ヒナゲシ
今まで全く意識してなかったけど、ヒナゲシって道路脇とか空き地とかいろんなところに生えているんですな。種が落ちる前に切ってしまわないと、どかどかと増えてしまうそうで、近所にもどっさり生えている荒れ地があった。



Wikipediaによると、英語の場合、”poppy”は「ヒナゲシ」を指し、ケシの方は”opium poppy”というそうである。油絵用のポピーオイルは、Ralph Mayer の ART TERMS & TECHNIQUESによると、...extracted from seeds of the opium poppy.とあるので、やはり opium poppy、アヘンが採れる方の「ケシ」ということですかね。

ケシとヒナゲシの見分け方であるけども、葉や茎、つぼみなど全体的に毛が生えている方が「ヒナゲシ」で、無毛または少々の毛だけなのが「ケシ」とか。



とりあえず、これは全体的に毛がもしゃもしゃと生えているので、ヒナゲシというわけですか。



あとは、ケシは、葉の根本のところが、茎をくるっと囲んでいるそうで、これはそうなってないので、ヒナゲシ。
さらに、ヒナゲシは葉の切れ目が深いとか。確かに深いですね。


| 家庭園芸 | 12:57 AM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/942

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: