ウィキペディアの「なぜ私は私なのか」のページが良質なガイドになっている気がする件
人間の感情や思考、記憶などは、たぶん脳の活動によって発生しているのだろうけれども、なんというか、説明しにくいのですが、普段はあまり意識しないけれども、自分という意識がなんなのか、深く考えるとどうしても不思議でならないことではあります。同じような人間やあるいは脳を持った生物が多数存在していますが、生まれてからずっと自分は自分で、自分の頭の中から外界を認識しているようで、目を通して外を見て、手を動かして物を触ったりしています。眠って朝起きても自分であり、自意識みたいなものが自分の脳にあって、頭の中に存在しているように思える。しかし、この自意識みたいなものはどのような現象なのでしょうか。生物が複雑に進化して思考能力や感情を持つようになったというところまでは、特に何も不自然な点はなく納得できます。例えば、生物が無数に存在し、それぞれが思考し、意志と感情を持って行動しているという点は、そういうものだということで済むでしょう。脳の機能が電気的、化学的な反応で動いているとして、それによって人間が活動しているとしましょう。自分という人間が居て、そのような電気的・化学的反応で勝手に行動して生涯を終えるならわかるのですが、この自意識みたいなものはいったいどのような存在なのかと疑問も思うわけです。

で、この問いは哲学の1ジャンルであり、「なぜ私は私なのか」という問いによって表されるようです。

参考:なぜ私は私なのか ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/なぜ私は私なのか

「なぜ私は私なのか」という問いは、時間とは何かという問いと切り離せません。時間に関して非常に不可解な点があるからです。宇宙の始まり、言い換えれば時間の始まりを仮に150億年前とするとし、そして仮に終焉があるとして150億年後と見積もった場合、全体で300億年あることになります。その中で、偶然にも今現在自分が生きている数十年の一瞬とも言えるようなわずかな時間が、少なく見積もっても300億年はある可能性の中の、たまたま今であるというのは、偶然にしてもいくらなんでも出来過ぎているのではないか。自分が存在する時間のまだずっと前か、とっくに終わって何億年も経った後だったりする方が自然ではないでしょうか。

これらの問題に明確な解答はありませんが、古くから人類よって考察されてきたので、答えを求めたいと思うならば、アプローチとしては、その経過をたどっていくことが順序としては正しいといえるでしょう。そんなときに役に立ちそうなのが、ウィキペディアの「なぜ私は私なのか」のページであり、つい最近見つけたのですが、とてもよくまとまっているような気がしました。参考文献も多数掲載されており、この問いが発生してしまった人には、よいガイドブックとなるのではないでしょうか。ちなみに問いの発生率は10人に1人らしく予想以上に高確率な模様です。私が学生だった頃は、ウィキペディアなんてありませんから、書店に行って名著と言われる哲学書を多数買ってみたりしたのもよい思い出ですが、いま振り返ってみると、まるで見当違いの本を読んでいて、たいへん効率の悪い読書をしていたといえるでしょう。まぁ、それはそれでいいのかもしれませんが。

最近は科学的にも取り組まなければならない問題となってきている模様です。
参考:意識のハード・プロブレム ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/意識のハード・プロブレム

上記の記事によると「意識のハードプロブレム(いしきのハード・プロブレム、英:Hard problem of consciousness)とは、物質および電気的・化学的反応の集合体である脳から、どのようにして主観的な意識体験(現象意識、クオリア)というものが生まれるのかという問題のこと。意識のむずかしい問題、意識の難問とも訳される。オーストラリアの哲学者デイヴィド・チャーマーズによって、これからの科学が正面から立ち向かわなければならない問題として提起された。対置される概念は、脳における情報処理の物理的過程を扱う意識のイージープロブレム(Easy Problem of Consciousness)である」ということです。

| その他 | 09:14 AM | comments (0) | trackback (0) |
2015年度用のビジネス手帳を購入
最近は4月始まりの手帳を使っております。いろいろ吟味した結果、来年度用に以下の物を購入しました。

高橋書店 2015年版手帳4月始まり No.772リベルプラス 2 <マリン・ブルー>
http://www.takahashishoten.co.jp/notebook/31772.html

手帳はスケジュールの管理と、ちょっとしたメモに使うだけです。
地下鉄路線図やアドレス帳もはや不要なので抜き取ってすぐに捨ててしまいます。

スケジュール管理にはやはり紙の手帳が一番です。
あと、なんか暇なときに、落書きするのにも最適。スマートフォンなど出してせっせと弄れないという場面は、世の中まだまだたくさんありますが、ビジネス手帳なら仕事してるっぽくて辛うじて許される的なことろがあります。黒っぽい手帳が明らかにビジネス手帳風でいいのですが、今回は気分を変えて青にしました。気分を変えるというか、間違って前の年度の手帳を持って出かけたりしないように、雰囲気の違うものにしました。

| その他 | 07:31 PM | comments (0) | trackback (0) |
七ツ森の湯名沢林道を歩いてみました。
七ツ森に入るルートはいろいろありますが、清浄山禅興寺裏の林道、湯名沢林道も比較的利用されがちなルートかと思います。そこを歩いてみました。3月初旬頃です。

湯名沢林道です。はじめは田んぼが続きます。
七ツ森林道

奥に見える岩など、七ツ森っぽいですね。
七ツ森林道

七ツ森林道

やがて道が左右に分岐します。
七ツ森林道
左へゆくと、七ツ森遊歩道へ繋がり、大倉山や蜂倉山などに登るルートとなります。ふつうは左にいきます。
右は一本杉林道という林道らしいのですが、そちらはまだ行ったことがないので、歩いてみることにしました。

意外にもかなり立派な林道です。
七ツ森林道

林道って、まめにメンテナンスされてないと、道が崩れてボロボロになるのですが、ここは状態が良好です。
七ツ森林道
奥に遂倉山が見えます。

七ツ森林道

七ツ森林道

綺麗な林道ですね。
七ツ森林道
イノシシ用の罠が見えます。

吉田一本杉に出ました。
七ツ森林道

| 登山・アウトドア | 12:02 PM | comments (0) | trackback (0) |
絵を積みやすい乗用車について考えてみました。
一昨年購入したラクティスです。
ラクティス

描きかけのM80号の作品を、なんとなくラクティスの荷室に積んでみたら、ちょうどいいぐらいに収まりました。
ラクティス
額縁を付けても収まると思います。P80号も問題ないでしょう。F80は斜めにしないと入らないと思います。100号は100%無理です。

ラクティスは紛う事なき小型車なんですが、他の小型車と比べると室内の空間がだいぶ大きいです。なんだかんだで毎日1~2時間ほど乗っているわけですが、自分1人で乗っていると、無駄な空間が多いような気がして、ヴィッツで充分だったかなと思ったりもしてたんですが、何か運ぶ機会があったりする度、無事積めるかどうか心配せずに、心の余裕ができるので、そこはやはりありがたいところです。

そんなわけで、ふと、絵画やパネルを運ぶことが多い人はどんな車がいいのかな、と考えてみました。

本当に物を運ぶのが主体であれば、業務用のワゴンやバンがよいかと思います。軽自動車のバンであれば、F100号が何枚も積めたりします。
http://toyota.jp/liteacevan/006_b_006/dynamism/body/
搬入委託業者の方も使っていました。
しかし、最強はプロボックスでしょう。
http://toyota.jp/probox/001_b_001/dynamism/body/
軽自動車と違って高速道路でもガンガン飛ばせます。
中古市場を探すと安いのがいっぱいあります。一般向けの乗用車は10万キロ走ったぐらいからガタがきますが、30万キロぐらい走ったりするようです。

しかし、ときどき作品を運ぶ機会があるというくらいの場合は普通の乗用車を買いたいところです。プロボックスを日常用として使って何か問題あるわけじゃないですけど、デートの時にプロボックスで迎えに行ったりするのは無理ということもあるかもしれません。50号ぐらいまでなら、たぶんほとんどの車で運べると思います。アクア、ヴィッツ、フィット等のコンパクトカーでも後部座席を畳めば50号を余裕で積めます。
コンパクトカーじゃなくていいなら、カローラフィールダーがバランス的に最強かと思います。乗用車として使っても問題のないプロボックスみたいなものとも言えます。値段もコンパクトカーと大差ありません。セダンタイプの車も、後部座背を畳むと、長い荷物を積めるようになっているので、絵画の用に平たいものならどんどん積めます。セダンタイプのカローラアクシオも後部座席を畳むと長い荷物を積めるようです。しかし、枚数はかなり限られると思います。

などと考えてみると、80号を積めるというのは、なんか中途半端ですね。ラクティスは実に微妙な車です。

| 家電・パソコン | 12:57 PM | comments (1) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: