筆51本購入
笹部洋画材料店のwebショップ(http://www.sasabegazai.co.jp/index.html)で、たいへん安く筆が買えるという話を聞いたので、さっそく購入してみました。送料もかかることだしということで、51本注文しました。送料含めて¥10,019でした。確かに安いと言えるでしょう。もう一回同じ物注文してもいいかな、と思うくらいです。
筆
安いと質が悪いのではないかと心配になるところですが、この安さなら何かあっても、まぁそんなものかなと納得できる金額です。安い筆を買って、毛が抜けまくってまともに描けなかったという経験もあったので、そこは多少覚悟はしていましたが、さっそく豚毛の筆を2本ほど使いましたが、今のところ何のトラブルもありません。普通に使えます。

| 絵画材料 | 12:22 AM | comments (0) | trackback (0) |
東プレのキーボードを掃除してみた(グロ注意)
年末から大掃除を続けておりますが、まだ終わっていません。しかし、キリがないのでもう終りということにしたいと思いますが、仕上げとして、メインマシンのキーボードとして使っている東プレのRealforce108UHを掃除しておきたいと思います。
このキーボード、6年前に購入したものです。
東プレのキーボードRealforce108UHを掃除する
参考:東プレのキーボードRealforce108UHを買ってみた(http://www.cad-red.com/blog/jpn/index.php?e=851)
Amazonで¥16,665ほどしたものですが、本当に使いやすいキーボードです。

さて、そんなRealforce108UHですが、遠目ではさほどわかりませんが、近づいてみると、非常にグロテスクな汚れ方をしております。
東プレのキーボードRealforce108UHを掃除する
これ以降、さらにおぞましい画像が出てくるので、見たくない人はブラウザを閉じてください。
普段はエアダスターや刷毛などを使って隙間のゴミを取り除くくらいのですが、キーも非常に汚くなってきているし、一度キートップを全部外して綺麗にしておこうと考えました。
これがキートップを外す道具。amazonで買いました。
東プレのキーボードRealforce108UHを掃除する
ちなみに、キーを外す前に、デジカメでキーボード全体の写真を撮っておきましょう。後ではめ直すとき役立ちます。

予想はしてましたが、ちょっと外しただけで既に非常に汚いです。
東プレのキーボードRealforce108UHを掃除する
主にクッキーやスナック類の欠片だと思われます。

全部外しました。
東プレのキーボードRealforce108UHを掃除する
気持ち悪いです。閲覧注意と言えるでしょう。これを清掃しなければならないのですが、その前に・・・

キートップを集めて洗剤を入れた水にしばらく浸けておくことしました。
東プレのキーボードRealforce108UHを掃除する
汚れがふやけた頃に一個一個、スポンジで手洗いします。

刷毛で擦ってみましたが、埃や人毛などのゴミが癒着してうまく取れません。
東プレのキーボードRealforce108UHを掃除する
掃除機を使いつつ、刷毛などで擦り落とします。
東プレのキーボードRealforce108UHを掃除する
赤い染みが一面に広がっていますが、これはなんと錆でした。カップラーメンの汁とか塩分多そうだし、味の濃いものは酸性度高そうだし、金属を錆させるのでしょう。
東プレのキーボードRealforce108UHを掃除する
サビ落とし、さび止め剤など使ってみたものの、ほとんど効果なし。錆で癒着したゴミなどをせっせと取り除いてあとは諦めることしました。表面の錆を無理に落としても、その下の金属が錆びるだけかもしれませんので、むしろ放っておいた方がいいのかもしれません。いずれにしても、ものすごく汚いと思われていたものの大半はただの酸化鉄だったというわけで、さほど不潔なものではなかったということです。

ここまで来たところで、カバーが簡単に取り外せることに気が付く。
東プレのキーボードRealforce108UHを掃除する
これも洗剤で綺麗に洗いました。

さて、洗ったキートップを乾燥させたのち、再びはめ戻してゆきます。
東プレのキーボードRealforce108UHを掃除する
予めデジカメで撮っておいた写真を参照しつつ、キーをはめてゆきますが、これは非常に楽しい作業です。キーボードの工場で、こういう作業をする作業員とか、きっと要るんでしょうね。工場勤務は大変そうですが、これをはめる作業なら夢中になっているうちに勤務時間が過ぎそうな気がします。

というわけで、無事に清掃が終わりました。
東プレのキーボードRealforce108UHを掃除する
新品並の綺麗さになりました。キーボードが非常に眩しいです。キートップ、一個くらい無くすんじゃないかと心配していましたが、そんなこともなく、そして動作確認も無事終わってほっとしました。6年使ったキーボードですが、あと2年は動いてくれたらなと期待しています。

| 家電・パソコン | 08:06 PM | comments (2) | trackback (0) |
最近買った静物画用のモチーフ
最近買った、というか去年買った品々を紹介したいと思います。

金属製ポットセット
モチーフ
ちまちま落札するのが面倒になったので、セット品を買ってみましたが、考えてみたらこんなに要らなかったです。8000円でした。

赤い革
モチーフ
テーブルに敷いたら格好良さそうな大きなレザーです。送料込みで5000円くらいしました。
テーブルに布敷くというのはありきたりなので、革を敷いてみたいかなと前々から思っておりまして。

18世紀の総革本
モチーフ
何が書かれてあるのかは全くわかりませんが、外見はいい感じだと思います。送料込みで4000円くらい。

モチーフ
閉じた本を描くのもいいですが、開いた状態のもなんとかならないかなと模索中です。

ブドウ
モチーフ
二ヶ月前に買って、そのまま忘れていましたが、ふと気が付いたら、買ったときのままの状態であり、腐りもせず、虫も付かずで、逆にちょっと怖いですね。ちなみに、自分で育てたブドウは、放置するとすぐに虫がが飛び回ったり、発酵するというか、腐るというか、酵母菌が活発というか、いろいろすごいのですが。

他にも欲しいものはいろいろあるのですが、今はできるだけ控えておきたいと思います。今年のテーマは在る物を使う、という具合でいきたいと考えています。言い換えれば、既に持っているものを消化していくように努めたい、ということなります。お酒もできるだけ買わずに、家にあるものを飲む、とか。

| 絵画制作 | 10:21 PM | comments (0) | trackback (0) |
車レビュー動画
私自身は3年前に購入したトヨタ・ラクティスに当分は乗り続けることになると思いますが、新しい車種が出たりするとついつい気になって、youtubeでレビュー動画を見たりしています。プロの自動車ジャーナリストの動画で見ていて気持ちが良いのが熊倉重春さんのレビューです。モータージャーナリストの方の動画は拘りがありすぎる為か、一般人の感覚と違うような気がして共感しずらい部分もあるのですが、熊倉さんの解説はとても客観的です。例えば↓の動画ですが、カローラを買うような層の視点から評価しており大変参考になります。私が車を解説するということはまずないと思いますが、仮に画材を解説するとして、このような客観性を心がけたいと日々参考にしております。
■トヨタ・カローラアクシオ 試乗インプレッション 車両紹介編

カローラアクシオ、実は性能や機能の割に非常に安いです。コンパクトカーと同じくらいの価格でしっかりしたセダンタイプの車が買えるので、大変お薦めです。これに乗っていたら、世間の誰もがちゃんとした大人の男性だと認識してくれることでしょう。ただし現行モデルでは、後部座席を折りたたんでトランクに長い荷物を積めるようにする機能が全グレードで廃止された模様であり、大きな絵画や板材などを運ぶことができませんから、画家の方々には残念ながらお薦めできません。
ちなみに、トヨタ公式のカローラアクシオのカラーバリエーション動画が非常に格好いいです。

普通過ぎる車種ということもあって、あまり話題になりませんが、この動画めちゃくちゃ気に入っています。私も、キャンバスや角材などを運ぶことがなければ、絶対にこの車を買いたいところでした。

熊倉さん以外のモータジャーナリストの動画はあんまり見ておらず、ふつうのユーチューバー?っぽい人の動画を見ることが多いです。
最近よく見るのはおつぽんさんの動画。↓は、我がラクティスの後継車として登場したトヨタ・タンクです。
■トヨタ 新型タンク カスタム 4WD 試乗してきたよ!( ^ ^ )/

これが発表されたときは、この偽ソリオみたいなのがラクティスの後継車なのか!と正直かなりガッカリしたものですが、この動画を見ると、これも悪くないかなって気分になってきます。視界がすごく良さそうですね。
↓普通車から、スポーツカー、スーパーカー、高級車まで乗ってらっしゃいますが、最近センチュリーの動画が上がっていました。
■1250万円!「トヨタ センチュリー」に試乗してきたよ!( ^ ^ )/ 総理大臣公用車!

数千万円するスーパーカーも多々ありますが、たぶんブランドに払ってる金額も多いと思うので、このような車こそが、ガチで1250万円の価格が費やされているハードウェアなんだろうと思います。

あとは、ただの車載カメラ動画みたいなのもよく見ます。↓
ヘアピンカーブのある峠を走る  (デミオディーゼル)

私もそのうちカメラを付けてドライブ動画を撮ってみたいと思っており、手頃な車載用カメラスタンドを探しているところです。

しかし、いろいろ見てきましたが、↓の車種こそが男の中の男が乗る車であろうと思います。

なんでこんなにBGMが壮大なんでしょうか?

| 家電・パソコン | 01:54 AM | comments (0) | trackback (0) |
カウリコーパルをエタノールに溶かしてみた
昨年から度々話題にしておりましたカウリコーパルですが、アルコールに溶かしてみることにしました。

50g購入していたのですが、そのうち37gを使用することに。
カウリコーパル

ちょっと姿の格好良い塊を撮影用サンプルに残しておくことします。
カウリコーパル

無水エタノール111gにカウリコーパル37gを入れて溶解させます。重量比で樹脂1に溶剤3の割合となります。
カウリコーパル

半化石樹脂のコーパルなら、現生コーパルよりも溶解に時間がかかるかと思いきや、あっさりと溶解しました。
カウリコーパル

ときどき瓶を揺すりつつ見守りましたが、2日後には瓶底の方まで溶けておりました。
カウリコーパル
2日かかるというわけではなくて、底の方に樹脂が溜まってエタノールに触れにくくなっているところの溶解が遅れただけで、ちゃんとかき混ぜていれば、半日もあれば充分だったのでしょう。途中の段階では、もっとエタノールの割合を増やさねばならないかと思ったのですが、後に使用した感じではこれ以上薄めるとニスの強度が下がるのではないかと思います。むしろ1:2に近づけた方がいいかもしれません。どこまで濃く出来るかはわかりませんし、濃すぎても今度は塗りむらの原因にもなりますから、加減は難しいところです。

で、板に塗ってみることします。ちょうど、本棚を作っていたところだったので、その板のニスにしてみます。ちょっともったいないですけど。
カウリコーパル
3層ほど塗ったところですが、琥珀風の色味になっているような気がして、ちょっと嬉しくなります。が、これは主に板表面の屈折率の上昇により、素材の色が強調された面もあって、カウリコーパルの色と断定できるものではありません。

比較としてマニラコーパルも使ってみます。
カウリコーパル
同じ割合で溶かしてみました。

カウリよりずっと白い。もしかしたらアロマショップで売られているホワイトコーパルというのは、この樹脂のことなのだろうか。
カウリコーパル

左はカウリ、右はマニラ
カウリコーパル
これは透明なニスになる違いない。

しかし、板に塗ってもよくわからないです。
カウリコーパル
完成した本棚ですが、向かって右側の棚をカウリコーパルで塗っており、左側がマニラコーパルで塗ってあるのですが、塗った本人ですら違いがわからないのですから、第三者が見ても全く気が付かないと思います。オレンジシェラックと透明シェラックの場合は、1、2層塗っただけでも明らかに違いがわかったのですが、そこまでの色素ではなかったか。塗布サンプルを作ろうと思っていたのですが、この時点でやる気がなくなりました。強度的にはちょっと気になった点としては、板が擦れたりした部分が容易に剥がれてしまったのが、気になるのといえば気になりますが、アルコールの量が多かったのか、それとも塗ってすぐに組み立てたから、それとも3回しか塗っていないからか判定しかねるところですが、様子を見ようと思います。あけましておめでとうございます。

| 絵画材料 | 05:27 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: