『コインの考古学 - 古代を解き明かす(大英博物館双書)』読了
アンドリュー・バーネット(著)『コインの考古学 - 古代を解き明かす(大英博物館双書)』學藝書林 (1998/09)

大英博物館は計50回は通ったような気がするが、ギリシャ壺とメソポタミア遺物に夢中で、コインを後回しにしたまま帰国してしまった。まぁ、べつにそれほど心残りでもないけど。しかし、最近になって、オークションとかで古代の古銭など買ってみたいと思ったりしているうちに、ちょっと興味がわき上がってきて、まずは何か読んでみようと、本書を注文(軽く検索した限りでは、ほとんど本書以外に選択肢がなかったが)。

なお、大英博物館双書とあるが、シリーズで日本語にガンガン訳されていて、不覚にも最近まで知らなかったのだが、Amazonで検索したらいっぱい出てきたので、とりあえず追加で『線文字B』『初期アルファベット』も注文しておいた。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ::歴史 | 02:00 AM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/701

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: