石膏と白亜にレモン汁をかけてみる実験。
手持ちの顔料が石膏(硫酸カルシウム)なのか白亜(炭酸カルシウム)なのか不明になったとき、どちらか判別する方法として、希塩酸をかけるという手があるけれど(炭酸カルシウムだと二酸化炭素の気泡が発生して、泡ブクが見られる)、希塩酸を所持している人は少ないであろうから、レモン汁で代用できないか、という目的で、ちょっとばかり実験してみる。

100円ショップで買ってきた磁器?の皿に各顔料をのせ、スーパーで購入したポッカのレモン汁(約150円)をかけてみる。
結果は画像の通り。


●H社の下地用ムードン(画像右上)、激しく大きな泡が立つ。
●同仕上げ用ムードン(画像右下)は、普通に泡立つ
●沈降性炭酸カルシウム(下段中央)、細かい泡が立つ。
●左上はボローニャ石膏(二水石膏)、泡立つ様子はない。

沈降性炭酸カルシウムは、細かい泡が出るけど、すぐに消えるので、しっかり観察しないと見落とす可能性もある。それと、実はボローニャ石膏も良く見ると泡?と思われるものがあるような気もするが、天然品であるゆえの不純物か、あるいは右の炭酸カルシウムが混ざってしまったか。いずれにせよ、天然の白亜と、石膏を比較する分には、かなりはっきりと判別できる。



| 絵画材料 | 07:27 PM | comments (0) | trackback (0) |
DVD バレンボイム指揮/バイロイト/クプファー演出『ワルキューレ』入手。
ヤフオクで入手。
入手しておいてなんだが、実はあまり観る気が起らないというか、ほんと、どうでもいいなぁとか思ってしまうのがなんとも。
すげぇー観たいゾ、と思って買うものもあれば、それほど観たくはないのだが、何故か買ってしまうものもある。
なぜか、観ておかねばならないような気がして、思わず落札してしまったが。。

それにしても、近年のオペラの演出についてゆけないのは、やっぱり自分が時代遅れだからなのだろうか。
なんか歌手がすごい激しく動き回るのだが、そういうのが気になって。
むしろ、クナッパーツブッシュの映像で残っていた演奏会形式の方が、聴きやすいというか。


| 音楽 | 07:26 PM | comments (0) | trackback (0) |
DVDリヒター指揮/バッハ『マタイ受難曲』を観る。
バッハ:マタイ受難曲 カール・リヒター/ミュンヘン・バッハ管弦楽団

リヒターのDVDは既にブランデンブルク協奏曲とロ短調ミサを観ているが、個人的にはやはりマタイ受難曲が一番である。映像の方は今の基準からすると、バロックっぽさの欠片もないが、しかし、楽器やソリストが写って、歌詞の字幕が付くだけで随分違うものである。下手なオペラより、よほど見応えがある。


| 音楽 | 09:52 PM | comments (0) | trackback (0) |
樹脂を炊いてみる。
天然樹脂の入手先として、ヴァイオリン製作用の材料販売店などが話題になることがあるが、アロマ関連ショップも天然樹脂が意外に豊富であることに気が付き、いくつか注文したりしてみているのだが、そうなると、アロマとして実際に使用してみたくなるというものだろう。なんと言っても、絵画用に使っている樹脂のかなり部分がアロマとして使用されていることだし(樹脂に限らず、精油なんかもだが)。

そんなわけで、薫香用のチャコールを購入。

さっそく火をつけてみたが、う~ん、これは、なんとも。。。
煙がすごい。

制作中の絵や、まだニスを引いてない絵に非常に悪そうな感じに煙が出て、ベランダへ退散。
なんか、あまり意味がなくなってしまったが、とりあえず、樹脂をのせてみる。

煙はともかく、天然樹脂は香りの良いものが多い。

しかし、よく考えてみると、自作メディウムを作るときにいつも嗅いでる匂いでは?
亜麻仁油の臭い中に、ほのかに良い香りが混じっているなぁ、とは思っていたけれど。



| 日曜大工 | 11:01 AM | comments (0) | trackback (0) |
『ロダン - 神の手を持つ男』「知の再発見」双書
エレーヌ・ピネ(著)『ロダン - 神の手を持つ男』「知の再発見」双書

「知の再発見」双書シリーズは豊富なカラー図版満載なのだが、その点が逆に読書心を刺激しずらい面もあり、手にしても熱心に読もうとはしなかったりするのだが、しかし実際に読み始めれば、本文はなかなかしっかりしていて、読み応えがあるのだということは前々から薄々感じてはいたのだが、今になって重い腰を上げ、手当たり次第に図書館から借りてきているという次第である。



| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 10:07 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: