菜種油
この前、煤を集めようかと思って購入した国産菜種油だけれども、サラダにかけて食べてみた。
菜種油
「ヘキサンを使用せずに圧搾機で一番搾りし、カセイソーダ、蓚酸の添加物を使用せず精製しました」と書いてあります。
菜種油
溶剤抽出法じゃなくて、圧搾法で採られた油脂ということみたいですなぁ。丁寧に精製されているようで、透明である。

搾油方法について不勉強だったので、図書館でいろいろ目を通してまわったが、小潟充郎(著) 『油脂原料と搾油の技術』 (1948年)という非常に古い本が目が覚めるほど分かりやすくダイレクトな感じで勉強になった。最近の本は栄養がどうとか、健康がどうとか余計なことばっかり書いてあってさっぱりである。

さて、近所のスーパーでも複数の亜麻仁油が売られていて、今、手元に2種類あるけれども、両方とも圧搾法であるようだが、片方は未精製で、もう一方は精製されているようである。
亜麻仁油
未精製品の方には、ラベルにはっきりと「無精製」と書かれている。
亜麻仁油
もう一方は何も書かれていないが、書かれていない場合は、たいてい精製を経ているようで。
↓実際に色も味も全然違う。
亜麻仁油
未精製品は苦いです。亜麻仁油は癖のある味なので、他の油に適量混ぜて食すなどの指示をよく聞くけれども、精製品の方はなんの癖もない。

| 絵画材料 | 12:50 AM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/885

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: