超解読!はじめてのカント『純粋理性批判』
私もかつて学生時代に哲学書を読もうと試みたことがありましたが、難解な本が多くて挫折したものです。けっこう、かなりに熱意を持って理解しようとしてみたはずではあったのですが・・・。一昔前の解説書、入門書は酷いものが多かったと思います。いいものもありましたが、大半はそれはそれはもう・・・。そして、原書も今思うと単に難解だったというより、どうも翻訳も無駄に読みにくい感じに訳してしまう傾向があったように思います。それを差し引いても哲学書は一般的に難解で、そして分量も多いというのが常ですが、そもそも哲学書は優れた講師の授業とセットで成り立つものなのかもしれません。日本だと、哲学専攻でない限りは、偶然そういう講義を受講できた場合に出会えるという類いのものと言えるでしょう。けれどもやはり洋画専攻としては、西洋人的には西洋哲学はベースの教養としてあるのだろうな、という面もいろいろ感じることがあるわけで、教養としても捨て置けないところあるのではないかという気はします。まぁ、私としては存在論に関心が高くて興味津々だったわけですが。

哲学入門にはよい導き手が絶対不可欠であろうと思います。しかして、最近の哲学入門書は非常に解りやすくなっているということに気が付いてここにきていろいろ読みあさっています。もちろん今でも駄目な入門書はいっぱいあります。特にマンガ化系は総じてちょっとどうかなというのが多かったです。酷いときには書物の内容では無くて、ほとんど著者の人生を描いただけみたいなものもあり、伝記マンガとして売るならともかく、書物をマンガ化したと騙って売られているので注意して欲しいところです。かりにコンパクトにまとめられていたとしても、哲学書の場合はあまり簡単にわかるようにしてもいけないところがあります。結論も大事ですが、そこに至るまでの工程とか考えみたいなものも非常に重要な役割を果たしているものなので、大著をそれなりに追っていく感じも必要かと思います。というわけで、最近買ったの中で特によかったのが、竹田青嗣(著)超解読!はじめてのカント『純粋理性批判』です。難易度のバランスが最高と言えるでしょう。というようなことは、素人の私に判断できることではないのですが、でも書評を見てもそんな感じです。こうやって触れてみると、カントの方はけっこう明快な理論ですよね。たぶん昔からある訳語のせいで損している部分もあるかと思います。内容を簡単に言えば、物が存在するといういかなることか、存在の原因となる絶対者は居るのか、そのような存在論の重要なテーマを人間の認識力で理解することができるのか、論じることが、あるいは証明することが可能なのか、ということを検証するというか、言い換えると何処までが人間の認識が扱える範囲かというの検証している、という感じの内容ですが、その工程とか結論には同意できるところとそうでないところかいろいろあるかと思います。しかし、後の世からこうしてみると、その後の存在論の展開とかどばっと出てきそうな感じになってるような気がするのは気のせいでしょうか。他にもいろいろい買っているので、徐々にレビューしていきたいところですが、同時にやはり存在論について私見も述べていきたいと思います。私は別にそんなことを述べる程の人物ではないのですが、しかし、常々思うのですが、日本の洋画家に限れば、存在の驚異を描けているのは岸田劉生ただひとりなのではないか、という持論について検証していきたいところです。



| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 11:36 PM | comments (0) | trackback (0) |
冬タイヤのプラットホームサイン露出
前輪の左タイヤのプラットホームサインが露出しました。
冬タイヤ
我がラクティス、購入してもう4年が経とうとしていますが、冬タイヤの溝がだいぶ減り、もはや冬タイヤとしての機能は果たせなくなっているので、もういいやという感じで交換せずに夏タイヤとして履いたまま使っています。4シーズン保ったので、こんなものだろうかなというところです。

タイヤの溝には、スリップサインというのがあって、溝が減ってきて、それら露出しそうな頃合いが交換時期の目安になっています。冬タイヤには、2種類のサインがあって、プラットフォームというのが露出したら、冬タイヤとしての機能を終えますが、その後スリップサインが露出するまでは夏タイヤとして使うことも想定されているらしい。ただし、ゴムの性質などが関係するのか、夏は夏タイヤの方が向いているので、履きつぶすとかの理由がない限り、夏は夏用にタイヤにした方がいいというの一般論です。例えば、雨の日の路面ではスタッドレスの方が滑りやすいとかいいますし。冬タイヤの溝は非常に深いので、プラットフォームサインが露出したとにスリップサインが出てくるまで夏タイヤとしてなら何年かわかりませんが、かなり長く使えそうにも見えるのですが、私としては今シーズンだけ夏の間これを使ってようかな、というぐらいに考えています。

ところで、タイヤは四輪全てが同じように溝が減っていくわけではなくて、一般的に前輪の方が早く摩耗するようです。エンジンとかフロントに積んでいて運転者も前席に乗っていて、重量バランスが前に来ているのと、前輪駆動車が多い、ハンドルを切ったりするのも前輪などの理由なのでしょう。それはわかりますが、さらに左右でも溝の減り方が違います。私の車の場合は左前輪の減りが早いようです。これはきっとコリオリの法則の為であるに違いありません。というのは嘘ですが。考えてみましょう。まず、運転席が右側に座っているので、普段かなり重心が右に寄っているために、左右で減りが変わってくる。とくにカーブする際に低重心の方が滑るのか? 日本は左側通行なので、どうもその辺で左タイヤの方が回転が速かったり、滑って摩耗したりする場面が多くなる傾向もあるとか。左側が道路の外側になるので、狭い道路で交差する際に、側溝の上など悪い路面を走る機会が多いから、などといろいろ推理してみましたが、まぁ、複合的な理由でありましょう。というわけで、タイヤを交換する際は溝の深さを確認して、ローテーションさせながら、使っていくわけです。ただ、難しい問題もあります。同一タイヤにおいても、車の中心から外側と内側で減りが変わるようです。タイヤの空気圧などの条件で変わりますが、どうも外側の方が減りが早いようです。高級なタイヤだと、回転するべき方向が決まっていたりすることもありますが、並のタイヤだとそういうのはないので、四輪を跨いでうまくローテーションするわけですが、いくらローテーションしても、ホイールも外してローテーションしないと、この差は解消されてないわけです。スリップサインはタイヤの真ん中にあることが多いのですが、プラットホームサインの方はどちらかに寄っていることが多いので、外側の方にプラットホームサインがいってる側のタイヤは、その部分の減りが早くなっており、そこを見ている限りでは早く減っているように見えるが、実際は反対側のタイヤとさほど変わりないということも考えられます。さすがに、そんな細かいことまではどうでもいいんですが。

| 家電・パソコン | 08:46 PM | comments (0) | trackback (0) |
薔薇の名前について語る動画の第3弾、写本制作の動画やらいろいろ
映画『薔薇の名前』について語る動画の第3弾です。


動画内で紹介しているMedieval Craftsmen Scribes and Illuminatorsという本ですが、これは非常によい本です。是非お手元に一冊ということですが、これはMedieval Craftsmenというシリーズの一冊で、他にもいろいろな職人のものが出版されています。Painters (Medieval Craftsmen)は中世の画家について。Glass-Paintersはステンドグラス?、Masons and Sculptorsは石工と彫刻家について。なお石工は建築家といえるでしょう。大聖堂などの石の建築は石工が経歴のスタートだったいうのを読んだ気がするのですが。他に、Medieval GoldsmithsEmbroiderersなどいろいろありましたが、これらの半分くらいは入手したものの、読む時間がない。時間がないというのは言い訳に過ぎませんので読まねば。

写本制作に関しては以下の動画がたいへん参考になります。素晴らしいです。

英語ですが、私ですら聞き取れるので、たぶんそれほど大きな困難はないと思います。
まずは羊皮紙の作り方から始まります。石灰水に浸けたりして処理したものを特別なナイフで毛や余分なものをそぎ落とし、またその間、枠に張って引っ張っていたりなど、しっかり映像化されております。羽ペンの作り方も紹介されています。鳥の羽を熱した砂に入れて固くして、それからナイフで形を作ります。なお、この映像を見て私もやってみましたが、いきなりはうまくいきませんでした。一応ちょっとは文字など書けましたが、すぐに駄目になってしまったのですが。インクはオークの虫瘤によるタンニンのインクについても一応触れられていますが、映像で使っているのはランプブラックのインクのようです。という具合で、写本制作について語られていきます。

ゴシック期、あるいはロマネスクもそうだと思いますが、彫刻に派手な色が塗られていたという話を動画でしておりますが、イメージとしては以下のブログの記事が参考になるかと思います。
http://coutances.blog62.fc2.com/blog-entry-5.html
夜に彫刻をライトアップして、彩色されていた状態を再現するイベントっぽいです。

| 映画 | 01:18 AM | comments (0) | trackback (0) |
中世とアリストテレスについて考えてみる
映画を紹介する動画 『薔薇の名前』 その2
#1の続きです。



さて、動画の中でもいろいろ語っておりますが、この映画、ある程度、中世に関する予備知識がないとよくわからないと思います。特に最後のオチはいったい何だよと思うかも知れません。なので、私ができる範囲で説明してみたいと思います。補足したいことも多々ありますので。

中世の初期から中期においては、文化の担い手は修道院でした。やがて都市が勃興し、技術は都市の職人へ、学問は大学へと主役的な役割が移行していきますが、映画の時代はもうすでにかなり移行してしまったという時代でしょう。テオフィルスが修道士だったのに対し、チェンニーニが職人だったのもそれを物語っているような気がします。映画において最後に大図書館が燃えてしまうのも、それを象徴していると言えます。大量の書物が燃えてしまってなんというもったいなことだろうと思ってしまいますが、もしかしたらその役割を終えたのかもしれません。

この物語でキーとなるのがアリストテレスの書です。その内容を巡って連続殺人事件が発生するわけですが、中世におけるアリストテレスの重要度がわかっていないと、きっと意味不明な結末と思われてしまうことでしょう。この時代、アリストテレスは非常に重要な存在でした。哲学、神学、自然科学などの学問においては、聖書と並ぶぐらいの存在感があったと言えます。それをちょっと手短に説明してみたいと思います。古典古代から中世の哲学の考え方として特徴的なのは、現実の世界の上位に普遍的な何かがあって、キリスト的にはそれは神ですが、それについて考察するのが学問といえました。プラトンのイデア思想をさらに特化した、現在では新プラトン主義と呼ばれる考え方と、キリスト教が結びついたという感じでしょうか。そのような考え方を通して、現実の物質や現象などについても考察を深めてゆくわけですが、現代人からみると自然科学のようなものはまるで進展しないように見えます。

一方、中世初期にはアリストテレスの本はヨーロッパにはほとんど伝わっていませんでした。アリストテレスはアラビアの方に伝わってイスラム勢力圏で盛んに研究されます。やがて、十字軍の往き来などで、アリストテレスとプトレマイオスが(アラビアから翻訳で)西洋に再び知られるようになります。これが12世紀ルネサンスというものです。アメリカの歴史家ハスキンズが提唱、著書『12世紀ルネサンス』という本に書かれています。日本語訳が出ていますが、日本人の著者が書いた伊東俊太郎(著)『十二世紀ルネサンス』(講談社学術文庫)が、入手しやすく、その後の成果もフィードバックされているので、こちらでもよろしいかと思います。15世紀の盛期イタリアルネサンスの前に、古代の哲学書が復興するという、ルネサンスがあったわけです。ギリシア・ローマの古典文化の書物の数々が翻訳され、文献的に古典復興が起こりました。大翻訳時代とも言われます。映画で最初に殺されるのもギリシア語翻訳家です。キーパーソンである盲目の老人はイベリア半島から来たという設定になっていたと思います(ちなみに、文書作成の下地としてはカール大帝の頃にカロリングルネサンスというのもありますが)。中世哲学の発展や考え方については、八木雄二(著)『神を哲学した中世 ヨーロッパ精神の源流』 (新潮選書) という本がお薦めの書と言えます。

アリストテレスはプラトンのイデア論とは違って、現実の物質について考える傾向があり、場合によっては、近代的な自然科学の発達を促した可能性もあるのですが、中世ヨーロッパの大学や修道院ではその違いはあまり伝わらず、専ら哲学する為(普遍について考える為)の道具として使われたようです。哲学ツールとして非常に優れていたようで(この件に関しては私の手には負えませんが)、深く考察するという面については深化して、たぶんその後の西洋哲学のベースになったのだと思われます。というわけで、大学や修道院では現代人が思うような自然科学、実験や追試をくり返すような自然科学には至らなかったのですが、チェンニーニなど、中世の職人による技法書を見ると(あるいは修道院でもテオフィルスのような役割の人の書を見ると)、仕事をする上で化学実験に近いことが日々くり返されるわけで、やがて職人階級において突出した成果が現れます。それに関しては山本義隆(著)『一六世紀文化革命 1』などが面白いので、合せて読んでみるといいんではないかと思います。

| 映画 | 04:25 AM | comments (0) | trackback (0) |
映画を紹介する動画 『薔薇の名前』 その1
美術に関する映画を紹介しようという動画を作ってみました。最初に取りあげたのは『薔薇の名前』です。


--
THE NAME OF THE ROSE (仏・伊・西独/1986) ヨーロッパに異端審問の嵐が吹き荒れている1327年、北イタリアのベネディクト修道院に会議の準備のためにバスカビルのウィリアムと見習い修道士メルクのアドソがやって来る。だが、修道院に着いた二人を待ち受けていたのは、不可解な殺人事件だった。文書館で挿絵師として働く若い修道士が謎の死を遂げ、それに続いて、ギリシャ語の翻訳を仕事とする修道士が殺されたのだ。ウィリアムは事件の究明に乗り出し、この事件が文書庫と関係があるとにらむが…。イタリアの記号学者ウンベルト・エーコの描くメタファーと引用に散りばめられた、知の迷宮世界を映画化した中世ミステリーの佳作。
--

グーテンベルクの活版印刷術発明発明以前の話です。写本と言われる手で筆写する本が多数出てくるのですが、中には豪華な装飾が施された写本がいくつも登場するということで、美術的にも面白い映画です。映画の設定年代は1327年、テオフィルスの技法書(テオフィルス「さまざまの技能について」)とチェンニーニの技法書(チェンニーニ「絵画術の書」)の間くらいでしょうか。修道士テオフィルスが活躍したのが、おそらく11世紀末から12世紀初頭、チェンニーニの絵画技術書が書かれたのは1400年頃、しかし書かれている技術はジョットから連なる工房で、以前から引き継がれていたものだと思われます。ジョットの没年は1337年なので、彼の活躍した時期と被っています。装飾写本というのは非常に大事です。
我々は美術館の壁にかかっている額縁に入った絵画や、イタリアの礼拝堂の壁画などにばかり目がいった状態で美術の歴史、あるいは絵画の歴史を俯瞰しがちですが、忘れてならないのが、写本装飾の細密画です。いや、挙げていけば、厳密にはもっと他にもいろいろあるのですが、まぁとりあえずそのひとつということで。絵画の様式の変遷で、何か空白がありそうだとか、いきなりなんでこんな完成度の高い様式が出てきたのだろうかと思うとき、写本の細密画にも目を向けてみたいところです。というか、中世ではむしろ写本の方が主役じゃね?的な感じかもしれません。ということで、そんな写本に興味を持つきっかけになるかもしれない映画ですので、未見でしたらご覧になってみてください。

なお、写本に興味を持つだけでしたら、ただ見ているだけでもなんとなく面白いかと思いますが、内容を理解しようとなると、中世に関する予備知識がある程度必要になってきます。というわけで、この動画の続きでは、その点について語っていきたいと思います。

| 映画 | 07:33 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: