
撫倉山
なお、信楽寺跡の駐車場から、ここまで約25分かかったので、ゆっくり歩く人でも30分くらいか。

こんな感じで撫倉山を登る。
撫倉山

最初のロープ。
撫倉山
ごく短いロープっすけどね。

撫倉山
あとは、こんな感じの木々の中を進むのだが、途中、分かれ道があって、松倉山の方へ行っちゃう道があるのだが、そっちは降り道なんで、間違えて進むということもないかと思う。

二番目のロープ。
撫倉山
これはけっこう長くて大変である。

で、一瞬頂上に着いたかと思える展望台に至るが、そこはまだ頂上ではない。
ちなみに、七ツ森湖が見えるようになる。
撫倉山

岩場をどんどん登る。
撫倉山

頂上到達。
撫倉山
駐車場から50分である。

地球が丸い。
撫倉山

撫倉山

七ツ森湖
撫倉山

撫倉山
北側斜面を降りて帰ることもできるし、こっちの方が面白いのだが、岩だらけで勾配もキツイので、今回の主旨的に来た道をそのまま戻ることに。

ただし、けっこういい景色が見られるので、少しだけ北側を覗いて見た方がいいかも。
撫倉山

で、降りるわけだが、登りよりちょっと怖いかもしれない。
撫倉山

撫倉山

なんと、途中で登山靴の靴底が剥がれてしまった。
撫倉山
最近の登山靴は5年ほどで靴底が剥がれるそうである。標高300mの山だから靴底なんてどうでもいいようなものだが、もっと高い山だったら悲惨っすなぁ。
帰宅後、接着剤で貼り付けることはできないかと考えたが、靴と靴底の中間層がボロボロに崩壊している状態だったので断念。

撫倉山
で、信楽寺跡の駐車場に着いたのは、スタートからちょうど2時間後ぐらいだった。
やはり距離的にちょっと物足りない気がしないでもない。

| 登山・アウトドア | 10:29 PM | comments (2) | trackback (0) |
山が近くにあるなんて、素晴らしい場所にお住まいですね。
靴底が剥がれてしまうのはまれに山登りで見かけます。
ソールの張替えは10000円くらいで登山洋品店でして貰えますが
できないタイプもあります。
いずれにしても気をつけて登って下さいね。
きっと夏になったら抜けるような青空が広がってインスピレーションの
湧くような景色に出遭える事でしょうね。
私は俵屋工房様にて2度購入した事のある者です。
こちらのページはいつも読ませていただいています。
絵画の知識の宝庫で、楽しいです。
それでは。
| プリマヴェーラ | EMAIL | URL | 2010/01/13 01:18 AM | e2tM.UDc |

コメントありがとうございます。

俵屋工房でお買い物されましたか。
おかげさまで、DVDの方はプレス分を完売したようです。
残念なのが、オリジナルの練り棒がDVDに比べると注文がいまひとつです。
特に擦り棒型は、実際に使ってみると、かなり実用的で画期的な品なのですが。。。やはり手練りを行なう人口が少ないのかもしれません。

靴底の剥がれは↓のような理由らしいですね。
http://www.backcountry.co.jp/equipment/she005.html
張り替えは、たぶん難しいと思われるので、新規購入した方がよさそうです。
ブログに書いた七ツ森のような標高の低い山々ですと、数時間の登山ですし、荷物も少ないので、靴が重いとかえって不便でしたから、ミッドカットのトレッキングシューズあたりにしようかと思ってます。
| 管理人 | EMAIL | URL | 2010/01/14 01:16 PM | zBW/VjJ. |











http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/700

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: