Athlon64で自作PC
現在使用中のPCが2000年12月頃に購入したものなので、実に5年ぶりの新規PC導入である。まあ、5年前のPCでもWeb制作やら印刷物のデザインなど平面関係の仕事には何の支障もないのだが、3DCGのレンダリングなんかはちょっと時間がかかるのと、ビデオ映像の編集もやりたいと思ったので、そろそろ買い換え時ではないかと思ったわけである。しかし5年ぶりともなるとPCの世界は完全に変貌していて過去の知識もほとんど役に立たなくなっていた。マザーを選ぼうしたらAGPスロット無いことに驚き、メモリも種類が在りすぎてわけ分からない。でもこの辺の最新事情に追いつくのも自作して得る知識だと言えなくもないので、とりあえず1週間かけていろいろと調べ廻ったのである。なんだかんだで、Athlon64とMicro-ATXマザーで組むことにしたわけだが、でも最初からAthlon64っていうのは心の中で決定していたような気もするけど。巷では既にデュアルコアのAthlon64X2が人気のようであるが、CPUにあまり高い金額をつぎ込む気になれず、手堅いところでAthlon64 3200+が2万円前後だったのでそれに決める。いや別に金がないわけではなくて、CPUよりはむしろカメラやプリンタ、モニタに予算をつぎ込んだ方がいい仕事ができそうだと思うんで。

最初に注文したパーツは前から欲しいと思っていた恵安のKN-2001M。本当はホワイトモデル(KN-1001M)が欲しかったが、どのネットショップでも品切れ状態で手に入らなかった。唯一在庫有りになっていた店に注文してみたが、やはり品切れでしたすみませんですのメールが届き、代わりにブラックモデルを値引きして売ってくるというので、そっちをお願いした。でも、さすがにマイナーショップだけあって届くまで2週間かかった。っていうか、全然連絡よこさないので催促のメールを出してようやく発送されたのだが、この店、おそらく自分のところの注文状況把握きれてないな。まあ、Web制作でお店とか何件となく作ってると、世の中だいたいそんなもんだとは思うようになるので、別にどうってこともないが、それより何日も後にTWO-TOPで注文した残りのパーツ類一式の方が先に届いてしまって、その動作確認ができなくて困った。TWO-TOPって倒産したと思ってたら復活してたのか。いやしかし注文した翌日に届いて、ちゃんと検品の印も押してあって、うちのクライアントにも参考にしてもらいたいものだと思った。話が逸れたが、恵安のケースは分厚い透明アクリル板を前面に貼り付けたデザインが売りで、特にホワイトモデルの美しさ格別である。ATX用のKN-1001/2001とMicro-ATX用のKN-1001M/2001Mがある。このシリーズの欠点はアクリル板のせいで前面からの空気の通りが悪くケース内部の温度があがりやすい点である。しかし今回はCPU部分にダクト付ファンを搭載して廃熱対策を行ない、また、旧モデル(KN-1000M/2000M)では前面のUSBポートがUSB2.0に対応していなかったが、それも改善された。とか、何をレビュー記事みたいなことを書いてんだか。個人的には最大の難点はMicro-ATX仕様なのに通常のミニタワーとほとんど大きさが替わらないという点かも。特に奥行きが43cmというのが痛い。床面積の占有度はATXの時と変わらず、単に高さが4cmほど低くなっただけだった。それでも見た目の圧迫感は大分減ったので、4cmと言えど馬鹿に出来ないけど。ホワイトモデルに比べるとブラックモデルはいまいち高級感に欠けると思うが、それでも一般のケースと比べるとやはりカッコいい。

マザーボードはASRockの939A8X-Mを選んだ。ASRockって聞いたことのないメーカーだが、シンプルな構成で安定稼働を目指し、しかも価格を安く抑えた製品を作っているという話である。でも最近は変わり種のマザーも出してるみたいだが。メーカーの評判はともかく、ソケット939でAGPスロットありのMicro-ATX仕様という条件で探すとほとんど他に選択肢がないので、自然とこのマザーになったわけであるが。写真じゃわからないけど、Micro-ATXってマジで小さい。小さいけどPCI3本、メモリスロット4本、これだけあれば拡張性は充分である。っていうかこれ以上使わん。オマケに7.1チャンネルのサウンドまで付いて9千円切ってるとはお買い得である。Socket 939なので、デュアルコアのAthlon64X2が安くなってき頃に差替えも可能だ。5年前はサウンドにNICにSCSIにUSB2.0にビデオキャプチャにと、増設スロットがいくつあっても足りなかったが、現在のマザーはオンボードでLANも付いてるし、もはやSCSIカードも必要ないし、メインで使うマシンと言えどMicro-ATXで充分だろう。

そんなわけで以下のような部品と費用に。。
CPU ・・・・ AMD Athlon64 3200+ 939pin BOX ¥19980
Mother ・・ ASRock 939A8X-M Uli1689chipset ¥8480
Memory ・・ PC3200-512MB 400MHz (JEDEC) ¥4480×2
HDD ・・・・ Hitachi HDT722525DLA380 250GB ¥12380
ケース … KN-2001M Micro-ATX 電源付き   ¥8380
※その他のパーツは旧PCから引き継ぎ(玄人志向GFX5200-A128C等)


続き▽
| 家電・パソコン | 10:25 PM | comments (0) | trackback (0) |
TV映画『ズールー大戦争』を観る。
2001年制作のアメリカのTV映画。原題は"Shaka Zulu"。舞台は19世紀の南アフリカ。ズールー族を強力な王国にまでしたシャカ・ズールーという英雄が居た。植民地政策による絶頂期の英国を相手に善戦したズールー族の戦いは何度か映画化されているが、この作品はTV映画ということもあって、大規模な戦闘シーンはなく、英国人の使節とシャカ・ズールーの交流、および父を捜してやってきた英国女性と船長の取って付けたような恋愛ドラマなど、全体的にまとまりがなく、安っぽい。とくにヒロインの女性はこの手のドラマに出てくる典型的なキャラクタで、しかも時間の都合か、途中経過無しにいきなり運命的な恋いに落ちたりして笑カス。しかし、このDVDを両親に見せたらけっこう喜んでたんで、TVムービーということも考えれば、こういうのが手堅い造りなのかもしれない。それにしても邦題付けたコピーライターは絶対この映画観てないな。


| 映画 | 10:58 PM | comments (0) | trackback (0) |
ベランダに保護ニスを塗る。
ベランダの床(木製)に保護ニスを塗りまくる。木製のベンチとテーブルにも塗りまくる。透明のニスを塗ったこともあったが、やっぱ顔料の入っているやつじゃないといかんかと心配になり、ウッドガードという製品のカントリーグリーンを塗る。久々に労働らしいことをして疲れた。実はベランダは半分しか塗ってないんだが、一端中断したらモチベーションが回復せずにそのままになってしまった。


| 日曜大工 | 09:07 PM | comments (0) | trackback (0) |
もの凄い勢いで本棚を作る。
数えてみたわけではないけど一日平均5冊ぐらいずつ本が届いていると思う。注文するのは日に1、2件だが全巻セットで買うケースもあるし、もしかしたら5冊以上届いているかもしれない。ほとんどは梱包されたままか、確認のために開けてそれきりで、読子さんの実家みたいに床とか階段に無造作に重ねて置いているわけだが、それもどうかと思うのでホームセンターで書棚を探してみた。しかし、ホームセンターレベルでは見た目がいかにも合板風でいまいちであり、かと言ってあまり高いものを買えるわけでもないので、板を買ってきて自分で組み立てることにした。で、電ノコで切りまくって、木工用ボンドで接着し、念のため5本ほどの釘で補強し、ニスを塗ってみたのが写真である。しかし、これでもまだ足りない。マンガ用の書棚も作らなくては。


| 日曜大工 | 06:03 PM | comments (0) | trackback (0) |
映画『女王エリザベス 特別版』を観る。
原題:THE PRIVATE LIVES OF ELIZABETH AND ESSEX
監督:マイケル・カーティス
制作年:1939年

映画のベースはマクスウェル・アンダーソンの戯曲で、エリザベス1世の愛人エセックス伯が女王に対して反逆を起こし、処刑された史実を下地にしている。この事件は1601年というから、女王の死の2年前であり、女王は老婆でエセックス伯はそれより30歳以上若い。エリザベスとエセックス伯のロマンスは、他にも様々な作品の題材になっており、ドニゼッティ(1797-1848)のオペラ『ロベルト・デヴリュー』(1837年)、最近ではティモシー・フィンドリーの劇『エリザベス・レックス』というのがあるらしい。ここまで調べた。


| 映画 | 10:08 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: