一斗缶で炭作りしてみる。
枯れたナナカマドを、染色などする際の燃料としてとっておいたのだが、火の着きが悪くていまいち活用しきれていなかった。ナナカマドの由来は窯で七度火にくべても燃え残るとか、七度火にかけるとよい炭になるとか、なければならないという説もあるそうだ。実際には、着火しずらいというだけで、盛んに燃えている火に入れれば、ふつうに燃えてましたけどね。

ということで、これを炭にしてはどうかなと。
炭づくり
備長炭の高級品としてナナカマドが使われるという話がWikipediaに書かれておりました。

炭の作り方を調べたのだけれど、いろんな作り方があるものですなぁ。最も単純な話では、木を燃やすと、まず黒っぽいコゲ(炭)になり、さらに燃えてゆくと白い灰になるから、炭の段階で消せば、炭が得らるか。チェンニーニやウィトルウィウスの書にあるヴァインブラックの作り方は、葡萄の蔓を燃やして途中で水をかけて消すという方法である。あるいは、空気を遮断して、酸素と結びつかないようにして、熱を加えればしっかりとした炭ができる。チェンニーニの木炭の作り方では、密閉した素焼きの器に枝を入れて、パンを焼いた後の釜にいれておくというものだった。

googleで検索しまくったところでは、ドラム缶、あるいは一斗缶を活用されている例が多い。
ドラム缶は大がかりだけれど、一斗缶あたりでやってみようかと。
ちょうど、かりんとうが入っていた一斗缶もあったし。

一斗缶に材料を入れたところ。
炭づくり
ナナカマドの他にも、ツバキなど、余っていた木材を詰め込んだ。

一斗缶を使う場合にも、これまた様々な方法が見つかったのだけど、とりあえず単純に、缶に素材を入れて、フタをし、火にかけるという方法でいきましょう。

前回、木炭を作った際に、けっこう臭いがきつかったので、それを緩和させられないかと思い、サツマイモも入れておいた。
炭づくり
イモの臭いが漂うのは、むしろいい匂いなので、近所迷惑にならないかもしれない的な発想である。結果的に、なぜか悪臭も出なかったし、イモの匂いもしなかった。イモも炭にはなるのだが、水分が多いので、他の素材の邪魔になりそうだから、イモの炭を作りたいという欲求でもなければ入れない方がいいかも。

で、さっそく火にかける。
炭づくり
一斗缶の横にあるアルミの包みは、焼きいも目的のサツマイモ。

缶のフタから漏れる蒸気やら煙やらを観察しながら、炭ができているかどうか見極めつつ、推移を見守る。

夜になってしまった。
炭づくり

焼きいもを食してみる。
炭づくり

4時間近く加熱して、いい加減、そろそろいいだろうと思って、火を止める。

翌日になって、中を確認してみたが・・・、
炭づくり
表面が黒くなっているだけで、中は生のままであって、非常にガッカリ。

と思ったが、缶の底の方の素材は、綺麗に炭になっていた。
炭づくり
ポキっと折ってみても、芯まですっかり炭である。

一部のサツマイモは、焼成中に缶の底に落ちたのか、綺麗な炭になっていたものもあった。
炭づくり

■総括
炭を作るまでに、すごい燃料を消費するという点に驚きであった。溜め込んでいた廃材を全部使い果たしてしまった。
一斗缶という横に長い缶を使い、さらに炉の構造や缶の設置方法など、全体的に、熱を効率的に利用できなかった気がする。
あるいは下から熱するのではなくて、燃えた木材を一斗缶に入れて、フタをして蒸し焼き状態と作るという方がよかったかもしれない。
缶の隙間から、妙な液体が流れ出てきたのだが、木酢液とかタールとかいろいろ出てくるみたいな話を聞いたこともあるような。今はなんだかわからない。

| 絵画材料 | 12:08 AM | comments (1) | trackback (0) |
よろしく
| 斉藤康平 | EMAIL | URL | 2016/05/12 09:13 AM | mET9boXA |











http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/854

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: