ヤフオクにて、FMV LIFEBOOK P771/C 入手
出先でIllustratorの印刷原稿制作や動画編集をできるようにしたいと思い、少々スペックの良いノートパソコン、しかもコンパクトなものを手に入れたいと思ったのですが、現行のモバイルノートは省電力CPUを積むのが主流で、どうも気に入った感じのものがなかったので、ヤフオクで中古を探し、FMV LIFEBOOK P771/C(FMVNP4NER)を落札しました。送料含めて1万6千円弱と言ったところです。
FMV
12インチモニタ搭載のコンパクトなノートPCですが、CPUはcore i5を搭載しており、現在所有しているPCの中では最高ランクのCPUだったりします。ノートパソコン用のi5なので、現在メインPCとして使っているデスクトップのcore i3と処理能力はどっこいぐらいらしいですが。。。まだ動作確認程度に多少使ってくらいですが、たいへんきびきびとした動作で処理能力の高さを感じます。そして、すごく軽い。商品の状態も予想していたよりはずっと綺麗でした。Win7の64bit、メモリ2GB、HDDが250GBという構成で、そんなにお買い得感はありませんが、入札が殺到する品に挑むと疲れるので、誰も入札する者がなかったこの機体で妥協することにしました。リコール情報を調べて、バッテリーの発火等の事故がない機種かを一応調べてから選びました。中古を買うときは重要な点です。法人向けっぽい構成であり、枯れたインターフェイス群となっており、外部モニタはVGA接続、カードリーダはSDカード、LANポート有り、しかし無線LANはなし。無線LANがないというあたりで敬遠されていたのかもしれません。現在のモバイルPCはカードリーダがMicroSDですが、個人的にはデジカメを多様するので、SDカードの方がよろしいです。フタのないMicroSDポートは、カードがいつの間にか抜けてたりすることがあって、データをいっぱい積めたカードを紛失したりしないか心配になります。その点、SDカードはそういうことがないので安心感があります。メモリが2GBなので、せっかくの64bitOSを生かし切ってないところもありますが、それはおいおい足していこうと思います。できればHDDをSSDに換えたいです。

| 家電・パソコン | 11:53 PM | comments (0) | trackback (0) |
CD ワーグナー:楽劇「ワルキューレ」ハイティンク&バイエルン放送交響楽団
『ワルキューレ』全曲 ハイティンク&バイエルン放送響」を購入。

ワルキューレのCDの中ではクナッパーツブッシュのCD、特に1957年のバイロイトのCDを気に入っているという話はずいぶん前に書きましたが、何しろ古い録音なので音の鮮明度では少々物足りないところもありまして、最近の鮮明な録音のCDも探ってみたいところであり、またクナッパーツブッシュとは異なる、比較的軽めの演奏のCDもあったらいいなということで、このBOXを買ってみました。CD4枚組になるBOXですが、Amazonの商品ページで全トラック試聴できたので、あちこち聴いてみて、これならいけそうだと思っての注文でした。中古で送料込¥1650というのもリーズナブルであり、新品でもちょっと高いくらいの値段です。私がワーグナーに興味を持った頃は、全曲のCDというのはショルティの録音くらいしか選択肢がなく、それも1万円以上の価格でした。スタジオ録音で、初心者にもお薦めであると音楽評論家も推していたCDでしたが、果たしてこれが初心者に良いのかどうかというのは以前から疑問に思っていました。4時間近くもある曲ですが、ショルティのスタジオ録音で通して聴いてみようとは今の私でもあまり思わないし、とくに曲の全体像を掴めていない状態で聴くと苦痛を伴う気がするのですが、私のような者がそんな大それたことを言ってはいけないような気がしていたので控えていましたが、ネットで検索したら似たような意見がいくつかあって、ちょっと自信が付きました。これからワルキューレを聴こうという人はショルティじゃない方がいい、と思います。しかしながら、だからと言ってどれがいいとも言えないのですが、それはともかく今回購入したCDを一通り聴いてみましたが、序曲など、盛り上がるところは軽快さと共に適度な勢いもあって、そこそこいいなと思います。しかし、それほど盛り上がらない部分についてはどうも印象が薄いといいますか、退屈に感じてしまうところがあります。クナッパーツブッシュのワーグナーはどの部分を取上げても味わい深い響きがあり、間奏かと思われるような部分においても陶酔的な感じであって、決して意味の無い部分には聞こえないのですが、やはりそういうところはクナッパーツブッシュでしか出し得ない特徴なのだろうかと思いました。が、機会があれば鮮明な録音でいいものがないか、もうちょっと探してみたいところです。

| 音楽 | 12:41 AM | comments (0) | trackback (0) |
パネルに亜麻生地キャンバスを貼り付ける その2
前回は、50号の木枠に張った生地キャンバスに水を引いたところまで書いたと思います。水を吸ってピンと張った生地は乾くに従って、伸びて緩くなります。それを外して、自作していた30号のパネルに膠で接着します。
パネル

パネル

板に布を貼る場合、板に膠液を塗り、生地にもたっぷりと膠液を付けて、ヘラなどで押し広げつつ貼ることが多いと思いますが、今回は木枠に画布を張るように、キャンバス釘やガンタッカーなどで乾いた亜麻生地を張り、その上から薄い膠液を染みこませ、浸透させて接着したいと思います。その方が布の目が均等になるように張れそうな気がするからです。

なお、修復家志村正治氏が作成したビデオ『基底材』にもこのような貼り方が紹介されています。100号ぐらいの大きなパネルに膠で布を貼る方法として紹介されていたと思います。膠液の濃度は通常使われる10%前後の濃度ではなく3%で貼り付けておりましたが、ただしこれから私がやるように、「釘で生地を張ってから」膠液を染みこませるという工程ではなかったと思います。3%濃度でも充分貼れるという話だけはしっかり覚えていますので、この3%を信じてやってみたいと思います。

キャンバスタックスとガンタッカーを組み合わせつつ、パネルに生地キャンバスを貼りました。
パネル
言い忘れましたが、パネルは予め膠液を塗布し、乾燥させています。これは前膠と言いますが、これをやっておかないと、板が膠液を吸いすぎて、接着剤不足となってしまいます。それと、膠液を吸って布が縮むことを想定し、釘は多めに打っています。

で、その上から、3%濃度の膠液を熱いうちに塗っていきます。
パネル
刷毛にたっぷりを染みこませ、塗るというよりは、どっさり膠液を置くような感じで満遍なく塗布していきます。一部だけ浮いてきたりすると失敗ですから、全面にしつこく念入りに膠液を付けます。この辺は念入りにやるわけですが、それほど協力にパネルと膠を接着しなければならないわけではありません。むしろ仮止めくらいの役割でよいと思います。支持体の本体は画布であり、パネルは抑えとしての存在ですから。あるいは何かの理由で分離しなければならないときのことも考えると、接着力はほどほどで充分であると思います。
パネル
心配なのは、乾燥する工程で布が緩みますから、その影響で凹凸状に波打って固定されるケースです。キャンバス作りでは薄い濃度の前膠などで起こりやすい現象です。

そして、一日経って乾燥した状態です。
パネル
すごく綺麗に、平らに貼られています。私としては充分成功です。これに地塗りをして、支持体の完成となりますが、気が向いたら地塗り工程も書きたいと思います。


| 絵画材料 | 09:52 PM | comments (2) | trackback (0) |
錆びた屋根にペンキを塗る
車庫の屋根、死角になっているので、もうかれこれ10年近くものあいだ見たことがなったのですが、だいぶ錆びていたことが判明したので、ペンキを塗ることにしました。もうボロボロの車庫なのですが、放置するわけにもいかないので、面倒だなと思いつつも、重い腰を上げて材料を買い集めてきました。母屋のペンキはちゃんと塗装職人に塗ってもらってたのですが、ここは自分で塗ってもいいかなぁというくらいの重要度なもので。。

サビの上からそのまま塗れるというトタン用塗料を買ってきました。
屋根塗装

実際にはひどいサビは、事前に落としておかねばならないようですが、その気力はなく。

一応説明書きに従って、錆びた箇所にぬっていきます。
屋根塗装

この状態は迷彩塗装みたいで格好いいかも。

それそれからローラーで全体を塗っていきました。
屋根塗装
キャンバスの地塗りなどいつもやっているので余裕だろうと思っていたのですが、何しろ面積が広いというわけで、雑な塗り方になってしまいました。あちこち塗り残しがありますが、とりあえずは錆を埋められればいいと思うので、これで完了ということにしました。

| 日曜大工 | 11:53 PM | comments (0) | trackback (0) |
パネルに亜麻生地キャンバスを貼り付ける その1
以前からじっくり描きたいと思っていた主題があり、目下その為の支持体を作っているところです。パネルに亜麻生地キャンバスを貼り、そこに地塗りをするのですが、今回は若干丁寧に作業しているというか、多少実験的なことをしているので、メモしておきたいかと思います。

パネルは下のような感じに、桐製の木枠(M30号)にシナベニヤを貼って作ることにしました。
パネル

桐木枠はお世辞にも質が良いとは言い難いところがあり、特にホゾの組み合わせが悪くて不安だったりしますが、非常に軽いので、その点だけは大きなメリットと言えます。桐木枠はそのままキャンバスを張ると、特にサイズが大きいときは不安な感じがしますが、シナベニヤを貼ってパネルにすると、途端に立派で且つ軽いパネルが出来て桐材のメリットが生かされるような気がしているのですが、どうでしょう。まぁ、ここらへんは意見が別れそうですが、少なくとも支持体のメインは画布であり、パネルは補助的な役割と考えることにしましょう。

木枠とシナベニアは膠液で接着しています。
パネル
接着面は、予め膠液を塗って乾くのを待ち、その後に改めて膠液を塗ってから接着しています。予め前膠を施していないと、木材が膠液を吸収して接着剤不足となり、しっかり接着されません。できたパネルは、ベニヤを貼っているにもかかわらず、杉の木枠と同等か、もしかしたらまだ軽いかもしれません(同じサイズの杉木枠が手元にないので、実際に測ったわけではありませんが)。

さて、このパネルに生地キャンバスを貼るわけですが、どの生地を使おうかなぁと悩んでみます。

所有している生地キャンバスは、以下の通り。
パネル
クレサンジャパンから購入したベルギー製キャンバス、3種です。左からNo.014 絹目、No.012 細目、No.09中目となっていますが、中目が最も安く、絹目はかなり高額な商品です。絹目は非常に平滑で細密描写に向いているような気もしますが、フェルメールが当時の一般的な間隔の布を使っていたように、必ずしも細かい目の方が細密描写に適するとは断言できません。そして、膠での地塗りをしたときに平滑過ぎて剥がれないかと不安に感じることもあります。細目はこのサイズのキャンバスだと丁度良いように思います。中目より糸の感覚が狭いので、むしろ丈夫そうな気はしますが、布に厚みも感じて板に貼るにはどうかとも思いましたが、パネルはあくまで仮の存在で、布がメインだと考えるとこの方がいいでしょう。クレサンの中目は細目より糸の感覚が広いようで、後ろが透けて見えるような気さえするし、触った感じも柔らかくて、板に貼るにはむしろ最適な生地ではないかとも思います。テンペラ画などを描くために、天然木の板に布を貼って、厚く石膏ジェッソを塗って支持体を作るとしたら、クレサンの生地キャンバスの中で最も適しているのは中目であると私は思います。

いろいろ思案しましたが、今回は結局細目の生地キャンバスを貼ることにしました。で、いつもはパネルのサイズに合せて布をカットして、膠液でべたべたを貼っていくわけですが、今回は布目も綺麗に貼れるようにと、ひと工夫してみることにしました。

まず、ひとまわり大きな50号のキャンバスに亜麻生地を張ります。
パネル

張り終わったら、水引きします。お湯に若干の防腐剤を加えたものを刷毛で塗布します。
パネル
濡れると布は縮まるのですが、木枠に張っている為に、縮むことができずに、布の繊維が広がります。乾くと布は緩んで若干垂れるくらいに伸びています。生地からキャンバスを自作する場合、この水引きをやって、充分に布を伸ばしたのち、釘を抜いて張り直し、膠引きをします。この工程を省くと、膠が乾いた後に、布が凸凹になっていたりします。パネルに貼る場合は板に密着させて張るので、このようなことをしなくても、平らな面になるのですが、今回は念入りに布を伸ばしてみました。より綺麗に布が貼れるのではないかという期待もありまして。

こうして充分に伸ばした布をパネルに貼るわけですが、続きはまたいずれ書きたいと思います。

| 絵画材料 | 01:04 AM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: