TV映画『ジーザス』
監督:ケビン・コナー
出演:クリスチャン・ベイル(イエス)、ペルニラ・アウグスト(マリア)
制作年:2004年
タイトルは「ジーザス」だが、主役はどちらかというと聖母マリアで、始まりから終わりまでマリアの視点で描かれている。時間内に収めるためか、キリストの活動のかなり部分が省略されてしまっている。たぶん、マリア様の絡んでいない部分を省略したのだろう。キリストがマリアの元を去って修行の旅に出ると、次の場面は旅から帰ってくるところであり、伝導の旅へ出るときも然りである。しかし、我々はキリストの生涯を描いた映画だと思って観ているので、なんか話の進みがおかしいと感じてしまうのだ。そんなわけで、どうしても中途半端な作印象を受けるし、教材としてもいまひとつ。



| 映画 | 08:31 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/93

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: