東プレのキーボードRealforce108UHを買ってみた
メインで使用していたキーボードが壊れたので、この機会にと、いつかは買おうと思っていた東プレのキーボードを購入してみた。
Amazonにて¥16,665也。

東プレ Realforce108UH 静電容量無接点方式統一荷重108USBキーボード(白) SA0100

私はよく人様から、パソコンとかにお金いっぱい使ってるんだろ、キモッ!って言われたりするのだが、実はパソコン自体はすごく安いものを使っている。自作マシンなんで正確な値段はいまいちわからんけど、世間様がご利用なされているパソコンの半額ぐらいかと思われる。最近のパソコンは処理速度的には標準的なものであれば通常業務には充分過ぎるほど充分なのであり、それよりも手が触れたり、目で見たりする部分、モニタとかキーボード、マウス等いわゆるユーザーインターフェースというものにこそ投資すべきではなかろうか。特に目が疲れるというのは非常にイカン。メインで使うモニタはやはり日立かNECのIPSパネル搭載品でなければ、なんて感じで。で、次にキーボードも大切っすなぁ。腱鞘炎になったりしたら大変ですから。

東プレのキーボードはキーを押すのに必要な力が30g、45g、55gの3つあって、指の位置に従って変えられているのだが(小指で押すキーは軽いとか)、本製品は全キーが45gで統一されているそうな。手持ちのキーボードをいろいろ調べてみたところ、60g近いものが多く、ネットで調べると70gぐらいのものもあるようなので、45gでも充分軽い部類である。でも、108UDKというALL30gの製品もあって、そっちも気になったのだが、ブラックの本体にブラックの刻印だったので、キーがちょっと見づらそうと思って敬遠。ほとんどのキーはブラインドタッチできるが、記号なんか打つときのキーまではさすがに手が覚えているわけではないし。

で、さっそく使っているのだけど、あまりにも素晴らしくて、次元が違う世界。
これほど買ってよかったと実感したアイテムも久々である。

よく動画なんか見ると、東プレのキーボード並べて楽しんでる人が多くて、なんじゃそれ、キモいぞって思ってたが、これは納得である。
私もALL30gとかテンキーレスとか、ブラックモデルとか買って使い分けたい。

| 家電・パソコン | 12:57 AM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/851

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: