ブナ、キハダ、メタセコイア、アケビの苗を購入
ブナの苗も買いました。
ブナ
小さな苗なのに、妙に風格がありますね。わざわざ買わなくても、どっかに生えてそうな気もしますが、それはまぁ、いいでしょう。イタリアの板絵はかなりの頻度でポプラ材だったようですが、北の支持体は、必ずしもオークに限定されていたわけではなく、ブナなども多く使われていたようです。というわけで、これも絵画材料の勉強の為に買ったわけです。本当はヨーロッパブナの苗を入手したかったのですが、在庫切れのショップが多く、選択肢が少なかったので、また別のタイミングでいきたいと思います。
オークの方も、日本でよく見るコナラ、ミズナラを植えた植え、イングリッシュオークも植えて観察しているので、ブナも両方見てもいいかなと。コナラ、ミズナラ、ブナあたりは、近く山にゆけばいつでも見られるので、わざわざ庭に生えていなくてもよさそうですが、苗の頃から成長を見届けると種類の判別等に役立ったり、思い入れが深くなったりするかと思うので、植えてときどき眺めて、写真を撮ったりするのは、やはり必要なことではないかなどと思っています。そして、ブナはブナ科ブナ属、オークはブナ科コナラ属などと唱えるわけです。
いずれの樹木も放っておくと巨木になるから、数年見守った後に抜いて捨ててしまわねばなりません。もったいないことです。ミズナラは現在、樹皮がわずかにミズナラっぽくなってきて、ようやくちょっとだけそれらしくなってきたところなのですが、すでになんか大きいなと感じています。あまり育つと根まで取り去るのに丸1日かかったりしますからね。

キハダの苗です。
キハダの苗
黄色い染料が取れることで知られるキハダです。染料店買ったキハダは使用したことがあり、当ブログでも紹介しています。
http://www.cad-red.com/blog/jpn/index.php?e=455
薬用植物としても知られています。困ったことに、この木も大きくなりますが、染料としても薬としても有用なので、大きくなっても残しておきたい気がします。胃腸の調子が悪いというときに、これを飲んだらかっこいいような。

メタセコイア
メタセコイア
化石でしか残っていない樹木と思われていましたが、中国に同種とされる林があり、さらに成長が早いということで、日本でもあちこちで植えられています。セコイアとの違いは、なんと言っても落葉樹という点でしょうか。紅葉が綺麗です。絵画材料の歴史とは関係なさそうですし、今は珍しくもないので、買わなくてもよかったもしれません。しかもものすごい高木だし。

アケビ
アケビ
アケビを植えました。ツタが静物画のモチーフとして役に立つかもしれません。と言っても、その辺の山にいけば、いくらでも見つかりますが。。

| 家庭園芸 | 08:31 PM | comments (0) | trackback (0) |
ポプラの苗を購入
春になりましたので、植物の苗を注文しました。いろいろ買ったのですが、ちょっとずつ語りながら、紹介していきたいと思います。これまでにも、タデアイ、日本茜、西洋茜、カリヤス、ミツマタ、コウゾ等々、絵画材料と関係のある植物を庭に植えて観察してきましたが、いちばん気に入っているのは、イングリッシュオークです。オークは、北ヨーロッパの絵画の支持体として利用されたことで知られていますが、絵画のみならずヨーロッパ文化全般に多大な影響を与えた重要な資源であり、個人的に庭のオークを眺めていると嬉しくなってくるわけです。それに対してアルプス以南、要するにイタリアではポプラ材が絵画用の板に使用されていました。ダ・ヴィンチのモナリザもポプラ材です。オークに関してはいくつか図書を読んだり、庭にコナラ、ミズナラ、イングリッシュオークなどを植えて観察しているわけですが、ポプラはあまり意識したことがありませんでした。絵画用支持体としての価値はともかく、一般的な木材としての質はオークよりだいぶ劣るとの評を聞くことが多く、心の中で若干軽く見ていたのかもしれません。

そんなわけで、いつまでも偏見で物を見てはいかんと思い直して、ポプラの苗も買ってみました。
ポプラの苗

オークは全体の姿も葉の形も風格があって素晴らしい樹木ですが、ポプラの姿もちょっと南欧的な雰囲気があって、なかなか風情あるものです。実はポプラは日本でも目にする機会が少なくない木です。多くは改良品種で、中世~ルネサンス期イタリアのポプラと同じではないようですが。。絵画用支持体のポプラがどのような品種であるかは後で詳しく調べるとして、どのみちショップの品揃えも多くはないので、ポプラ(セイヨウハコヤナギ)と書かれていたものを注文しました。ポプラはヤナギ科なんですね。このセイヨウハコヤナギは、ヨーロッパクロポプラの品種改良品であり、軽くネットを検索して得た情報では、17世紀のイタリアで品種改良されたものらしいので、ヨーロッパの板絵全盛の時代にはなかったのでしょう。それなのに何故この苗にしたかと言えば、ヨーロッパクロポプラの苗は売ってなかったからです。いずれにしても日本で売られているポプラの苗が、きちんと種類を把握したうえで商品名が付いて売られているかすら微妙なほど複雑ですから、手当たり次第に植えてみて、まずは様子を見てみたいところです。オークの品種もややこしいものがありましたし、特に和名のカシとナラの誤用も話をややこしくていましたが、ポプラもまた全体像を把握するだけでも既に難しそうな予感がします。
参考までに↓をご覧ください。
http://www.geocities.jp/kinomemocho/sanpo_Lombardies_of_Green_Gables.html
こうなると軽い気持ちで「ポプラ」とか語れなくなってきます。美術史や絵画材料の図書でも「ポプラ」や「カシ」と一言で片付けられていますが、細かい点を気にすると、アバウトすぎて何かわからないし、著者や翻訳者がどこまで意識して書いているのかという点も気になってくるのは仕方ありません。ダ・ヴィンチの絵はポプラ材に描かれていますよ、とかうっかり語ってしまったりしますが、実はポプラがどんなものであるか、自分はほとんど何も知らないのだという点は、やはり改善したいところです。やはり人に語るならば、ポプラについて原稿無しで30分以上は熱く語れるぐらいにならないと、堂々と口には出来ないところでしょう。そして、もうちょっと時間をかけて探して、ヨーロッパクロポプラを入手したいです。それらを眺めながら文献などを読んでいけば、自然と全体像が把握できるようになってくると期待しましょう。

| 絵画材料 | 05:24 AM | comments (0) | trackback (0) |
春なので、植物の手入れをする
植物
なんじゃこれという姿ですが、コモンラベンダーとスパイクラベンダーです。すっかりつぶれていますが、一応生きているようです。今冬は積雪がものすごくて、雪が融けてみると、プランターなどみんな重みで壊れていました。ガラス容器、陶磁器など、外に置いていたものは、中の水が凍ったせいか、それとも雪の重みか知りませんが、ことごとく割れていました。

ミツマタも雪に埋もれてひん曲がっていましたが、生きているようです。
植物
つぼみみたいなのが出来ています。
植物
ちゃんときっちり3つに枝分かれてしていて、実にわかりやすいです。3つに分かれながら大きくなっていくのでしょうが、ちょっと楽しみです。

空いている地面を掘り返して、肥料(豚糞)をまいておきます。
植物
そんなにたくさん地面はありませんが、限られたスペースを活用して、何か勉強になりそうなものを植えていきたいと思います。

以前、古吉弘先生より頂いたブドウの苗、そこそこ大きくなったので、地植えすることにしました。
植物

うまく根付いてくれることを祈ります。
植物
根付けば、地植えですから、あっというまにツタが伸びて大きく成長すると思います。

同じく、古吉先生より頂いたりんごの種も鉢に植えておきました。
植物

| 家庭園芸 | 09:18 PM | comments (0) | trackback (0) |
壁に白セメントを塗る
自宅敷地の西側にこのようなブロック塀があるのですが、
白セメント
柵になっている部分が、風通しがよすぎて、冬に冷たい風が吹き、雪が吹き込んだりするので、塞ぎたいと思っているのですが、まぁ、単に白いボードでも置いておこうかと思っているだけですが、灰色のブロック部分が目立ちそうなので、白セメントを塗ることにしました。

白セメントです。本当は壁塗りようではないのですが。
白セメント

水と混ぜて、
白セメント

コンクリートブロックは吸水しそうなので、予め水をかけてから、セメントを塗り始めます。
白セメント
漆喰と違って塗りにくいです。

こんな感じにできました。
白セメント

数日経ったところです。
白セメント
午前中は、この壁に陽が当たるわけですが、とてもまぶしいくらいに輝いて、たいへん明るい雰囲気になりました。
できれば、全面をブロック積んで、真っ白い壁にしたいところですが、きりが無いのでこれでよしとしましょう。

| 日曜大工 | 07:31 AM | comments (0) | trackback (0) |
2014年度の手帳(4月はじまり)を購入しました。
これまでは1月からはじまる手帳を使ってきましたが、今後は4月始まりでいこうかと思います。日本にいる限り4月はじまりの手帳の方が使い勝手がよいとは思ってましたが、種類が少なすぎた為、当然のように1月はじまりの手帳を使っていました。まぁ、年末年始に1年を振り返りつつ反省したりするという意味では、1月はじまりがよろしいかと思いますが、何年も生きていると1年程度で振り返っていられる余裕もなくなって、もうどうでもいいやとなってきまして。

というわけで、買ってきたのは以下の手帳です。
高橋書店 2014年4月始まり No.791リベルデュオ 1<ミッドナイト・ブラック>
http://www.takahashishoten.co.jp/notebook/31791.html

今までスルーしてきた見開き1ヵ月ブロックタイプ。ちょっと前から2カ所に講師として通っており、曜日ごとに行く場所が変わって、わけがわからなくなってきたので、ブロックタイプにしました。12ヶ月の分の見開きにメモ用の罫線ページが数枚付いているだけなので、非常に薄い手帳です。情報量は多過ぎるとかえって情報を見逃してしまうので、やはり紙数が少ない方がよいでしょう。

手帳を廃して、スマートフォンを活用するという手もありますが、場所によってはスマートフォンをいじるのが憚られることも多いと思います。手帳開いて何か書き込んでいると、仕事してるっぽい感じがして許容されるようなところがありますが、スマホをいじってるというのは、例えビジネスのメモをしていても、悪い印象を与えてしまいかねないので、そういう意味でも手帳であることは重要です。

手帳はスケジュール管理用として使いますが、その他に日誌的な記録も付けておかねばなりません。ビジネスをやるうえでは非常に重要なことです。で、ブロックタイプではなくて、罫線タイプの手帳も欲しいわけですが、そちらは以下のサイトで公開されているものを印刷して活用しようかなと思っています。

pdf de calendar カレンダーリフィル公開
http://pdc.u1m.biz/


とても素晴らしいです。種類も豊富で、色合いも複数用意されており、市販のものよりよさげです。

| その他 | 02:41 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: