蝋画をやってみる。
古代史ファンとしては、以前からエンコスティック技法に興味があったのだが、ボヤっとしているうちに月日が流れてしまった。
今では下記のように動画が見れたりして、非常に身近な技法になっていたりする。
http://jp.youtube.com/view_play_list?p=A5B0DB55743E1DE1

以前、蜜蝋で蝋燭を作ったときの残骸があったので、それで蝋画を試してみることに。
100均で買った金属製の器に、蜜蝋を入れ、電気保温プレートにて加熱。
エンコスティック

溶けたところで、顔料(レッドオーカー)を投入。
エンコスティック

赤い絵具ができた。
エンコスティック

ジェッソ引きしたパネル上に、適当に絵を描いてみる。
エンコスティック
この後、ドライヤーや、熱したコテなどを使って、描画していきたいところだが、特に何も準備していなかったので、それはまた今度ということで。

エンコスティックは揮発ではなくて、固化して乾燥するのだが、蒸発乾燥の絵具と比較して、別次元の素早さである。
特に季節上、室温が極めて低い状態で行なったうえ、支持体も冷えていたこともあって、ほとんど点描しか出来ないくらいの乾燥速度であった。
冬場は室温とかも考えないといけないのかも。

エンコスティック

| 絵画材料 | 11:59 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/712

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: