油絵具の白についての動画
油絵具の白について鳥越さんと二人で大いに解説する動画を作成しました。
まず、第1弾は油彩画の代表的な白である、シルバーホワイト、ジンクホワイト、チタニウムホワイトなどの違いについて語っています。

ホワイト、特に鉛白については語り出すとキリがないのですが、2年ほど前に一度収録してみたものの、あまりにも取り留めのない感じなってしまったので、公開はしないことにした経緯がありましたが、今回はホワイトの基本を優しく説明しようと申し合わせて撮ったものの、ちょっと難しくなったので、リテイクして現状のようになりました。

そして続いて第2弾

国内絵具メーカーの油彩用ホワイトの中身(組成)を検証します。鳥越さん制作の一覧表を眺めつつ、各社のホワイト絵具がどのような顔料、及び展色材を試用しているか確認します。ただし、国内メーカーの絵具はほとんど絵具名と組成が一緒で有り、たいへんわかりやすい状況となっております。名称通りということを確認するかのような動画となっております。

第3弾

海外絵具メーカーのホワイトの中身について、鳥越さんが一覧表を見ながら解説します。海外メーカーのホワイト絵具の名前はほぼ慣例名となっており、もはや顔料とは何の関係もない状況なので、こちらの一覧表はたいへん有用かと思われます。シルバーホワイトという名称自体が日本独特のものらしく、欧州ではフレークホワイトやクレムニッツホワイトなどの名称が一般的なのですが、中身がなんであるかは全くわからないというか、ほとんど法則性もありません。また、今回の表も数年後には全く通用しなくなっているかもしれません。

もっとも、本ブログを閲覧の皆様方におかれましては、この辺の知識は既にお持ちの方も多々おられるかとは思いますが、本動画群はさらなる野望である、スタック法鉛白の製法についての動画の序章でもあり、この後にいろいろと続く予定なのですが、うまく続くかどうかはなかなか不安なところです。

| 絵画材料 | 10:57 PM | comments (0) | trackback (0) |
インマゼール指揮/アニマ・エテルナ ベートーヴェン交響曲全集購入
インマゼール指揮/アニマ・エテルナによるベートーヴェン交響曲全集を購入しました。Amazonのダウンロード販売で。
実はあまり詳しくないのですが、アニマ・エテルナはベルギーの古楽器楽団だそうです。インマゼールについても実は全く知らなかったのですが、先日モーツァルトの後期三大交響曲のCDを購入してみたら、すっかり気に入ってしまったので、ベートーヴェンの方も買ってみた次第です。甚だ勉強不足ではありますが、一通り聴いてみたコメントを述べてみたいと思います。

全体的な傾向としては、他の古楽器演奏と似たところはありますが、管楽器と打楽器の音が大きく聞こえて、より小編成な雰囲気がすると思います(実際はどうなのかはわかりませんが)。各曲の印象を述べますと、まずは第1番は古楽器らしい演奏で、この曲の魅力が引き立っている感じ好印象です。第2番はとてもいいです。全曲中最も気に入っています。特に第1楽章が素晴らしい。なんというか、細部までメリハリというかキレのある演奏であり、どこをとっても生き生きした活力に溢れる感じであり、転調する部分は瞬間的な悲しみも感じます。これはベストと言ってよろしいでしょう。第3番「英雄」ですが、これはちょっと打楽器の音が大き過ぎて、太鼓乱舞みたいな感じがして今のところ慣れないところがあります。なんでそんなボコボコ叩くのかと。ただし、こういうのは録音というかCD化の際にも変わると思うので実際はどうかはわかりませんが、とりあえずこの音源は落ち着いて聴きづらいところがあります。第4番、これも第1番と同じくいい感じだと思います。第5番「運命」これは古楽器演奏の中ではなかなか突出していい録音ではないでしょうか。古楽器の運命は迫力に欠けるところがあって、特にフィナーレの勢いが感じられなかったりすので、今までそれほど気に入ったCDは無かったのですが、これはなかなか鬼気迫るものがあります。古楽器演奏の録音では今のところ一番お薦めです。第6番「田園」はどんな演奏で聴いてもそれなり感動的なものですが、本録音は管楽器が前面に出ているように感じます。特に最終楽章の感動は、他の演奏が弦で味わうというなら、こちらは管で味わうという感じです。第7番ですが、これはガーディナーの録音と非常によく似ています。どっちもいい演奏だと思います。第8番はガーディナーの演奏を気に入り過ぎており、特に強い印象は今のところ感じでおりません。第九ですが、これだけちょっと変わった演奏に聞こえるような気がします。古楽器演奏ではあまりみないくらいテンポがゆったりしており、と言っても従来の第九と比較したら普通かもしれませんが、私としてはちょっと間延びしてしまったような印象を受けるのですが、どうでしょう。

実は勢いで同指揮者/オケのベートーヴェンのピアノ協奏曲全集+ヴァイオリン協奏曲CD3枚組も買ってしまいました。他のピアノ協奏曲全集と違うのはヴァイオリン協奏曲まで収録されているという点がお得感があるところでしょうか。おかげで丁度6曲になり、3枚組のCDに収まりがいいという感じです。1、2、3番はけっこう清明な感じで良いCDです。4番は比較対象の名盤も多く、ちょっとまだ考えがまとりません。皇帝はなかなかいい感じです。私は大編成の皇帝があまり好きではないので、小編成の颯爽とした演奏だとやはりいいなと思います。ガーディナーの方が、堂々とした序奏、颯爽としたメリハリのある第1主題、そして短調で始まる第2主題からそれが長調へと変わるという一連の変化の繋がりが素晴らしく、それと比較すると出だしが物足りないかなという感じがしないでもない、というところでしょうか。

| 音楽 | 12:26 AM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: