PVA糊を凍らせてみた。
気が付いたら新しい年になっており、いつもはブログにその年に観たDVDとか書籍の話とか年末にまとめて総括などしていたが、こうも1年が過ぎるのが早いといちいちそんなことしてられないような気がして、今後は反省会もビエンナーレ形式でいこうかと思ったが、1年は短いが2年だとけっこう長いので、悩ましいところである。
とりあえず、絵画材料的にいろいろ疑問が尽きない点が無数に残されているので、新年が来ようが来まいが淡々とやっていくだけだったりする。

さて、PVA糊製品の注意書きに「凍結注意」というのを見かけることがあるのだが、実際に凍結するとどうなるのかやってみようかと。。
なお、これまではPVAとして「せんたく糊カネヨノール」ばかり使ってきたが、一製品に固定するのは実験上よろしくないので、同じくせんたく糊の「ゴーセノール」という製品を買ってみた。
PVA凍結
これも160円くらいである。

カネヨノールは液性が中性~弱酸性となっていたが、ゴーセノールは弱酸性とだけ表示されとりますね。実際にどう違うかは計測してないのでわかりませんが。
PVA凍結

で、空きペットボトルにせんたく糊を入れて、冷凍庫に一昼夜・・・。

見事に凍ってますな。
PVA凍結
しかも、なんか白くなってるし。
PVAは水溶性で、成分中の水分量はかなり多いから、凍るのはまぁ当然と言えば当然か。
もちろん、凍っている間は使用不可能である。

融けたら、またもとの色に戻った。
PVA凍結
粘度とかも、元の状態に戻ったようである。

膠の水溶液は凍結させると接着力が落ちるそうなので、PVAにもそんな性質があるかもしれぬと思ったのだが、ちょっと凍結したくらいでは、たいして変質しないだろうから、3回ほど冷凍・解凍を繰り返した。

その後、手元にあった適当な紙(年末調整の封筒とレシートなのだが)を貼り付けてみた。
PVA凍結
しっかり乾くのを待った後、手で剥がそうとしたら、紙が破れるぐらいには接着されている模様であり、接着力的には実用上問題なさそうである。というか、これくらいで駄目だったら寒冷地の在庫管理大変か。

凍結・解凍をもっと繰り返してると違うかもしれない。違わないかもしれない。
しかし、この辺でなんかどうでもよくなってきたので終了。

| 絵画材料 | 11:12 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: