2007年に読んだ本マイBEST10
世の中随分面白い本があって、読んでも読んでも読み切れんと思いつつ、改めて振り返ると別にどうでもいいような気がして、しょんぼりしたりするが、しかしまぁ世の中なんでもそんなものであるので気にすることもなかろうということにして、以下のように順位付けしてみた。
■1■ 箕輪成男(著)『中世ヨーロッパの書物 修道院出版の九〇〇年 』
■2■ 塩野七生(著)『ローマ人の物語15 ローマ世界の終焉』
■3■ Still Lifes: Techniques and Style : An Examination of Paintings from the Rijksmuseum
■4■ 谷川流(著)『涼宮ハルヒの憂鬱』
■5■ 里中満智子(著) 名作オペラシリーズ全7冊
■6■ 加藤隆(著)『「新約聖書」の誕生』
■7■ 箕輪成男(著)『パピルスが伝えた文明』
■8■ 長谷川輝夫(著)『聖なる王権ブルボン家』
■9■ 渡辺和(著)『クァルテットの名曲・名演奏』
■10■ 該当なし
『中世ヨーロッパの書物 修道院出版の九〇〇年 』は写本出版のイメージを根底から覆してくれた文句なく今年最も刺激的な書物。『「新約聖書」の誕生』も同じような意味で知識の+になった。『Still Lifes: Techniques and Style』は、この手の本はどれも同じようなものな気がしてきていたこの頃だが、これは個人的には情報爆発的情報量で大いに参考に。ローマ人の物語の最終巻は、この時代について書かれたものの中では、ここまで感情移入できる本はなかろうってところだろうか。

今年はクラシック音楽のDVDを山ほど購入したので、その中でも特に印象深い10品を以下に選別してみる。
■1■ ブラームス交響曲第2番 ニコラス・カーシー(指揮)スイス・イタリア語放送管弦楽団
10枚¥2000の格安DVDセットGREAT CONCERTOSの1枚。テレビ曲のスタジオ(?)の安っぽいホールに、とりたてて有名でもないオケの演奏だが、それなのになんとなく雰囲気が良い。なんというか、超一流オケの演奏を最前列で和服着て聴いてる人より、適当なオケを適当な服装で聴きに来てる人の方が音楽を聴いてるって感じがするというか。。。一流オケの演奏を期待を抱きつつ聴くより、どうでもいい感じのオケをあまり期待せずに気軽に聴く方が好きである。単に、気持ちの問題なのだが。。。同セットのベートーヴェン交響曲第3番も同じ意味でけっこう好きである。
■2■ ベートーヴェン弦楽四重奏曲全集I&II&III アルバン・ベルクQ
1~3集合わせてDVD6枚組。特に激しく感動するとかそういうものでもないが、とにかく何度も繰り返し聴いてしまっているので、やはり2番手ぐらいにはしておきたい。何度も聴いているというよりか、絵を描くときの標準BGMとなりつつある。日本語解説書付き国内正規版にもかかわらず、かなり良心的な価格設定である点もあって、総合的な評価は第1位に値するかもしれない。というか、ベートーヴェン素晴らし過ぎる。
■3■ ビゼー『カルメン』クライバー&ウィーン国立歌劇場
オペラDVD傑作中の傑作だな、と。万人に推奨できそうな感じもするし。
■4■ ワーグナー『ワルキューレAct.1』クナッパーツブッシュ&ウィーンフィル
CDで繰り返して聴いてきた録音にまさか映像が残っていたとは。ワーグナーのDVDも観まくったがこれに勝るもの無し。
■5■ ベートーヴェン 交響曲第3番ブリュッヘン指揮18世紀オーケストラ
この楽器のニスはなんだ?と気になりつつ、そんなことはともかく、非常に軽快で気持ちがいい。
■6■ ベートーヴェン 交響曲第9番プラハ室内管弦楽団(VHS)
超小編成現代楽器の第九。これDVDじゃなくてVHSか。
■7■ ワーグナー『ラインの黄金』レヴァイン&メトロポリタン
いかにも神話っぽい舞台で、いかにもワーグナーらしい。
■8■ マーラー交響曲第3番ハイティンク&ベルリンフィル
マーラーもいくつか購入したが、今のところ、これが一番気に入っている。小林研一郎&チェコフィルも捨てがたいが。
■9■ ロミオとジュリエットマクミラン版スカラ座
ロミジュリはDVDになっているものを一通り目を通してみたが、私の感性上ではこれが唯一安心して観られた。
■10■ ワーグナー『ローエングリン』ネルソン、バイロイト
コメントなし。




| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 04:44 PM | comments (0) | trackback (0) |
DVD 映画『ベオウルフ』(2005年、カナダ他)を観る。
現在公開中の映画『ベオウルフ 呪われし勇者』ではなくて、2005年制作の方。古英語で書かれた英文学最古の傑作と言われるベオウルフの第一部、巨人グレンデルの物語であるが、中世初期のキーワードがたくさん出てきて、観ていて楽しい。「クローヴィス」とか、名前だけだがそうゆう言葉が出てくるだけで、なんかいいものだと思ってしまうが、普通のストーリィ映画としたら取り立てて面白いものでもないのだろう。自分にはツボだったというくらいか。ベオウルフといえば、大英図書館の展示室で、現存する唯一の中世写本というの見たことが。と言っても、記憶に残るほど印象深いものではなかったので、よく憶えていない。そのとき購入したThe British Library Souvenir Guideを改めて見なおしてみたところ、ボールペンで「現物見たぞ」というマークが付いていたので、たぶん見たんだろう。


| 映画 | 11:17 PM | comments (0) | trackback (0) |
メディウム作り
油と樹脂、蜜蝋、松脂などを温めながら自製メディウムを作る。今回は比較的、高級な材料を使ってみた。4つ作っているうちに一日が終わる。黒っぽい3本は、リンシードオイルをメインに、もう一本は明るい色のためにウォルナットオイルベースで作ってみた。スタンドオイルなどを使って作った明るいメディウムも以前作ってはいたが、あまりにも乾燥が遅いので冬は使えない。いや、夏でもちょっと嫌かも。

自製メディウム

というわけで、だいぶ前に買ってそのままになっていたマイメリのウォルナットオイルを使ってみることに。2割ほどサンシックンドリンシードを加え、若干の樹脂を入れ、黒くならない程度に、低めの温度で少し長めにグツグツ煮て完成。最後に若干焼き色がつけてしまったが、これくらいがちょうどいいだろう。多少乾燥が速くなっているといいなぁ。得体の知れないものを使うのもなんだが、ま、明色用と言っても、ほんとに部分的な使用しかしないだろう。



| 絵画材料 | 05:48 PM | comments (0) | trackback (0) |
ヒリヤード『細密画技法論』
新幹線で移動中にヒリヤード(著)『細密画技法論』を拾い読み。ヒリアードと言えば英国最初の巨匠として有名だが、しかし、知っている人は意外と少ない。週刊グレート・アーティスト(同朋舎出版)の58号がヒリアードであったが、今考えてみると、全100号のこのシリーズにヒリアードが含まれていたというのは、スタッフの良心と言えるかもしれない。100人から漏れたユトリロなんかを出してた方がよっぽど売れそうだし。で、58号のヒリアードが出たのは1991年の3月で、大学に進学する直前の時期であるが、この号がなかったら、ヒリアードなんて全く知らずに過ごしていたかもしれない。そのおよそ10年後、ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館を訪れたときは真っ先にヒリアードを探しまわったが、一回目に行ったときは結局たどり着けなかった。作品が非常に小さく、水彩画であるために暗い部屋に飾ってあるので(観るときに一時的にライトをつける)、同博物館に行っても観ないで帰ってくる人が多い。というか、非常に奥の方の、ただでさえほとんど人の来ないような場所にある。邪魔されずに見れるので大変良いのだが。そういえば、ウィリアム・ブレイクについて知ったのも、週刊グレート・アーティストだった。でも、ブレイクの方は、日本語の出版物もけっこうあるので、ヒリアード号ほど貴重ではないけど。



| 書籍・雑誌・漫画・アニメ::美術 | 04:18 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: