実験農園報告
東北地方なので、関東以南と比べると季節感が多少ズレており、育ちが遅いように見えるかも。

和紙の原料にもなるコウゾ。
コウゾ
ひどい場所に植えてるけど、2本植えた苗の1本のみが生存、意外と青々と育っている。

しかし1本ではどうにもならないので、増やすことはできないものかと、若い枝を取って、培養土に指してみた。
コウゾ

本当は冬に根っこを切って増殖させるそうであるが、夏にやるのはよくないので、枝の方でやってみた。
うまくいけばプラス3本で、4本になる。4本になったところで、大して違いはないけど。。。

プランターに種をバラッと蒔いた、コモンラベンダー。
コモンラベンダー
まだまだ小さいけど、数は多いっすね。

この前、苗で買ったスパイクラベンダー
スパイクラベンダー

タデアイはぐんぐん大きくなっている。
タデアイ
この調子で育っていけば、6月末頃には1回目の刈り取りができるかもしれない。

ベニバナも伸びておりますな。
ベニバナ
花びらは染色の材料、種はサフラワーオイルが採れるような。

亜麻は、梅雨の長雨に当てるいけないと書かれていたので、ヒバの木の下に。
亜麻
ここはよく日が当たるが、ヒバが傘になって雨は少ししか被らない。

ヒナゲシは花が終わった後に、種の袋ができている。
ヒナゲシ
これが割れると種が出てくるのだけど、ちなみに、これはケシじゃなくて、ヒナゲシなので、ポピーオイルの原料ではないですなぁ。
ケシは見学できるところはあるようですが、まだ見たことありません。

| 家庭園芸 | 09:08 AM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/948

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: