藍を収穫して、生葉染めをやってみた。
自宅に植えていたタデアイがだいぶ大きくなっており、既に7月に入っているので、一回目の刈り取りを行なってみることにした(タデアイは7月から9月下旬までの間に2回収穫できるということである)。

あまりいい場所に植えたとは言えないが、でも一応このような感じで茂っている。
藍の生葉染め

せっかくなので、刈ったばかりの葉を使って、生葉染めというのをやってみよう。
生葉染めは、新鮮な葉が必要だから、自分で植えてこそできる染め方であります。

ネットの情報もいろいろ見てまわったけど、基本的に『つくってあそぼう 藍染の絵本』『そだててあそぼう アイの絵本』を参考にしております。実践する上での詳しい注意事項等については、それらの本を参照願います。

とりあえず、刈り取り前に、素材のシルクとウールを、中性洗剤を入れてお湯に浸けておく(その後、水でよく洗う)。
藍の生葉染め

で、アイを取ってくる。根本から1~2センチくらいのところで、切るとか、書いてありました。
藍の生葉染め

葉っぱだけを使う。
藍の生葉染め
茎も染料として使えるそうではあるが、今回は葉だけで。

本の指示通り、700mlの水に、生葉50gにて、ミキサーで1分ほど粉砕。
藍の生葉染め
一応、ガーゼで濾して、葉っぱのカスを除いております。

抹茶みたいに泡だった、緑色の染液ができるので、そこに準備しておいた布を浸す。
藍の生葉染め

ちゃぽちゃぽと浸けているうちに、空気に触れたせいか、青くなってきた。
藍の生葉染め

太陽に当てながら、屋外で空気に触れさせ、その後、しっかり水洗いする。

で、こんな感じになりました。
藍の生葉染め
生葉での染めは、薄い水色程度と聞いていたけれども、予想していた以上に鮮明な青である。

生葉染めは、絹やウールなど動物由来繊維には、この手順で染まるのだけど、綿、麻などは、還元剤等が必要となる。
やはり最初は動物性の繊維で試みるのが手順としては順当かと思われる。

| 絵画材料 | 01:36 AM | comments (0) | trackback (0) |
白樺の樹液
樹液っていうのは、絵画にとって非常に重要ですな。ダマーやコーパルは言うに及ばず、松脂はテレピンになるし、アラビアゴムは水彩絵具の固着材だし、その他にも挙げればキリがないけれど、樹木からは実に多彩なものが出てくるものである。そして、『発見!植物の力(5) ゴムとウルシ 樹液ってなんだろう?』という本を読んで、さらに樹液に感心しているところであるのだけど、白樺の樹液が飲料水として売られているというので買ってみた。

白樺の樹液

樹液というと、どろどろのものを想像してしまうが、水とほとんどかわらずさらさらですな。
白樺の樹液

ほとんど何の味もないけど、昔の人の味覚的には甘かったのかもしれない。

| その他 | 01:10 AM | comments (0) | trackback (0) |
ワタが急激に伸びた。
2、3日、留守にして帰ったら、ものすごい勢いで植物が伸びていた。

特にワタの伸びっぷりが凄い。
棉 ワタ
ちょっと目を離した隙に何センチ伸びてるのか君。

これ以上プランターに密集させたままにしておくにはいかないので、場所を見付けて植え替える。
棉 ワタ
ここは夏は陽が当たっていいのだけど、それ以外の季節は日陰なんで、いまいちかもわからん。

プランターに種を蒔いたラベンダー、これもモサっという感じで茂りまくっている。
ラベンダー

適当に土を見付けて植え替える。
ラベンダー
これでもまだ密集しすぎであろうか。

葡萄は、葡萄っぽいものが形成されつつある。
キャンベルアーリー

ヌルデも一気に葉が生い茂って、ちょっと怖いくらいである。
ヌルデ

| 家庭園芸 | 02:53 AM | comments (0) | trackback (0) |
冷凍庫 三菱電機 MF-U12N-W 購入。
家の敷地内にいろんなものを植えておりますが、冷凍で保存しておくとよさそうなものもあるので、冷凍庫を導入。
http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/reizouko/mainmodel/mf_u14n/index.html

MF-U12N-W

| 家電・パソコン | 09:17 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: