1/150法隆寺五重塔、1/700駆逐艦雪風を作ってみました
フジミ模型1/150法隆寺五重塔完成
法隆寺五重塔
フジミ模型「1/150 法隆寺五重塔」を作ってみました。
これまでのところ、仏塔は1/100の興福寺五重塔、同じく1/100の薬師寺東塔を作りましたが、今回の法隆寺五重塔は1/150ということもあって、屋根を支える肘木などの組み物の再現度がいまいちといいますか、簡略化され過ぎていて、仏塔模型としてはその辺が残念でした。と言っても、このスケールでは致し方ないのですが。今回は風化した現状の再現は考えずに、朱壁の色をできるだけ明るく再現することに努めてみました。朱壁パーツの成形色が暗いブラウンなので、いくら明るい赤を塗っても、どうしても暗くなってしまうので、事前にホワイトのサーフェーサーを入念に塗布しておき、その上で艶ありオレンジの缶スプレーを吹きました。今の感性からすると派手過ぎるような輝かしい朱色を目指したわけですが、この色でいいのかまだ不安はあります。そして漆喰壁は白く明るく、相輪はまだ緑化していない黄金のような銅色、という設定で塗装してみました。ウェザリングで誤魔化すことができない分、かえって難しいものであります。
五重塔のプラモデルは、私の知っている範囲では、興福寺と法隆寺のものしかないけれども、ウッディージョーなどの木製キットなら、他に羽黒山、瑠璃光寺があるようです。しかし、木製模型は数万円するので、なかなか手は出しにくい。たとえお金があっても、完成品を置く場所がありません。もっとも、個人的にはフジミの興福寺五重塔と多宝塔を再挑戦したいところです。仏塔に関しては、模型による勉強はそれくらいにして、あとは文献を読みつつ、実物を鑑賞するのでよろしかろうと思います。模型は他ジャンルを作っていきたいところです。

というわけで、アオシマ 1/700 駆逐艦雪風を作ってみました。
駆逐艦雪風
戦艦は男子ならば誰もが作ったことはあるのではないかと思いますが、私も巡洋艦、駆逐艦等の艦種は作ったことがありません。しかし太平洋戦争の海戦について読んでみると、当時は既に戦艦はいまいち活用しづらくなっており、むしろ巡洋艦及び駆逐艦が大活躍している場面が多く、特に巡洋艦は空母艦隊においても護衛の要となっておりますし、大人になったらむしろ戦艦ではなくて巡洋艦を作るべきではなかろうか、というふうに思い始めたところです。でも、まずは駆逐艦を作ってみました。届いた箱も非常にコンパクトですし、完成したキットも小さくて、収納場所に困ることはなさそうです。なんとなく貼り線しないといけないような気がしてやってみたものの、思ったようにはいかずに3本貼って断念してしまいました。

そして、駆逐艦を組んでみた後に、集める軍艦シリーズの駆逐艦を改めて見たところ、実に巧みに駆逐艦の概観を再現していることに気がつきました。
駆逐艦
この半ば抽象化されたような細かいパーツがどのような部分なのか、見えるようになってきました。

さて、今後についてですが、一応、巡洋艦は妙高と高雄を買っております。駆逐艦の後に組み立てたら、けっこう大きな気がして感動するかもしれません。巡洋艦のあとに戦艦を作ったら、さぞかしその巨大さに驚くことでありましょう。

| その他 | 12:52 AM | comments (0) | trackback (0) |
アカシア・セネガル(アラビアゴムの木)の種を購入
アカシア・セネガル(アラビアゴムの木)の種を購入しました。10粒だけです。
アカシア・セネガル(アラビアゴムの木)の種
早速育苗ポットに植えてみましたが、販売サイトの説明では桜の咲く頃に植えるとありましたので、既に5月なので、ひと月遅れとなってしまったところです。でも、東北はまだ冷え込む日もあるので、このくらいで丁度いいとも言えるでしょう。届いた種をそのまま育苗ポットに植えたり、事前に水に浸けたり、冷蔵庫で冷やしてみたりなど、それぞれ条件を変えながら植えてみましたが、ひとつでも発芽してくれたらラッキーくらいに考えております。もっとも、生息地の環境を考えると、水に浸けたり冷やしたりなどはあまり関係ないような気もしますが。

それと黒檀の苗を見つけたので買ってみました。これは木彫などの美術教材を注文するときに、素材の堅さなど、数種類の木材の中から選べることが多いわけですが、最も堅くて最も値段も高いのが黒檀材である場合が多いです。多人数のクラスでは一番柔らかい朴材等でないと授業がうまくゆかないのですが、それはともかくとして、黒檀の苗を見つけた瞬間注文してしまいましたが、考えてみると植えてどうなるのか。でも、まぁ気になるところではあります。

さて、これまでは主に色材となるものを中心に植物を植えて観察しておりましたが、昨年からは美術史に関するもの、特に古代ギリシア関連の植物を植えて、鑑賞の為の勉強としておりました。最近は聖書と仏典を勉強中ですので、今シーズンはそれらに関する植物も植えておこうとは考えています。実は数年前から、H.N.モルデンケ&A.L.モルデンケ(著)『聖書の植物』を読んでそれらの植物を植えてみたいと思ったりしていた部分はあります。というより絵画材料と係わりそうな植物が多数あるといいますか、香料や樹脂系はこれもまた聖書読まずして語れないところもありまして、西洋美術鑑賞というに留まらず、絵画材料においても聖書をスルーしてはいかぬというのが私の見解であります。しかしながら、前掲の本は文学的にはなかなか読み応えがありますが、実際植物を買おうとしてもちょっと難しいところがありまして、難しいのがまた面白いところなのでもありますが、しかし先日、図書館に行ったら『聖書植物図鑑』(西南学院大学)という日本人著者による本も発見し、それがカラー写真が豊富で、国内での入手方法と栽培についてコメントが記載されているなど、大変親切な内容となっていて、さっそくあちこち検索して、種や苗を注文してしまいました。いずれ続々届いてくるとは思いますが、それらについては後日コメントしたいと思います。仏教系では、満久崇麿(著)『仏典の植物』という本を買って、本日届いたばかりなのですが、読み応えがありそうです。仏典の植物となれば、メインはインドあたりを中心としており、実は絵画材料としてよく使うフタバガキ科の樹木など、我々にもたいそう重要なものがいっぱい出てくるので、絵画材料研究的にも見逃せないところであります。むろん、仏教美術を鑑賞する上でもますます重要であり、そうでなくても仏教国においては、なんだかんだで気にならないはずはなかろうかと思います。

| 家庭園芸 | 12:41 AM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: