青池保子『修道士ファルコ』を読む。
1年ぐらい前から青池保子作品を手当たり次第に買い集めていたのだが、まだ1冊も読んでいなかったのだ。中世ドイツの修道院が舞台ということで、やや深刻な内容を想像していたが、コメディタッチの非常に楽しい作品で、一気に読み終えた。



| 書籍・雑誌・漫画・アニメ::美術 | 02:02 PM | comments (0) | trackback (0) |
CyberLink の PowerBackup を使ってみた。
バックアップ支援ソフトCyberLinkのPowerBackというのを使ってみた。

なんというか、神経質なくらいマメにバックアップを取りたがる質なのだが、神経質とかそういう問題ではなくて、実際、データが消えると実際非常に困る。仕事のファイルも困るし、写真が消えるのも困るし(撮影するのってけっこう大変だし)、とにかくそんなわけで、年数回はバックアップ作業をやっているんだけど、今までは特にバックアップソフトとか使ってなくて、DVDライティングソフトでDVD-Rメディアにファイルを書き込むという方法でやっていたのだが、今回HDD増設まえに、ちょっくらバックアップしておくかと思って初めてみたら、DVD4枚分になっていた。書き込むだけで半日かかってしまうし、ついでに不要なファイルの整理とかやっていたら、丸1日かかってしまう。というか、実際はフォルダ構造も整理したので、3日かかってしまったが。

というわけで、もうDVDメディアへのバックアップは限界なのだが、めでたくセカンドドライブを装着したので、今後はこちらにバックアップしておけば良いのだ。メインのHDDがクラッシュしても、セカンドにはいっているという寸法だ。RAID1にすれば?と言われそうだが、セカンドドライブは、今後VIDEO編集用に大々的に活用する予定なので、とりあえず、50GBだけパーティションを切って、バックアップ用ドライブにすることに。で、バックアップのたびに全ファイルをコピーするのは面倒なので、差分ファイルだけ書き換えられるように、バックアップソフトを使ってみようと思ったのである。さあ、なにを使おうか、と検討しようかと思ったが、たまたまPIONEERのDVDドライブ(A11)を買ったときについていたCyberLink DVD Solutionの中に入っていたPowerbackが入っていたので、それを使ってみたら、意外と使い勝手がよかったので、まあ、これで充分か、ということに。いや、このドライブ買ったときは、B's Recorderとか付いてなくて不満だったが、今では一部のソフトはけっこう気に入って使っている。


| 家電・パソコン | 11:32 PM | comments (0) | trackback (0) |
HDD(250GB)とIEEE1394インターフェース購入。
250GBの内蔵HDD、Hitachi/IBM HDT722525DLA380を購入。とりたてて意識したわけではないが、普通に選んで買ったら、ちょうど一年前に買ったHDDとすっかり同じ型番のやつだった。HDDの製品サイクルはとても早いが、1年で早々に陳腐化するというほどでもないか。値段は2/3になってたけど。BIOSで見たときにどっちも表示名なので不便かもしれない。なぜHDDの増設が必要だったかというと、miniDVテープからの映像の取り込みで、どうしてもフレームドロップが無くならないので、これはシステムの入っているHDDに記録しようとしているのが原因ではと思ったからである。他の理由としてはビデオカメラとの接続にUSBを利用しているからという原因も考えられたが、USB2.0とIEEE1394とでビデオの取り込みに影響がでるほどの転送速度の差はないだろう。まあ、USB2.0のドライバを入れ間違ったとかなら話は別だが、念のため入れ直しても状況は変わらなかった。

で、いざHDDを取り付けようと思ったが、やはりMicroATXっていうのは狭いもんで、メモリとCPUファンとPCIカード各種を外さないと3.5インチベイにHDDを差し込めなかった。ついでなので、CPU用のヒートシンクに付いたホコリを刷毛で取り払う。1年間のあいだ、ひたすらCPUファンによって厚めあられたホコリの量は凄まじいというか、気持ち悪いくらい溜まっていた。そんなわけで、フォーマット等の作業を含めると3時間以上かけて増設が完了し、記録用ドライブを新ドライブの方に設定して、高まる期待の中、miniDVテープから取込みを始めたが。。。。

何も変わってねぇーよ。原因はHDDとは全く関係なかったようだ。しかし、私は用意周到にIEEE1394インターフェイスカードも一緒に注文していたのだ。I・Oデータの1394-PCI3/DV8。約3千円。2千のもあったが、3千円のはUlead VideoStudio 8.0 SEが付いてくるというので、こっちにした。VideoStudio Proの体験版を入れた使いやすかったんで。早速、PCIスロットに差し込んで起動。ドライバとか入れる必要もなくあっという間に使用可能になった上に、取り込みでのフレームドロップも一切無くなった。というか、めちゃスムーズで気持ちいい。結局、IEEEのカード一枚で済む話だったわけか。まあ、映像取り込み始めたらHDDはいくらあっても足りないだろうから、べつにこれはこれでいいんだけど。あと、付属品のUlead VideoStudio 8.0 SEはやはりProとはちょっと違う、というか、不正な処理のエラー出まくりで先に進めなかった。


| 家電・パソコン | 11:49 PM | comments (0) | trackback (0) |
スーパーマルチDVDドライブ DVR-111 BKを購入。
DVR-A11Jの調子が悪くなった。DVDの使用には問題ないのだが、CD-ROMだけ何故か認識しない(というわけで最近ゲームができなかった)。早速修理に出そうかと思ったが、修理に出してるあいだDVDを観れないというのは非常に大きな問題である。私の今の生活からDVDドライブを取ったらいったい何が残るというのだ。というわけで、バルク品のドライブをもう一台購入してしまった。DVR-111BK ¥5,480。スーパーマルチドライブが5千円強で買えるとは。普通のマルチドライブに至っては5千円切ってるし。フロントベゼルがちょっとかっこ悪いが、これでしのいでいるあいだにDVR-A11Jを修理に出しとくか。まあ、機能的には何ら遜色ないというか、そもそもDVR-A11-JはDVR-111系ドライブで、違いはフロントベゼルと静音化ぐらいだというし。


| 家電・パソコン | 03:09 PM | comments (0) | trackback (0) |
USB HDDケース「イッコイチBOX どっち~も」購入。
SATAとIDEの両方のHDDに対応した、CENTURYのUSB HDDケース「イッコイチBOX どっち~も」を購入。TWO-TOPで¥4780。
イッコイチBOX どっち~も
とりたてて今すぐ必要というわけでもないのだが、PCが故障したときにHDDからデータを取り出しやすいようにという緊急時の対策のために使おうと思ったのである。自分のだけじゃなくて、クライアントのデータ救出も考慮して。今までは、他のPCにHDDを接続してデータを吸い出していたが、SATAに対応しているPCはメインマシンとして使ってるやつしかないし、このPCが壊れると困る。今は自宅にタワー型のデスクトップが3台あるが、これらを順次、省スペース機やノートPCに置き換えていきたいし、そうなるとUSBで接続できるのはありがたい。
で、さっそく、中を開けてどんなふうになっているのか確認。
イッコイチBOX どっち~も
なるほどこうなっているのか。
とりあえず、今は必要ないので動作確認もせずにそのまま保管しておくことに。
ちなみに後かいろいろ考えてみると、データ救出の用途としては、ケースなんか要らないから、DC-ACHD1みたいなむき出しのやつの方がよかったかも。これなら出先にも気軽に持って行けるし、車に積んでおいて便利かもしれぬし。しかし、なんか「どっち~も」のケースを見てたら、中の構造も非常にシンプルで、普段から外付けHDDとして使ってもいいかな~と思い始めているのだ。と言っても、BUFFALOとかの外付けHDDだって、中を開ければこんなもんだろうけど。とりあえず、開けやすいというだけでもずっと魅力的だ。商品名だけはちょっと嫌だけど。


| 家電・パソコン | 02:24 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: