山畑装飾横穴古墳群(宮城県大崎市三本木)
宮城県大崎市三本木蟻ヶ袋字山畑72
例によってじゃらんに地図が載っている。
http://www.jalan.net/ou/oup2000/ouw2003.do?spotId=04462af2170019867&odkType=1

山畑装飾横穴古墳群
国道4号線を東京方面へ進むと、非常に大きな看板が見える。と言っても、看板の位置的に登り車線からあまりよく見えないので素通りするケースが多いような気がするが。。。

こちらが古墳。
山畑装飾横穴古墳群
けっこう迫力のある眺めであるが、墳丘というのではなくて、上の方に横穴古墳がいくつかある、って感じのらしい。この地形、現在は、古墳が発見された部分だけ残っており、全体がぐるりと険しい崖のようになっているが、古い地図を参照すると一帯が山があったようで、土取りに使われてこのような形になった模様である。

資料館みたいなものまであった。
山畑装飾横穴古墳群

山畑装飾横穴古墳群

資料館のパネルで、三本木一帯の古墳情報を得た。
山畑装飾横穴古墳群
と言っても、横穴古墳の大部分は、開発によって既に消失しているようであるが。円墳は残っているかもしれないので、現存するかどうかはわからんけれど、そのうちちらっと覗いてみよう。

その後、大衡村の横前遺跡、と言っても、表面上は何も残っていないだろうが、看板くらい立ってないものかと探してみたがよくわからなかった。


| 史跡・古墳・名所等 | 11:20 AM | comments (0) | trackback (0) |
青塚古墳(宮城県大崎市古川)
古川に行く用事があったので、ついでに青塚古墳とやらに寄ってみる。

ちなみにWebで検索しても宮城県大崎市古川塚目というぐらいの情報しか載っていないので、それだけでたどり着くのは至難の業だが、じゃらん地図にばっちり位置が載っていたので、そちらを参考にさせていただいた。
http://www.jalan.net/ou/oup2000/ouw2003.do?spotId=04204af2170018970&odkType=1

最寄り駅は塚目駅(陸羽東線)。まぁ、車で行ったので、あまり関係ないけど、Wikipediaに写真が載っていたが…小屋ですな。。。
そういえば、陸羽東線ってまだ乗ったことがないので、そのうち利用してみたい。

青塚古墳であるが、現在、墳丘には神社が建っている(熊野神社)。
青塚古墳(宮城県大崎市古川)

墳丘を利用した神社は各地にけっこうあるけど、神社があったから採土されたりせずに古墳も残ったって感じなんだろうか。
青塚古墳(宮城県大崎市古川)

青塚古墳(宮城県大崎市古川)

青塚古墳(宮城県大崎市古川)

| 史跡・古墳・名所等 | 08:07 PM | comments (0) | trackback (0) |
DVD モーツァルト『コジ・ファン・トゥッテ』ムーティ1984
モーツァルト 歌劇《コジ・ファン・トゥッテ》ザルツブルク音楽祭
1983年 ムーティ指揮、ウィーンフィル他

2枚組とは言え、ずいぶん高額な定価設定だったのでスルーしていたが、特別価格限定版とやらが出て、HMVでお安くなっていたところを購入(品切れになったのか、改めて検索したらページが無くなっていた)。

演奏は良いし、演出も無難だし、音質もいいし、今まで買ったモーツァルトのDVDの中では一番良かったかもしれない。

昔、と言っても10年ちょっと前ぐらいだけど、CDとか2枚組になると途端に価格が上がるのとかあって、理不尽だなと思うことが多々あった。ブルックナーの8番とか、CD1枚に収まるかどうかという微妙な曲の長さなので、1枚だったり2枚だったりするのだが、1枚なら2~3千円なのに、2枚組だと5千円近くしたりして。実質的にはせいぜい5分ぐらいしか違わないのだが。

| 音楽 | 10:58 PM | comments (0) | trackback (0) |
ダニエル・ローズ(著)『陶芸の粘土と釉薬』読了
ダニエル・ローズ(著)『陶芸の粘土と釉薬』,日貿出版社 (1999/12)

大型で398ページもあり、文章量がすごかったが、ようやく読み終える。色材全般、あるいは顔料について学ぶ上でも非常に役に立つような気がする。というか、まるで地球の教科書を読んでいるかの如くであった。


| 書籍・雑誌・漫画・アニメ::美術 | 11:52 PM | comments (0) | trackback (0) |
蒲切沢遺跡(大衡村大瓜)
大衡村役場のロビーに、石器や土器など縄文時代の遺跡が展示されているのだけれど・・・
蒲切沢遺跡(大衡村大瓜)
・・・プレートを読むとわりと近いところにありそうな感じあり、というより普段通ってる道の側だったりしたので行ってみた。

蒲切沢遺跡(大衡村大瓜)
遺跡と行っても、埋め戻されているようで何もない。小さな看板が立っていたので、ようやく気が付いた。
いや、この場所というか、この辺一帯なんでしょうな。

蒲切沢遺跡(大衡村大瓜)
ここに縄文人が居たんですかね。

蒲切沢遺跡(大衡村大瓜)

| 史跡・古墳・名所等 | 01:05 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: