徳間書店 プログラムポシェットについて
80年代中盤、プログラムポシェットという投稿プログラム掲載誌がありました。
プログラムポシェット
マイコン誌テクノポリスの別冊で、ムック形態での出版だった模様です。8bitパソコン全般を中心に、ファミリーベーシックやポケコンなど幅広い機種のプログラムを掲載していました。私が当時購入したのはNo.9~No.12で、隔月で発行されていたようです。残念ながら私がプログラム技術を身につける前にNo.12で休刊してしまったので、参戦する機会はないまま終わりました。いや、そもそもまだパソコン持ってなかったですね。まだ子供の頃の話です。プログラムポシェットは、かなりくだけた感じの楽しさ満載の誌面で、見ているだけで本当に楽しかったです。きっとパソコン持ってなくても、当時のことを知らなくても楽しいと思います。

これが目次です(画像をクリックすると大きくなります)。
プログラムポシェット
目次だけでも超楽しい雰囲気に満ちあふれています。何か嫌なことがあったら、これを見て和みたいくらいです。

現在はパソコンと言えばWindowsかマックですが、当時は各メーカーが独自規格のパソコンを乱立させている状態であり、各機種のプログラムが数本ずつ掲載されている感じでした。機種毎に特徴があって、それが完成したプログラムの個性にもなっていたものですが、プログラムポシェットでひときわ輝いていたのは今はシャープのX1(という機種)でした。
これがX1の目次。
プログラムポシェット
X1には、グラフィックを文字のように簡単に扱える機能が付いており、その為、短いプログラムでグラフィカルなゲームを作ることができました。
そこで、プログラムポシェットでは、X1のライバル機であるNECのPC-8801、及び富士通のFM-7シリーズでも、X1と同様の機能を実現するプログラムを開発・掲載していました。それがPF-Xです。
下がPF-Xの誌面です。
プログラムポシェット
このプログラムリストを打ち込んで実行すると、X1同様の機能が使えるようになるのです。その上で、何かゲームプログラムなど作り、実行するわけです。おかで、PC-8801ユーザーも、非常に短いプログラムで面白いゲームを開発できるようなったわけです。しかし、実際は、X1やMSXから移植に使われることがほとんどでした(当時は各機種で機能や言語の用法が違ったので、移植という作業をしないと他機種のゲームは遊べなかった)。

というわけで、こちらが、PC-8801とFM-7の目次です。
プログラムポシェット
X1同様のカラフルな雰囲気が伝わってくると思います。

かつて私がPC-8801で打ち込んだものがあったので、動画にしてみました。

今思うと、先ほどのプログラムの長さで実現したのですから、PF-Xはすごい機能であっとは思うのですが、やはりあれを打たねばどのゲームも遊べないというのは、PC-88とFM-7ユーザーにとってはハードルが高かったかもしれません。もしかしたら、これが雑誌の寿命の短さの一端になってしまったのではないか、と子供の頃の自分でも思っていたくらいです。

なお、私はPC-8801ユーザーだったわけですが、というか、正確には後にPC-8801ユーザーになるわけですが、PC-8801で発表されたゲームの中で最も気に入っていたのが、Let's農業というものでした(正確には前モデルであるPC-8001ですが、PC-8801に互換性があります)。
プログラムポシェット
これが誌面です。PC-8001のN-BASIC上のプログラムなので、PF-Xは使用していません。
プログラムポシェット
これは面白かったです。

PC-6001系も賑やかでした。
プログラムポシェット

個人的に最もプレイしてみたかったのはTPM.COさんのGodermというゲームでした。
プログラムポシェット
FM-7用だったので、私の機種ではできなかったのですが、どんなゲームだったんでしょう。
プログラムポシェット

さらっと跳ばしてしまいましたが、最も賑わっていたのがMSXでした。価格が安かったのでユーザー人口も多かったのでしょう。プログラムポシェットはNo.12で休刊となり、特に投稿数の多かったMSXの専門誌へと移行、他機種はテクノポリスの方で数回ほどプログラムポシェットコーナーが続いたあと終了したと記憶しています。

| ゲーム | 09:53 PM | comments (0) | trackback (0) |
決算作業を終えました。
私は一応法人経営者なので、毎年決算があります。という話を毎年書いているような気がしますが、今年もなんとか無事に終わりました。結果は今期赤字200万という感じですが、予想の範囲内であり、特に資金繰りに困っているということもなく、増えた債務の大半は自分が貸したものなので、誰かに怒られるということもないと思います。毎年頭を悩ますのが消費税の支払いですが、自社での雇用を最小限に留め、外注を中心に仕事をしていた為、自分のことろで支払う消費税が極端に少なくなっていました。え?こんなに少ないの?とか驚きました。
しかし、今後どうするかの展開は考えなければなりません。一応、昨年定款を変更し、目的事項に絵画教室やら画材の販売やら、映像制作、ソフトウェア制作など可能性のありそうなものを追加してあるので、何か面白いビジネスがありましたら、ご連絡頂ければと思います。そして、私はひたすら経費削減に努めます。もう何も残っていない焼け野原のように見えますが、FAXを撤去してしまおうと思いました。これはもう迷惑FAXだらけで、回線維持費とインク代がバカにならないので、回線毎廃止するか、仮想化するかわかりませんが、これはもう要らんなと思ってます。

| その他 | 09:13 PM | comments (0) | trackback (0) |
最近導入したデバイス
Creative USBオーディオ Sound Blaster Play! SB-PLAY
Sound Blaster Play! SB-PLAY
USB接続のサウンドデバイスです。鳥越氏との収録の際、私はノートパソコンを使ってスカイプに接続しているのですが、私の音声のノイズが酷いということで、パソコン本体の外側に音源を付けてみることに。こちらにステレオイヤホンとマイクを付けて収録していますが、無事ノイズは消えたようです。

LOGICOOL HDプロ ウェブカム C920
LOGICOOL HDプロ ウェブカム C920
私のカメラの画質が低く、せっかくの樹脂などの材料がよく映らないということで、鳥越氏がヤフオクで見つけてくれました。おかげで、フルHDの収録が可能となりました。現行の機種のc920rは、レンズの質が落ちるということで、旧モデルを探してくれました。なお、写真の状態は、100均で買ったミニ三脚が付いています。これで卓上の画材を捕らえているわけです。

KORG USB MIDIキーボード microKEY-61 マイクロキー 61鍵
KORG USB MIDIキーボード microKEY-61
ピアノ譜面入力が最近の趣味というか、気晴らしになっているのですが、マウスでポチポチと打つだけでは飽き足らず、MIDIキーボードでもやってみたいなと思って買いました。MicroKEYという名のとおり、通常のキーボードより鍵盤のサイズが小さめで、演奏には向きません。あくまで入力用です。ピアノ譜の入力がメインなので、鍵盤が多くないと不便というわけで、これにしてみました。非常にシンプルな製品で、なんとUSBからの電源だけで動きます。ヤフオクで中古を落札したのですが、新品で買うと十数万円相当のソフトウェアをダウンロードして使えるそうです。中古はそのライセンスが無くなっている場合が多いのですが、主に高級シンセサイザ音源などのソフトなので、ピアノ譜を入力するだけの私には無用かな、と思いまして。実際使ってみると、楽譜制作ソフトの場合は、音符などをマウスで選んでからMIDIキーボードで入力という感じになりがちで、もしかしたら効率はよくないかもしれないのですが、楽譜に対する精通度を高めたいと思っているので、効率とかはわりとどうでもよく、楽譜制作ソフトとMIDIキーボードで遊びながら慣れていこうと思っています。ちなみに、私はピアノを習ったことはないのですが、学生時代に大学の講堂にあったピアノをひたすら弾いていたことがありました。おかげで学業は疎かになりましたが、しかし、あのグランドピアノ、ものすごくいい音だったので、相当な値段のするものだったと思います。

| 家電・パソコン | 09:40 PM | comments (0) | trackback (0) |
加工油について語る動画シリーズ完結
油絵に使用する乾性油のうち、加工油と呼ばれるものについて語った動画のシリーズですが、8本目でようやく完結した模様です。

以下が再生リストになっているので、よかったらご覧頂ければと思います。



編集された鳥越さんはさぞかし大変だったことかと思いますが、しかし、この後は、マスチック、コーパル、ダンマルなどについて語った動画(いずれも長編)を収録済みで、まだまだ続きます。乾性油については持ち前の知識で語っているようなところがありましたが、樹脂に関しては、できる範囲でいろいろと調べ直して収録に挑んだので、すごく勉強になりました。

| 絵画材料 | 09:05 PM | comments (0) | trackback (0) |
車検を済ませる
ラクティス

3年前に購入したラクティスの1回目の車検でした。自賠責保険や重量税など合せて13万円弱ほどかかりました。24ヶ月点検パックを薦められ、無理に断るほどのこともないなと思って申し込だ為に割高になってしまいました。金かけるほどの車でもないのですが、まぁ、かつてベンツ使ってたころは1回の点検だけでこれくらい吹っ飛んでいたので、それに比べれば経済的と言えるでしょう。それより重量税ってなんだよ、何回税金取るんだよ、と言いたいです。

ラクティスはついに販売終了したらしく、TOYOTAのホームページからも消えました。後継車は1.0Lエンジンの2BOXトールワゴンになるそうです。1.5L以下の車なんて怖くて乗れないぞ、と3年前は思ってたんですが、今になってみると、1.0リッターで充分かもしれないと思わないでも無いです。う~ん、どうなんだろう。ラクティスとよく似た日産のノートも1.2Lエンジンというだけで敬遠していたのですが。パソコンのCPUもceleronで充分であり消費電力も少なくて経済的みたいな流れになっているので、時代がそんな感じなのでしょう。

しかしながら1.5Lのラクティスは個人的には気に入っております。何しろ大人4人乗せても、山奥の急な山道を余裕で登っていくし、年に数回大雪が降る日があるのですが、スタックしたこともないし、大雪の国道をガンガン跳ばして走ることができます(これは止めた方がいいですけど)、これはまぁ、コンパクトカーに1.5Lエンジンなので多少余裕があるのと、タイヤが大きいから(16インチホイール)なんでしょう。普通のコンパクトカーのスポーツモデルっぽいところがあります。他のコンパクトカーと比べて割高だったのが人気出なかった理由かと思いますが、1.5Lモデルで比較するとむしろ安かったのですが、まぁ、そんなことほとんど人は気にしないか。。

あと、同クラスのコンパクトカートくらべると、室内がものすごく広く感じます。デカい車に乗っている気分になります。天上が高いから、なんでしょうけれども、初代ラクティスよりは若干全高を低くしてあるので、高速道路を走った際の安定度なども、そんなに悪くありません。視線がちょっと高くなる為、大雨の夜なども、道路状況がよく見えて、悪天候下での運転しやすい。最近はフォグランプ点灯する人が多くて、雨の夜の道路が反射光でごちゃごちゃしてしまうのですが、ちょっと視線が高くなるとそれも緩和されます。

欠点はタイヤが高いという点でしょうか。タイヤだけはベンツの時と変わらない金額です。でもまぁ、特に大きな故障などなければ、12年は乗りたいところです。で、次に買うことがあれば、リッターカーでいいかな、と。

| 家電・パソコン | 01:21 PM | comments (2) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: