ワーグナー:ニーベルングの指環/カールスルーエ・バーデン州立歌劇場
現在、自家用車で片道1時間の道程を通勤しているので、買いためたCD BOXを聴きながら過ごしているとは前に書きましたが、この度、ワーグナー:ニーベルングの指環/ノイホルト指揮/カールスルーエ・バーデン州立歌劇場CD14枚組を聴き終えました。格安の指輪全曲BOXとして割と知られて存在ですが、格安の割には良い演奏だと評判なのですが、個人的には格安じゃなかったとしてもかなりCDなのではないか、とお薦めしたい気分です。全体的にかなりパリッとした演奏で、非常に聴きやすい、というか、かなり聴きやすい。そして、その割に要所ではなかなか迫力があります。ライブだけあって、臨場感があり、なんだかんだでけっこう感動的です。ジークフリートの終盤とかかなり迫力です。神々の黄昏も素晴らしい。個人的にはショルティのスタジオ録音のCDよりもずっと感動的な演奏である気がするんですが、どうでしょう。ただし、車載CDで聴いたせいかもしれません。エンジン音とか、ロードノイズとかあっても、聴きやすいという面があったかもしれません。部屋でヘッドフォンをかけてじっくり聴くと、ちょっともうちょっと凄かったような気がしたんだが、というのは多少感じないことはないですけれども、それでも、指輪を通して聴いたことがないという人に何か進めるとしたら、今のところはこのBOXが一番いいかなぁと思います。14枚も聴いていると、頭がワーグナー脳になり、ワーグナー意外の音楽を聴こうという意思がちょっと湧かなくなってきたりするところが怖いところです。
それにしても、ふつうに暮らしていたら、指輪のBOXを通して聴こうなどという余裕はなかなかないわけで、買ったまま放置しているCDがけっこう積まれているのですが、聴く機会があってよかったような。しかし、通勤時間が長いとは言え、意外とCD BOXというのは聴き終わらないもので。なんとなく繰り返して聴いてみたり、SDカードに入っているアニソンを聴いてみたりといろいろ気分にもムラがあって、まぁ、月に1BOX聴けたらいい方かもしれません。あるいは2ヶ月に1BOXかもしれない。次ぎに何を聴くか、というのはけっこう重要な選択である。


| 音楽 | 11:19 PM | comments (0) | trackback (0) |
オオヤマト古墳群踏破その2 ホケノ山古墳
箸墓の他には、いくつかの纏向型前方後円墳が点在するが、そのうちひとつでも見て置こうかと、わりとすぐ近くのホケノ山古墳を目指して歩きます。三輪山が見える。
ホケノ山古墳

ホケノ山古墳
ホケノ山古墳
おそらくは箸墓の直前くらいの時代の古墳ではなかろうか、という感じの古墳。
ちょっと前までは炭素年代測定法などの結果により、箸墓は卑弥呼の墓の最有力候補という感じでしたが、極最近は炭素年代測定法にも誤差があるのでまだわからんなという論調になってきているようなところですが、ホケノ山古墳ではさすがに規模が小さいですかね。
ホケノ山古墳

ホケノ山古墳の上から、箸墓を見たところ。
箸墓古墳
やはりデカい。

すぐ近くには国津神社(桜井市箸中)
ホケノ山古墳

ホケノ山古墳

ちょっと南に足を伸ばして茅原大墓古墳も見る。
茅原大墓古墳
こちらは増築年代はだいぶあとで、時代はすでに大王墓は奈良北部や河内の方に移動していた頃の古墳。

| 史跡・古墳・名所等 | 10:05 PM | comments (0) | trackback (0) |
オオヤマト古墳群踏破その1 纏向古墳群:箸墓古墳
だいぶ時間が経ってしまいましたが、3月某日に古墳歴訪の旅に出た話の続きです。初日に訪れた古市古墳群については既に書きましたが、2日目は纏向古墳群から柳本古墳群、大和古墳群を踏破しました。この3つの古墳群は、奈良盆地の南東にあり、オオヤマト古墳群と総称されることもありますが、最初期の前方後円墳の特に巨大なもの、王墓と思わしきものが並んでおり、初期大和王権、というかたぶん大和王権発祥の地といえるでしょう。

まずは巻向駅で下車、しようと思ったのですが、ワンマン電車だったので、最後尾に居た為降りられず、三輪から引き返してきたが、駅はSuicaには対応してるんですね。
箸墓古墳
巻向駅を出て箸墓古墳に向かう。途中、壬申の乱の戦場跡があったらしいけれども、気付かずに素通りしてしまいました。

纒向古墳群には最初期の前方後円墳が点在しますが、最初の巨大前方後円墳である箸墓古墳です。
箸墓古墳
ずっと前から見たいと思っていたのですが、ようやく訪れることができました。

前方部分の方に回ってみます。
箸墓古墳

拝所です。
箸墓古墳

孝霊天皇皇女倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめのみこと)とあります。
箸墓古墳

池とは反対側に廻ってみました。
箸墓古墳

| 史跡・古墳・名所等 | 11:42 PM | comments (0) | trackback (0) |
最近読んだ本:倉本一宏『壬申の乱』他
最近、なんだかやる気が出ないというか、無気力でどうしようもない感じなのですが、せめて本でも読んでおこうと思っていろいろ読んでます。

倉本一宏(著)『戦争の日本史2 壬申の乱』
私は日本史の中では、古墳時代から古代全般にかけてが好きです。応仁の乱について読んでるときより、壬申の乱について読んでるときの方がよっぽど楽しい。しかし、どの記述で読んでも、壬申の乱における大海人の吉野脱出から進軍経緯は奇跡のような連鎖なのだけれども、そもそも大海人が近江から吉野に出て行く時点で、一般的な史書の理由では説明が付かない的なところはあります。本書は本当の首謀者を鸕野讚良としており、草壁皇子を大王位に即かせる為とされている。しかし、本書を読んでいると、壬申の乱は大海人陣営の奇跡のような連携で勝利しているけれども、けっこう綱渡り的なところもあって、ただチャンスを待つのと、あのようなリスクを犯して行動に出るのと、どっちがいいのだろうか。私としては対外政策など、その他諸々の面で近江朝廷を刷新せねばならず、それには戦争しかなかったのではないか、というふうに思えるような気がする。事実、日本が大きく変わる転換点であったわけだし。
いずれにしても夢中になって読めて、現世の煩わしさを一時忘れることができました。

竹中亨(著)『ヴィルヘルム2世 ドイツ帝国と命運を共にした「国民皇帝」』
ヴィルヘルム2世の評伝であるが、これは第一次大戦発生の原因について考えるにもいい本かもしれません。第一次大戦がどうして発生したのか、というのは少々難しいわけですが。

アラン・エルランド=ブランダンブルグ(著)『大聖堂ものがたり:聖なる建築物をつくった人々 (「知の再発見」双書)』
大聖堂建築に関する本は山ほど読みましたが、どちらかというと建築の構造的な面(例えばロマネスクとゴシックの違いなど)とか、ステンドグラスの意匠、その他芸術的な側面に関するものが多かったのですが、本書はそういうのはほとんど語らず、発注者や建築家、材料の運搬や契約書といった面について書かれてありまして、これはこれで大変勉強になりました。

本郷和人(著)『壬申の乱と関ヶ原の戦い なぜ同じ場所で戦われたのか』
古代最大の内乱である壬申の乱の重要ポイントと、後の関ヶ原の戦いの決戦場がある位置が被っているわけですが、そこが日本の東西を分ける重要なポイントであり、実はふたつの日本がある、というようなダイナミックな序章があるのですが、けっこう期待して読み始めたところが、後半に行くにしたがって、普通に関ヶ原の戦いについて述べているような感じになってしまったのが残念です。

山本芳久(著)『トマス・アクィナス 理性と神秘』
中世美術についての動画を撮ったりなどしていましたが(https://youtu.be/ryiUc89Dikg?list=PLlnnJ9YY7hQj8hqLutRXy4sKgld5urCGJ)、テオフィルスをはじめとする技術的な本ばかり読んでいて、それ以外については勉強が足らなかったと思い、中世関連を乱読しているところです。なかなか進みませんが。
本書によれば「日本語訳で全四十五巻にも及ぶ『神学大全』は、彼の著作の七分の一程度にすぎない・・・とりわけ晩年のトマスは、現代の研究者が読む速度よりも速い速度で書いていた計算せざるをえないほどのアウトプットを残している。トマスの著作群は、西洋の偉大な哲学者たちのなかでも群を抜いて膨大であり、専門の研究者であっても、そのごく一部しか読んだことがないというの実情だ」とのことですが、これはすごい。なんというか目眩がするというか。しかし、アウトプット量よりも気になるのは、年代的にみておそらくは羊皮紙に書いたのであろうと思われるが、羊皮紙の値段も凄かったであろう。それだけの羊皮紙、手に入ったのは、フリードリヒⅡ世時代のイタリアだったからか。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 04:23 PM | comments (0) | trackback (0) |
ラクティスのSPORTボタン
トヨタ・ラクティスの1.5Lモデルには、ハンドルの影の目立たない所にSPORTというボタンが付いていて、これを押してSPORTモードにすると、普段より千回転くらいエンジンの回転数が上がる。説明書には「カーブの多い山道や高速で走行するときに適しています」とあるだけで、詳細には触れられていない。予想としては、CVTのギアチェンジみたいなものの調整が、通常モードよりもエンジンが高回転になるように調整されているのかな、というふうに思われる。燃費が悪くなるだけだろうと思って使ったことがなかったけれども、試しにONにしてドライブしてみたらアクセルペダル操作に対する反応が機敏で、まるで身体と車が一体になったかのような操作感である。面白い。背中を押されるように加速するし、アクセル離すとエンジンブレーキがグイっと効いて車と一体になったみたいである。微妙なアクセルワークで操縦できると言った感じか。とっさのときの危険回避などを考えるとこれは重要な点である。エンジンの回転数が上がるとエンジンブレーキの効きも強くなるのか。確かにそりゃそうだ。普通モードでは下り坂の減速時などは滑るような感覚があったのだが、しっかりと地面を捉えているような感じになる。雪道などではブレーキを踏んで滑るようなことも少なくなるであろう。仙台は妙に起伏のある大交差点が多々あるので、SPORTモードだとちょっと安心な気がする。
不思議なことにカーブでも安定して曲がっているような気がする。全高が高い車なので、キツいカーブの交差点などでは、ちょっと不安定な感じがするのだけれども、SPORTモードにすると、まるで地面に吸い付いているかのように安定して曲がるのである。これはエンジンブレーキが利いている為かもしれない。普段感じ出ているラクティスの操作感的なところでは、カーブの時にアンダーステア気味なんじゃないかなと思って不安になることがあるのだけれども、実は最近の車は危険を意識させる為に意図的にアンダーステア気味になるのように調整されているという話も聞くのだが、SPORTモードではそれも調整されているのではないか。まぁ、そんなことはないか。
というわけで、CVTでエコ的な感じに調整されていたのだけれど、SPORTボタンを押せば、なかなかの性能が引き出せたというか、それなりにいい車だったのだなぁと今更気がついたところですが、自動車税毎年34500円というのは、なんかちょっと確かに払いたくなくなってくるところもあるし、車検のときは重量税もあるしで、次ぎ買うときは軽自動車でもいいなかと思いはじめたところですが、今はたまたまけっこう距離のあるところに通勤することになったので、1.5Lモデルにしておいてよかったかなと。一応役には立っているなぁ、と。あと6年くらいは乗りたいところである。車で遠くに行くとか、そういうのはこの車のうちにやっておきたいかなと。

| 家電・パソコン | 11:29 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: