実験農場。
4月になったし、色材に関係のある植物で、いろいろと植えてみたいものがたくさんあるので、家の敷地内の土があるところを目ざとく探して、種を蒔いたりなどしております。

こんな感じの場所を耕して、肥料などを植える。
実験農場

庭に落葉樹が多数あって、落ち葉がやたらと発生するのだけど、以下の肥料と一緒に土に埋めると、分解されて養分化されるというので、そのように処置してみた。
http://www.hiryou-magic.com/nh_plus_power.html

↓これはブドウの苗
実験農場
本当は品種などを吟味して、ネットで注文とかしたかったが、物流上の混乱とかいろいろあって、なんか手近なホームセンターでデラウェアを買ってしまう。
育ったのちに、蔓の処分に困るようになったら、炭にして、ヴァインブラックを作ってみたいかもしれない。

アイの種をプランターに。
実験農場
芽が出て、ある程度育った後に、地面に植え直す予定。
実際に生葉染めを実行したいので、ちょっと丁寧に植えている。
ラベンダーもプランターに植えといた。蒸留器買ってあるし、ラベンダーを蒸留できるかもしれぬ。

ベニバナの種は土があるところに適当に蒔いてしまった。手間をかけると切りがないが、そこにあまり時間を割くのもどうかと思ったので、適当に蒔いちゃってたりするのだが、気が付くと普通に育ったたりするので、その程度の気合いでいきたい。種から搾油するほどの数は育たないだろうけど、油彩画的には現代のメジャーな乾性油なので、育っていく姿を見てみたいというぐらいですか。

しかし、どこにどんな種を蒔いたかわからなくなりつつあるので、種まきマップを作成しておかないといけないかもしれない。

| 絵画材料 | 04:46 AM | comments (0) | trackback (0) |
コチニールとヴァーミリオン
コチニールとヴァーミリオンを混ぜて使ってみました。

コチニールとヴァーミリオン

| 絵画制作 | 09:26 PM | comments (0) | trackback (0) |
コチニールその後
以前購入したコチニール顔料、一応使っております。

真性コチニール

真性コチニール

非常にいい感触であるけども、まだまだ不慣れというか、まぁ、評価を確定しずらいところもありますが、とりあえず、追加でもうちょっと買っておかねば。。

| 絵画制作 | 12:31 AM | comments (2) | trackback (0) |
炭で未精製油を精製できるか。
油の精製において、白土濾過によって不純物や色素を取り除く話はよく聞くけれども、炭に吸着させるというのはどうなんだろう、炭の多孔っぷりは凄いし、泥水なんかも綺麗にするし、などと考えながらスーパーで食用油を見ていたら、日清食品のキャノーラ油が活性炭による精製云々と書かれていたりした。
詳細下記参照。
http://www.nisshin-oillio.com/company/rd/dokuji/gijutu_03.html

活性炭ってどこで買うんでしょうかね。ネットでは、水槽用みたいなのがけっこう売っているけど。そう言えば、昔、24時間風呂の機械を使ってて、替えの活性炭が見つからなくて困ったことがあった。それはともかく、宮城県はまだ気軽に通販とかできる物流状況じゃないので、百円均一で水道の蛇口に取り付ける浄水器を買ってきて、それをバラして活性炭を手に入れてみた。
未精製油活性炭濾過

比較用として、和光純薬工業(株)の活性白土でも同じことをやってみる。
未精製油活性炭濾過

で、小瓶に未精製亜麻仁油と活性炭、または活性白土を入れ、よく振ったのち、沈殿させてみた。
未精製油活性炭濾過

活性白土は相変わらず強力っすね。
活性炭は役に立ってないように見える。
百均のやつだからだろうか。
次は、このまえ自作した炭でやってみよう。

| 絵画材料 | 10:34 PM | comments (1) | trackback (0) |
生搾り胡麻油を使ってみた。
大部分の植物油は種子から搾油しているようだが、搾油する際に炒ってから圧搾するのか、炒らずに圧搾するのかという点について、興味があるような、ないような、どうでもいいような気もするけど、どういう違いがあるか、やっぱり気になる。

一応、油を出やすくするためにというのうが煎る理由であるようだが、煎った場合は種子の香りがより引き立つようである。

胡麻油は、香りがいいので、餃子を焼くときなんかに使ったりしているけど、この前、「煎らずに生のまま」搾った胡麻油というのを購入していたので、それで野菜を炒めてみた。
生搾り胡麻油

全く香りがないですな。
生搾り胡麻油

このこと自体はほんとにどうでもいいことであるけど、油彩画の用の乾性油として搾られる種子に関しては、煎る行為とか、乾性油としての品質になにか関係するかどうか気になるかな、と。

※今回使用した胡麻油。
食用オイル
食用オイル

| その他 | 10:47 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: