着々と軽登山用装備を調える。
最近、休日天気が良ければ軽く山を登っており、軽登山に必要な装備も整いつつある。登っているのはだいたい七ツ森であり、標高300メートル前後の山々なので、あまり重装備だとかえって足をひっぱるから、状況に合わせて必要最小限な感じで揃えている。

軽登山装備
まずは手持ちのコートが重いと思ったので、イトーヨーカドーで軽いジャンパーを購入。¥1900だったが、妙に立派である。ホームセンターで防水ズボン。厚手の帽子(いざとなったら、顔全体を覆えるやつ)。荷物はほとんど持たないので、リュックはダイソーで買った¥735のもの。

軽登山装備
リュックからぶら下がるのは、熊よけの鈴、方位磁針、ホイッスル、カウベル。実はほとんど100円ショップで買ったものである。100円ショップの鈴がいまいち響きが悪く、熊よけになりそうでなかったので、Amazonにてハイマウントのカウベル(S)を購入。これはなかなか立派である。ホイッスルは100円ショップものとは言え、日本製であり、必要充分な感じ。

リュックの中に入っているのは、手でちぎって使えるハサミ要らずの包帯、非常食のスニッカーズ、手動発電の懐中電灯。
軽登山装備
手動発電の懐中電灯は、実際に真っ暗な状態で階段などを歩いてみたが、それなりに使える。下山前に日が暮れてしまう、なんてことは七ツ森登山ではまず起こらないとは思うが(どこからでも1時間以内には車道に出られる)、でも、持っていると、なんとなく心に余裕ができるであろう。手動発電なので電池を気にせずいつまでも使えそうな点が心強い。しかし、ずっと発電しながら歩き続けたら、途中で機械的な疲労により壊れそうな気がしないでもない。片手が塞がるのも不便。
ということで、スタパビジョン↓の「そしな」で紹介されていた超小型LEDライト PETZL e-liteなるものがいいかなぁ、と検討中。
http://video.watch.impress.co.jp/static/stapa/2008/0715/004flash.htm
「そしな」では、非接触温度計というのも紹介されているが、これもちょっと興味がある。膠液作りとか、乾性油のボイルとか、コーパルワニス作りに役立ちそうな気も。

で、七ツ森であるが、登っていて気が付いたのだが、どの山も片側が岩だらけであり、反対側は土なのである。
風に当てられてる方が岩肌になるのだろうか。

先日登った鎌倉山は、こんな感じで岩だらけ。
軽登山装備

しかし、別ルートは土やら落ち葉やらで、柔らかい。
軽登山装備

撫倉山も、大倉山も同様である。

| 登山・アウトドア | 11:31 PM | comments (1) | trackback (0) |
こんばんは。お久しぶりです。山登りの話題には
ついつい絡んでみたくなります。
おひとりで登られるので、足をくじいたりすると
ひとりで何とかしなければなりませんから、
浮石とかに気をつけて下さいね。携帯電話を忘れずに。

雨具がかさ張るならば、安いカッパか
軽量のツェルトをお持ちになるのも良いかもしれません。
水も携行して下さいね。最も良い山用品をゲットするには
好日山荘などが良いと思います。

山の中にいると視力が良くなったりしますし、
アスファルト上でのトレーニングと違って膝を
痛めないらしいです。やはり人間は自然界によって
生かされているのですよね。
お節介ですみません。

もちろん絵画への情熱は第一で宜しくお願いいたします。
これもお節介でした。すみません。
| プリマヴェーラ | EMAIL | URL | 2010/02/15 02:06 AM | e2tM.UDc |











http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/717

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: