エゴマを収穫。
畑を借りてエゴマを植えていたけれども、すっかり放置状態で、現状がどうなっているかも知らない状態であった。というか、ほとんど忘れていた。

しかし、どうもスズメが群がって実を食べているらしいので、時期的にどうなのかはちょっとわからないが、実を採ってくることにした。

ものすごく生い茂っていた。
エゴマ 荏胡麻

エゴマ 荏胡麻
エゴマはほとんど紫蘇と同じようなもので、しばしば区別されなかったりもするが、パッと見た感じでは紫蘇よりも大柄で、葉も実も背丈も大きいような気がする。

試しにちょっと植えてみたつもりだったのだが、大豊作になってしまった。
エゴマ 荏胡麻
↑写真は採れたものの一部であり、まだまだたくさんあるのだけど、この後、これをいったいどうすればいいのか。
乾いてくれば、揺するだけで大部分の種は落ちてくるんじゃないかと思うけど、どうだろう。

食用油を試した限りでは、エゴマ油も紫蘇油も、たいへん乾燥性がよかったから、このエゴマも搾って油を採りだせば、塗料用の乾性油として、顔料を定着させることができるだろうと思う。
とりあえず、種を採り、油を絞って、それで支持体に顔料を定着できることを見届ければ、個人的には満足である。
しかし、これ、種が飛び散ると、来年またあちこちから芽が出てきそうで怖い。紫蘇と交配するらしいので、自宅に植えてる紫蘇にも影響を及ぼしそうである。

| 家庭園芸 | 01:33 AM | comments (0) | trackback (0) |
元素記号マグカップ購入
スターバックスのマグカップみたいなのが欲しいと思いつつ、ネットでそれっぽいものを探していたら、元素記号マグカップというのがあったので買ってみた。

元素記号マグカップ

お茶を飲んでるだけなのになんだか頭が良くなるマグカップ 元素記号 マグカップ DM2578

いろいろ実験を繰り返しているけど、元素というか、化学全般の知識がもっとあればなぁと常々思うわけですが、これでちょっと憶えるかもしれない。
周期表みたいに並んでいないという点が不評なようだけど、まぁ、オマケみたいなもんですからね。

ついでにAmazonオリジナル マグカップ 白も買ってみた。
こちらはいざ届いてみたら、予想以上に大きく、厚くて、重い。しかし、用途によって元素記号マグカップと使い分ければいいか。
Amazonでの買い物は楽しいし、なんと言っても、海外の書籍が気軽に買えるようになった衝撃は大きかったが、これだけ商売してて日本に法人税を払っていない件で随分イメージかなり悪くなりましたなぁ。電子書籍もAmazonじゃないところで仕切られたいような気がする。

| その他 | 11:00 PM | comments (0) | trackback (0) |
升沢自然遊歩道
モチーフになりそうな森林風景を探そうと、升沢自然遊歩道を歩いてみた。

真夏に行ったときは、暑さと湿度で体力を消耗し、風景がどうこういう状況ではなかった。
http://www.cad-red.com/blog/jpn/index.php?e=794

旗坂野営場から出発。
升沢自然遊歩道
野営場の周囲は、程よく紅葉しており、なかなか綺麗。夏のキャンプ場と違って、ガラの悪い感じの人も少ない。

遊歩道に入り、↓こんな森を延々と歩く。
升沢自然遊歩道

昔はそれなりに賑わっていたのかもしれないけれど、今は人気が少ないようである。キャンプ場にはたくさんの人がいたけど、遊歩道では全く人とすれ違わなかった。
真夏の森はかなり暗いので、一人で歩いてるちょっと怖いが、秋でもちょっと心細い。まぁ、そこがいいとも言えるが。
ちなみに、船形山山頂への山道は、常時たくさんの人が通っているので、そっちの方がむしろ迷いにくいかもしれない。

ずんずん奥へ進んでゆくと、すりばち沼というのがある。
升沢自然遊歩道
特に美しいという感じでもなくて、むしろちょっと不気味じゃないかと思う。

割山大滝
升沢自然遊歩道

割山断層
升沢自然遊歩道

なんだろうこれは?
升沢自然遊歩道

キャンプ場や駐車場、沼など開けた場所では、冷たい風が当たるせいか、紅葉が早く訪れるようで、たいへん美しい。
森の奥に入ると、まだそれほど紅葉してなかったりする、というのを改めて感じた。

| 登山・アウトドア | 01:33 AM | comments (0) | trackback (0) |
実験用石灰、石灰石砂利、石炭などを購入。
消石灰を作るまでの過程を、簡単に追体験できる方法はないかと模索中であり、その為の実験材料をちょくちょく買い集めたりしている。

まず、実験用の石灰石。
石灰石
理科実験教材のショップで購入。けっこうたくさん入っていた。
石灰石というと、生石灰のことを指したりするかもしれないので、その点が心配であったけれども、見た感じ、これは生石灰ではなさそうである。
生石灰はどうも見た目に不透明な明るい白のような気がするが、これはやや透明感がある。

生石灰は水に入れると、熱を発して、水をアルカリ性にするのだが、この石は水に入れても特に反応はない。
ペーハー試験紙を入れても、変化無し。というわけで、石灰石、炭酸カルシウムであろう。
せっかくなので、希塩酸につけてみたが、↓のように激しく発泡している。
希塩酸
これも炭酸カルシウムである条件を満たしている。

もっと大ざっぱな実験、たとえばかまどに石灰岩とコークスを入れて一緒に焼くなどの方法も考えている、できるだけ安い素材が欲しかったので、建物の廻りに敷いたりする石灰石の砂利を買ってみた。
石灰砂利

コークスも注文しているが、まだ届いていない。
石炭
石炭は5kgほど買ってみた。

| 絵画材料 | 10:56 PM | comments (0) | trackback (0) |
ウォードが発芽した模様
ウォード、たぶん発芽していると思われる。
ウォード
発芽するとわかれば、あとは追加購入して来春にどっさり植えるばかりです。

西洋茜が発芽したように見えるけど、まだよくわからない。
西洋茜?
ハコベではないと思うが、どうだろう?

ちなみに、日本茜はこのような状態に生い茂っている。
日本茜

アニュアルフラックス(一年生亜麻)も芽が伸びている。
アニュアルフラックス

タデアイの花はものすごいことに。
タデアイの花
花を切り取って、花瓶に挿しておくと、花瓶の中で根っこがもじゃもじゃと生えてくるのである。
ものすごい生命力。このまま種が落ちたら、敷地内がタデアイに占領されてしまうのではないかと心配になってくる。

ウェルドは相変わらず、何も出て来ない。

| 家庭園芸 | 09:41 AM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: