集英社版『日本の歴史(5)平安建都』読了
車検を終えました。我がラクティスは新車で買って7年乗ったことになります。法定費用と2年のメンテナンスパック含めて約12万円でありました。先日3万円でバッテリー交換してので、15万なのかもしれませんが。現在片道1時間の通勤をしておりますので、フル活用している状況です。できればあと5~6年は使いたいところですが、そろそろ次の車をどうしようか考えなければならないところですが、パッソみたいなリッターカーでよろしかろうかな、と思っているところです。必要最低限の性能でいこうかなと。しかし、まだしばらくは1500ccのラクティスで若干の余裕をもってドライブできるのを愉しみたいところです。それにしても、先日購入したチェリビダッケの49枚組CDは素晴らしい。今は冒頭の古典派交響曲が中心に聴いておりますが、非常にゆっくりした演奏にもかかわらず、現代のピリオド演奏に比べて提示部の繰り返しが少ないのか、全体の演奏時間は長くなかったりします。繰り返しを省略すると、ソナタ形式の全体像がよく見えるような感じになって、むしろ好ましいと言えます。個人的嗜好としてはピリオド奏法の方が好みなのですが、繰り返しが多くてかえって冗長になり、ソナタ形式の良さが発揮されてないのではないか、という気もします。が、いずれにしてもチェリビダッケはいずれの曲でも聴いていて大変心地よく、そして要所はたいへん感動的であります。これが49枚もあるとは。

それにしても、ここしばらくは猛暑の為に、なんだかとても疲れて、暑さをしのぐだけで精一杯でありました。気温が高いというだけで、こんなにも疲労するのものなのか。というわけで、いかなるときもネクタイを外さずに生きてきましたが、あまりいいことではないだろうということで、ノーネクタイに。そして、出発前にオロナミンCを飲み、なんとか生きているという感じでした。あまりにも暑くて湿疹ができるし、虫にも刺されるしで、メンタームを買ってみましたが、成分を見たら「テレビン油」と書かれてあって、やはり「テレビン」と表記するのか、と感心しました。しかし何故テレビン油が必要なのだろうか。ワックス状にする為の成分であおろうか、蜜蝋ワックスを作ったときのことを思い出す。さて、図書の方は、集英社版『日本の歴史(5)平安建都』を読み終えたのだけれども、個人的に平安時代はどうもテンション上がらないところがあったのだけれども、ドナルド・キーンの日本文学の歴史を読んだあとだと、この時代も大変面白いということに気が付いて、読み始めたら止まりませんでした。次巻も注文済みではあるけれども、しかし読み急ぐのは止して関連の図書の目を通すようにして、じっくりと進めたいと思います。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 11:22 PM | comments (0) | trackback (0) |
チェリビダッケ/ザ・ミュンヘン・イヤーズ(49CD)購入
勤務先まで自家用車にて片道1時間の道のりなので、平日には日に2時間も車に乗っているわけですが、部屋のエアコンが故障中の身としては、車の中はエアコンがガンガン効いており、そしてワーグナーも聴き放題であり、むしろ快適な気がするほどであります。と思っていたら出先で車のバッテリーが上がってしまったらしくエンジンがかからない。しかしエンジンを止めてすぐかけ直したらかからなくなっていたので、バッテリー切れじゃない可能性も考えられる。バッテリー切れって、エンジンかけない状態で電気使ってしまったりなどに発生するものであるし。いずれにしてもよくわからないので、ロードサービスに来てもらったらやはりバッテリー切れであった。というわけで念のため、エアコン等電気の使用を控えつつ、ディーラーまで走行しつつ、無事辿り着いて見てもらったらバッテリーは完全に寿命が尽きていたようである。半年前の点検では寿命半分という診断だったのだが、暑いし電気使いまくりだったのか。しかも在庫がたまたまそれしかないということで、ちょっと高いバッテリーを付けられてしまって3万円かかったのである。まぁ、多少余裕のあるバッテリーを積んでおくというのも、この猛暑の多くなった気候の中では良いことなのかもしれない、と思うことにしましょう。いや、考えてみたら、そもそも7年前に新車購入してから一度もバッテリー交換したことなったのだけれども、半年点検が有効に機能しているのか少し不安にならんでもないところです。

ところで、ここ数年ブルックナーと言えば1、3、4あたりを好んで聴いているのですが、昔は5、8などの代表的大作を聴いてたものですが、最近はとにかく1、3、4なのです、どういうわけか。そしていろいろ聴いてたんですが、最近チェリビダッケ&ミュンヘンフィルの第4番を聴いたところ、例によって非常にゆっくりな演奏であり、他の演奏家の第8番よりも長時間に及ぶほどの悠々とした演奏なのですが、第4楽章が神がかっておりました。特に最後のコーダは全く別の曲のようであります。第4番の問題点と言えば、フィナーレの後半がスケール感がちょっと足りない感じであるところとはよく言われますが、このチェリビダッケのCDは全く問題ないどころか、後期の大曲を凌ぐほどのフィナーレであります。むしろ派手に終わるよりもずっと大曲っぽさがあるのではなかろうか。これを聴いてしまうと、少なくともフィナーレに関してはもはや他の録音など聴く気になれぬ、ぐらいの名演奏です。

というわけで、思わず、チェリビダッケ/ザ・ミュンヘン・イヤーズ(49CD)という49枚組のBOXを購入してしまいました。Amazonにて8298円也。1枚170円とは。他の指揮者ならともかく、チェリビダッケがこんなに安くなってしまうとは。とはいいつつも、チェリビダッケは今まではそんな好んで聴いてなかったので、個人的は未開拓領域であるので、新しい発見がありそうで楽しみではあります。本年度の後半は、このBOXを聴き終えるのを目安として過ごせればな、と思っております。

| 音楽 | 11:11 PM | comments (0) | trackback (0) |
ウェルドを乾燥させ、タネを取り出す。
ヨーロッパで古くから使われてきた黄色染料のウェルドという植物ですが、長年の間、育てようと思って試行錯誤しておりましたが、今年はようやく花らしきものもついて、そしてタネもできました。成長した様子の写真も撮ることができましたので、あとは染色を試みるだけです。無事黄色い染料が取れれば私としてはもはや思い残すころはないのですが。

庭の片隅に植えただけなので、そんなたくさんはないのでありますが、束にして吊して乾燥させました。
ウェルド

とりあえずタネを取ってみることにします。
ウェルド
先端の花が咲く部分に実のようなのがたくさん付いているのですが、そこに小さな黒いタネが入っております。軽く叩いただけでは出てこなかったので、手で揉んで殻を粉々にしたあとに、タネだ選分けたのですが、なかなか手間のかかる作業でした。少し斜めにした紙の上で微振動を与えていると、タネだけ転がってくるので、それを別容器に入れるという具合でした。実際のところ、無理に分別しなくても、殻と一緒に取っておいて、揉みほぐしながら土に蒔けばいいのかもしれません。

袋に詰めておきました。
ウェルド
10月くらいからは秋植えの時期になりますので、植えるのを忘れないようにせねばなりません。春に植えるより、秋に植えた方がうまくいくようなのですが、考えてみれば野生においても夏以降にタネが落ちて、秋に多少延びて冬を越して成長するというサイクルでしょうから、これが正しいのかもしれません。秋に植えると、葉っぱだけの状態の成長具合で冬を越し、そして春に葉っぱがぐんぐん大きくなります。基本的には2年草なので、その年も葉っぱだけの成長で終わることがあります。翌年の春からは、花の付く茎が伸びて、やがてタネを付けます。たぶん、それでこの植物の一生は終わりであるかと思います。刈り入れないで放っておくと、翌シーズンも生きるのかどうか、まだ試してないのでわかりません。早めの秋まきをしたものは、翌春に花が付いてしまうこともあるので、その場合1年の寿命となるかもしれませんが、でも様子を見ていると小さな花ができるだけで、翌シーズンが本格的に結実するようにも思えます。いずれにしても、もうちょっとだけ観察してみたいと思います。どのような条件だと染料が得やすいかという点も気になります。しかし何よりもまず、今回得た乾燥葉を煮出して、黄色が得られるかどうか、それを試さねばなりません。気がついたら夏休みもあと3日しか残されていません。

| 絵画材料 | 11:19 PM | comments (0) | trackback (0) |
集英社版『日本の歴史(4)天平の時代』読了
講師の仕事が夏休みに入りましたので、この貴重な時間を活用して染料の実験など検案をいろいろ解消してまいりたいところであります。と言いたいところですが、暑い日は無理はしないということは大事なので、暑かったら自重して休養を取りたいところです。何しろエアコンが昨年から壊れたままなので、室温は30℃を越した場合はひたすらじっとして夜中の二時以降に活動を再開する、というのが昨年の夏休みでありましたが。室温33℃までなら、じっとしていれば特に苦痛というほどでもありませんが、それを超えてくると自室には居られませんので、エアコンの効いた車でドライブに行かねばなりませぬ。県外は自重しつつ、県内の古代遺跡を訪れたいところですが、ちょうど集英社版『日本の歴史(4)天平の時代』を読み終えたところなので、桃生城跡に行ってみたい気もするのですが、行ってみて密林だったら夏は引き返した方がいいかもしれませぬな。「天平の時代」、こちらはいわゆる奈良時代なのですが、日本文学について多少読んでみたあとであると、ただの政治家だった者が歌人だったりして思い入れ的に違ったものがあって面白いところです。私としては第3巻「古代王権の展開」が最も好きな巻なのですが、「天平の時代」も読んでいて全く飽きずに過ぎました。

今年はコロナの影響で夏休みは2週間くらいとなりましたので、あまり無理な計画は立てないのがよろしかろうというところです。放置していた樹木等を剪定したり、古くなった家電などを買い換えたり、Yシャツとかズボンとか買ったりと、生活上やっておかねばならぬことも多いのですが。しかし暑くて何もできなければ読書でもするわけですが。日本の美術品を見る際にやはり古典文学等の知識は無くてはならんものですなと最近特に感じるわけですが、知識があればますます面白くなるものであり、カバーする範囲も広がって情報量が一気に増えて、そこには広大な世界が広がっているのであります。しかし日本の美術品、かな文化というか古来の日本の言葉をつかったような文学に連なるものと、漢籍といいますか漢文で書かれたものに連なるもの、文学というよりは仏教経典のようなものに連なるものの二系統あるように思われるのですが、もちろん他にもいろいろありますが。古典文学は今のところいろいろと楽しみつつ読んでおりますが、問題は仏教経典ですな。仏教経典の数、そしてそこに出てる物事も含めて、数のインフレはいろんな意味で途方もないものがあり、経典にプラスして膨大な注釈書があるというところですが、最近ちょっと頑張って読み始めているのですが、これは取り組んでみれば非常に面白いと言いますか、なんというか、弥勒とか文殊とかが個性的に対話やドラマを繰り広げるので、これらをちゃんと読んでいれば、仏像鑑賞もそれはそれは面白いものであったのだと今更ながらに気がつきました。まだまだ不勉強を反省せねばなりません。というわけで日本古典文学の本と(読みやすい訳の)仏教経典、注釈書などが目の前に用意されてしまったので、なかなか休む暇がないのですが、私がこれらを読んで何か役に立つことはあんまりないとは言えますが、しかし初心に返って読み続けているところですが、でもこれは夏休みでなくても日頃できることですが。最近の美術の教科書は非常に良く出来ていて、材料や美術史についてしっかりした解説があるのですが、しかし文学との関連、ホメロスが如何に重要であるか、プラトンがどれほど重要であるか、日本の古典文学、仏教経典が如何に重要であるかについてまで伝えるには至っていない、その点はまだまだ未開であるようには思います。西洋の古代の古典と、西洋中世の古典、それからルネサンスについて書かれたもの、そして古典主義時代の本、それから日本文学、そして仏教経典という具合に、読んでおきたい物が山ほどあるのですが、それに加えて樹脂に関する本も読みつつ実験せねば、あと絵も描かねば。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 11:59 PM | comments (0) | trackback (0) |
キーン(著)日本文学の歴史、古代・中世篇第3巻読了
今年は梅雨が長引いている為、観察していた植物もだいぶ弱ってしまって、というか腐りかけてるのですが、プランターや鉢に植えてるものは水はけがいいのか、あまりダメージがない。水はけ良くなるように下層部には素焼きの破片とか敷いていたからだろうか。

文化財保存修復学会大会は現地開催が中止となり、電子媒体に保存しての発表、質問はメールでということになっていたのですが、現地開催よりもむしろ参加しやすくなったような気がして、すぐさま申し込んで送金した次第ですが、先日電子媒体が無事届きました。ボリュームのあるページ数でありました。会員でありながら、ただ会費を払って論文を読むだけで数年経っており、申し訳ないような気がしておりましが、せめて質問くらい出したいところであります。

そして、キーンの日本文学の歴史、古代・中世篇第3巻を読了。この間は枕草子や源氏物語を扱っており、既知の内容が多いかなと思っていたのですが、キーンの解説は素晴らしく、自分の不勉強を改めて認識した次第です。それにしても日常を忘れて古代にトリップしているような気分になって、優れた解説書というのはいいものですな。キーンに感化され、日本古典文学を読みつつあるのですが、最近の関心は平家物語であり、いろいろある現代語訳を取り寄せて読んでおりますが、やはりなんだかんだで軍記物の方が白熱して面白いなぁと平安王朝物語と比較して思ってしまうところはあります。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 11:06 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: