カドミウムレッド
赤を追求しようと、ほとんどカドミウムレッドだけで描いてみた。

カドミウムレッド

地塗りの除くと、8割近くカドミウムレッドかもしれない。何という毒々しさ。

しかし、画面の配色バランスがおかしいので、途中で放棄してしまった。

まぁ、カドミウムのグリザイユは諦めて、りんごを部分的に黄色くすれば、それなりに静物画っぽくなるかもしれない。
青りんごにしたら?と言われそうな気もするが、レンブラント派にとって青はあまり正解じゃないような気もする。いやべつにレンブラント派ではないが。

しかし、手前のモチーフはいずれ適当に辻褄を合わせるとして、布の部分は一応、現状でほぼ完成であり、実は布が本作の主役なのである。被覆の赤(カドミウムレッド)の上に透明なレーキ赤+αでのグレースであるが、被覆の赤の上に透明な赤のグレースというのは、被覆の赤の方を綺麗に見せるにはいいけど、上のグレースの存在は、主ではなくて従になるか。。。ヴァーミリオンの場合なら、黒変を避けるための層という別の役割もあるが。

次は明るい黄土色、あるいた少々赤っぽい黄土色の上に有機赤を厚めに載せる方法を試みてみたい。そのグレースの際に、体質顔料をどっぷり加えようかと。赤は天然色を用いて、後にやや退色した感じになれば、厳かな感じにならないだろうかと思案中。

| 絵画制作 | 02:00 AM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/836

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: