最近の油絵具と市販の画用液は乾燥が速すぎるような気がするのですが
最近、乾燥の遅い油を好んで使っています。
最大の利点は、ウェット・イン・ウェットの技法を長い時間を使用できるということでしょうか。乾燥が遅いと翌日に持ち越すこともできます。油彩画の最大の特徴は乾燥が遅いことであり、速くなってしまってはむしろデメリットが増えるような気がしてきました。うっかり筆を洗い忘れても、翌日もそのまま使うことができたりします。ちょっとズボラな感じもしますが、藤田吉香先生も、他のことに気を取られて筆を洗うのを忘れて固まらせてしまって困るという話をされておりましたので、これも重要なポイントと言えるでしょう。乾燥の遅い油としては、ポピーオイルが上げられますが、強度的な意味ではリンシードオイルを使いたいところです。それからテレピンに溶解したダンマルワニスなども、構造上乾燥を促進する作用があります。いかにしてリンシードオイルを主体としつつ、樹脂も含めつつ乾燥の遅い画用液を作るか。

まず、過度な精製工程を経ていないコールドプレスのリンシードは乾燥がポピー並に遅いのでこれを使うという手があります。ちょっと高いですけれども。リンシードとポピーをブレンドするという方法も悪くないといえるでしょう。ブレンドというのはいいものです。ウィスキーでもブレンドすることによって飲みやすくなりますし、たいていはそれぞれの欠点を打ち消し合うものです。樹脂分はダンマルは入れてもけっこうだと思いますが、乾燥が遅いという意味では松脂も入れるとよいかと思います。スタンドリンシードオイルも乾燥が遅いのですが、高粘度なので、これもやはり他のオイルとブレンドするのがよいと思います。経済的な面も考慮すると、スタンドオイルとサフラワーオイルのブレンドに、ダンマルと松脂を少々というところが良さそうな気が。画用サフラワーオイルはポピーよりもずっと安い上に、リノール酸の量ではポピーよりむしろ多いという話も聞きますし。

というわけで、以前は鉛入りオイルなど、乾燥性と堅牢性を重視した画用液を重視していたのですが、乾燥を速めない構成というのをいろいろ考えているところです。市販の調合画用液には乾燥促進剤が含まれていることが多く、または油絵具自体も乾燥が速くなるように改良されてきたようですが、その辺の価値観がちょっと見直された方がいいのではないかな、と思うところです。

| 絵画材料 | 01:31 AM | comments (10) | trackback (0) |
ダニエル・ハーディングのブラームス:交響曲第3&4番を購入
ブラームス:交響曲第3番&第4番(ダニエル・ハーディング/ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン)

極めて小さな編成で演奏しているらしく、軽快で爽やかな演奏です。ブラームスに合っているかどうかというと、好みが分かれそうな気はしますが、これはこれでありだと思います。小編成でブラームスというのはどうなのかと心配されうかもしれませんが、第3番は文句なく素晴らしいと言えるでしょう。ブラームスが好きな人も、逆にブラームスが苦手だという人も、これは気に入るのではないかと思います。第4番もとても良いのですが、やはり少々溜が足りないというか、今ひとつ哀感に欠けるような気がしないでもないのは確かです。第4楽章はこのタイプの演奏だと本領が発揮されないようなところは仕方ないと言えるかも知れません。逆に第1楽章には合っていた気がします。ブラームスの交響曲第4番は個人的に最も好きな曲のひとつなのですが、どのCDが一番いいかというと、特にこれと言ってお薦めのものはなかったりします。

ちなみに同ハーディングのベートーヴェン序曲集も買ってみましたが、こちらも大変気に入っています。ベートーヴェンの序曲集の中ではマイベストと言えるかもしれません。

| 音楽 | 12:39 AM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: