Blue Bice
Natural Pigments で購入したBlue Bice、油彩で試用すると緑っぽくなりますよと解説ページに書かれていたが、ここまで緑になるとは。。

左:アラビアゴム水溶液、右:リンシードオイル
Blue Bice

| 絵画材料 | 11:33 PM | comments (0) | trackback (0) |
牛乳と顔料でペイントした板のその後
前回:牛乳と顔料で板にペイントする
http://www.cad-red.com/blog/jpn/index.php?e=587

以前、牛乳と顔料を混ぜただけのもので、板にペイントするという話をエントリーしたけれども、塗装面の耐久性を確認したいと思い、以下のような過酷な状況に数ヶ月放置してみた。
牛乳と顔料で板にペイント

泥だらけだったので、水洗いしてみたが、なんというか、少し過酷過ぎる状況に置いてしまったような気がしないでもない。
牛乳と顔料で板にペイント

これも一種のカゼインテンペラのようなものであると思うが、テンペラで塗装したら、その上に油性のニスを塗っておきたくなるというのは、自然な流れのように思ったりした。車庫の横に置いていたので、ほぼ毎日目にしていたのだが、風雨に曝されているところを見ると、やはり上に亜麻仁油を引きたいとずっと思っていたので、今更ながら、亜麻仁油を薄く塗ってみる。
牛乳と顔料で板にペイント
油彩画の芽生えを想定して、脱色や乾燥を速める複雑な加工など経ない、未加工の食用亜麻仁油を塗ってみた。

牛乳と顔料で板にペイント
色的には周りに見える油性保護ニスを塗ったウッドデッキやらイスやらと同じような感じになってしまった。テンペラ層が汚れる前に塗れば、けっこう綺麗になったとは思うが。。

| 絵画材料 | 11:51 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: