イリアスをどの訳で読むか
ギリシア文明の文学や美術を軸とした古典主義は、1900年前後まではまさにヨーロッパの価値観そのものであり、同時にアカデミズムの特徴のひとつでもあって、それを克服するのが20世紀の美術だったようにも見える。しかしそれくらいの影響を与えるくらいだから、古典にはやはり圧倒的な魅力があったとも言えましょう。特にルネサンス期、バロック期など、古典への熱い情熱みたいなものに溢れており、それを抜きに技術だけ見ては一面的な物の見方となってしまうと思われるのですが。昨今の石膏デッサン論争の件もあることですし、ちょっと古典古代の魅力を再検討してみたいところです。さて、古典古代の魅力を共有するにはなんといってもイリアスを読む、に尽きるのではなかろうか。古代ギリシア人なら誰もが読み、生き方の規範としたという叙事詩であり、その後もギリシア神話系の文学では最も重要な作品であり続け、19世紀にも幾多の考古学者を駆り立てた物語である。中世からルネサンス当初にかけては、ラテン語の叙事詩であるアエネイスがやはり重要度が高かったのか、ダンテの神曲の案内役はヴェルギリウスであるけれども、それ以外はやはり一貫してイリアスが最重要であったろう。ホメロス作「イリアス」は、ミケーネ文明崩壊後のいわゆるギリシアの暗黒時代が空ける頃、紀元前8世紀に成立したとされる作品で、古代ギリシア文学の中でも最古期のものである。当時は吟遊詩人が活躍し、様々の叙事詩を謳って歩いていたと思われるが、一個の作品としてまとまって出現した世に残った最初の作品であるけれども、1万6千行に及ぶ長大な叙事詩で、古代ギリシアを通しても最大の文学作品である。ようやくポリスが出現し、総大理石のギリシア神殿もまだなく、幾何学紋様のギリシア陶器を作っていた時代、ホメロス自身が実在の人物なのかもわからないが、ちょっと特異な特徴があり、完成度もすこぶる高いことから、大枠は一人の詩人が作ったという説に賛成である。トロイア戦争を描いた作品だけれども、ちょっと変わった特徴がある。まず、トロイア戦争全体ではなくて、10年間の戦いの中の50日間だけを描いている。ふつうこれほど長大な作品ならトロイア戦争の発端となったパリスの審判から始まり、クライマックスはトロイの木馬によるトロイア陥落になりそうなところである、というのが現代からみたら一般的な感覚かと思う。別の詩人によりそれらの部分の叙事詩も作られているが、イリアスよりも成立は後で、作品の質も劣っていたとされ、現存していない。トロイア陥落語の物語オデュッセイアもイリアスに劣らず長大な叙事詩であり、こちらもホメロス作とされるが、年代はイリアスより半世紀後くらいになるということなので、同一人物によるのか微妙である。オデュッセイアの方は、起伏に富んだ冒険談であり、一つ目の巨人など神話的な怪物も登場するなど、我々が神話というものに抱くイメージに近い。現代人にとってはオデュッセイアの方が面白いと思う意見が多いであろう。それと比べると、イリアスの方はやはり特異な作品のような気がする。10年も続いた戦争の末期であり、終始殺伐とした雰囲気の戦闘シーンが続き、それも解剖学的な丁寧さで殺戮を描くのが特徴である。例えば、槍が延髄に刺さって舌を貫いて前歯に当たって止まった、等々の生々しい描写が続き、そしてその者の出身地、生い立ち、両親などが言及され、大切に育てられたが親孝行する前に死にました、などという文言で締められる。それらの名前や地名は実在のものだったかもしれないけれども、ほとんどは特定されていない。そのような描写が延々と続き、夜になれば、死者を火葬し、牛を解体して焼いて神々に捧げ、肉とワインを飲んで眠る。日々それを繰り返しているのだけれども、実際に物語を精査すると50日間で行なわれた戦闘の数はそれほど多くない。でもひたすら戦っているだけに感じられるのである。トロイ戦争は、ギリシア勢とトロイア勢の戦争であるが、オリュンポスの神々は(ゼウス主神の目を盗みながら)各々肩入れする陣営に味方する。基本的に姿は現さず他の人間の形になって介入する。不思議な怪獣なども過去の回想を除いて出てこない。トロイの木馬のような現実味のなさそうなエピソードもない。神々の物語でもあるのに、圧倒的な現実感がある。話の筋としては冒頭まず、ギリシア側の英雄アキレウスが総大将アガメムノンとの確執により戦線を離れ、以降、ギリシア側が劣勢に立たされるところからはじまる。血なまぐさい戦闘が延々続いたのち、親友パトロクロスの死をきっかけにアキレウスが戦線に復帰するが、同時にゼウス主神はオリュンポスの神々に対し、今後は自由に介入してよろしいと許可を与え、人間と神々が入り乱れての大戦闘が開始されるのがまさにクライマックスシーンであろう。アキレウスはトロイア側の英雄ヘクトルを倒すが、親友を失った悲しみは癒えず、戦車にヘクトルの遺体を括り付けて延々と引き釣り回して日々が過ぎる。ある夜、父親のトロイア王プリアモスが単身アキレウスの元にゆき、息子の遺体を返してくれと願い、アキレウスは遺体を引渡し、葬儀の間、休戦の約束をする。トロイア勢がヘクトルの葬儀を盛大に挙げたところで物語が終わる。常に人が死んでき、自分も明日は死ぬ身であることをひたすら感じ続ける。これほど悲壮感の漂う作品はないはずだけれども、実は何故かちょっと心地良いところもある。不安や悩みを抱えるとき、この叙事詩が慰めになり、この中に身を置きたくなることがきっとあろうかと思われる。そしてそこにオリュンポスの神々が介入し続けるのであるから、長大な詩を読み終える頃にはきっとギリシア神話の神々が他人事ではなくなっていることであろう。人々がこの作品を読み続ける限り、オリュンポスの神々も人々の中に生き続け、美術作品にもなるのも当然であろう。これは要約したダイジェスト版、ギリシア神話の解説書、トロイ戦争の映画等では絶対に体験できない。50日間を1万6千行で共有してこそである。さて、イリアスは叙事詩であるから、韻文であり、そして当時としても古い言い回しが使われていたという。日本語訳はいろいろあり、私などが批評できるものではないのだけれども、韻文風の訳だと、やはり日本語には違和感があるような気はする。もちろん韻文訳も素晴らしいが、しかし初めて読むにはハードルが高い。あまり話題になっていないけれども、個人的には小野塚友吉訳『完訳イリアス』がお薦めな気がする。まさかのですます調散文訳であり、読みやすさでは一番である。散文訳というだけはなく、この叙事詩は倒置法的な言い回しが多くて、その辺が日本語に馴染まないところがあるのだけれども、それを読みやすいように配置換えしているようである。なお、読みやすいけれども殺伐とした雰囲気には一切妥協がない。読みやすいのがいいか、叙事詩風の雰囲気を堪能するのがいいのか、ちょっと意見はわかれそうだけれども、まるで人気講師が講演をしているようなふうに自然に聞こえるので、ある意味、現代日本の語り部として考えればこれもありかと。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 10:14 AM | comments (0) | trackback (0) |
ノートパソコン購入 ASUS E203MA-4000G
出先で使っているノートパソコン、3年半前にヤフオクにて1.6万で買った中古FMV P771/Cですが、中古ということもあって、けっこう乱雑に扱ってたけれども、安定して動いてくれていたのですが、こちらもWin7であるからして、買換えることにしました。

今回は中古は辞めにして、新品のを購入。ASUS E203MA-4000G 約3万円也。
ASUS E203MA-4000G
スペックですが、CPUはセレロンN4000、メモリ4GB、ストレージは64GB eMMC、ディスプレイは11インチと、かつてのネットブックに近い性能ですが、用途としては出先でプロジェクタを使ってのプレゼン、講義、skype通話、Illustrator原稿の微修正くらいなので、たぶんこれでよかろう、と。標準サイズのHDMI端子が付いている点で、プロジェクタに繋げやすそう、というかケーブルに困らなそう。

で、ようやくセットアップしました。MSオフィスの2010を入れ、PhotoshopとIllustratorもインストールし、いくらか触ってみましたが、なかなか快適です。ストレージがeMMCなので、HDDよりは断然速いです。core i3のノートパソコンでもHDDモデルだと遅くて常に待たされるのですが、そんなこと全然なくて快適です。CPUであるセレロンのN4000、Atomとあんま性能変わんないだろうと思っていましたが、やはりAtomとは違いますな。coreシリーズよりTDP低い為か、ファンレスなので、とても静か。普通のノートパソコンとして何ら問題なく使えそう。さっそく明日から使用するので、HDMI経由でプレジェクタの試写もやってみましたが、こちらも問題なし。デザインも非常に洗練されており、閉じた状態だとタブレットかなという薄さで、薄い鞄に入れたら格好良さそう。普段からちょっと荷物が多めなのだけれども、この際その辺も見直して、薄型のスマートな鞄を持ち歩きたい気がしてきたところでう。なお、一応欠点も上げておくと、重さはやっぱ1kgはあるんで、それなりにずっしりしております。画面の視野角が狭く、ほんの僅かな角度で色が激変するので、写真用途には厳しい。グレア液晶なので文書用途では昼間は外光の反射で長時間の作業はやはり厳しい。価格を考慮すればいずれも妥協できるところですが。

| 家電・パソコン | 09:13 PM | comments (0) | trackback (0) |
ウェルドに施肥するべきかどうか
染料系の赤では、コチニールが気に入っており、コチニールがあればもはや他の赤染料は要らないくらいに思っているのだけれども、黄色の染料系顔料も欲しくて、それがいまいちまだ手探り状態です。今年、自宅のキハダを使ったら素晴らしい黄色っぷりだったけれども、キハダを油絵に使えるかどうかというのが未知数である。そのうち使いますが。来年は顔料化したい。でも、今はギリシア読書に気を取られてなかなか進まないのですが。

それはさておき、西洋の黄色植物染料の代表格ウェルドを植えているのだけれども、聞くところによると施肥すると色素が少なく育つようなので、肥料をやらずに植えていたのですが、あんまり大きくならない。春から大きさが変わらない。むしろ弱々しくなってゆく。
ウェルド

野菜畑にしているところにも植えていたのだけれども、そっちは肥料やら対比やらいっぱいやっているわけで、気が付いたらすっごい大きくなっていた。
ウェルド
ここからどのように伸びて成長するのか楽しみである。最悪、植物の写真資料が手に入ればいいか。施肥すると色があまり貯まらないというのは、根が張りにくいとか、養分を頑張って吸収しなくていいとか、そういう理由なのであろうから、理にかなっていてたぶんそうなのだろうけれども、自分で試して確認するべきですな。モチーフにしようと思って植えているザクロも施肥すると実が成らないというので、肥料やってないのだけれども、妙に成長が遅い。木がある程度大きくなるまでは肥料やった方がいいのであろうか。

| 絵画材料 | 11:40 PM | comments (0) | trackback (0) |
J.J.ポリット(著)『ギリシャ美術史 芸術と経験』読了
Windows7のサポート終了が迫っているので、メインPC用のデスクトップと、出先で使うためのノートPCを購入したのだけれども、セットアップが面倒でまだ電源すら入れていない。それよりも古代ギリシアについて読むのに忙しい。本日はJ.J.ポリット(著)『ギリシャ美術史 芸術と経験』を読みました。これはずいぶん前に購入したんですが、買った時は難しくてすぐ投げ出してしまったんですな。ギリシア美術は古代ギリシャの歴史を切り離すことができないのだけれども、ちょっとその辺の知識が大事になってくる本とは言えるでしょう。一応本書内で歴史上の出来事はしっかり語ってくれているが、予め知ってないとわかんないだろうな、という書き方なので、それはまぁ、歴史入門書ではないから仕方ないとして、しかしこのところ一気に何冊も古代ギリシア史の本を読みあさっていたせいもあってか、ふと改めて本書を紐解いてみたのだけれども、そしたら何の苦も無くふつうに読めて、しかもすごく面白かった。教養は大事ですな。さて、古代ギリシア・ローマのことを古典古代とか、古典文明とか、その頃の芸術をクラシックと言ったりしますが、さらに研究が進むと、古代ギリシアもアルカイック期、クラシック期、ヘレニズム期などというふうに分けて考えるようになったわけですけれども、本書はその狭義の「クラシック」というものについて深く切り込んでゆくという内容です。私はなんというか、昔からどちらかというとミケーネ文明やアルカイック期好きではありますが、しかしそもそもクラシック期について深く理解していたわけではなかった、もっと読まねばと思いました。クラシック期はあまりにも当たり前に思っていたので、当たり前すぎてちょっと通り過ぎてしまっていた感があったかもしれない。文学もホメロスとかがいいと思って、古典期の悲劇作品とか実はあんまり読んでなかったということもあって、アイスキュロス、ソポクレス、エウリピデス、プラトンなどを収録する文学全集を手当たり次第に(中古で)買いあさっているところです。文学全集系は除籍本みたいなものが大量に出回っているので安く買えますが、ギリシア美術についての本はやはりそれなりにお金がかかる。今日も8千円分ほど注文してしまった。2年近く月1万円積立てている投資信託があるのだが、ずっと原価割れだったけれどもちょっと損がないくらいに回復してきたので、換金してギリシア知識に投資するべきであろうか。いや買わんでも、過去に買った物が積まれているのでそっち読めばいいのだが。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 11:41 PM | comments (0) | trackback (0) |
自宅のキハダから染料を取ってみる その2
自宅に植えていたキハダの木から黄色の染料を採って染めみる話のその2です。実際に染めに入ります。

さて、集めたキハダの樹皮であるけれども、前にも書きましたが、表皮と黄色層の間に緑の層があって、木から剥がした時点では緑の層が密着してるんですが、これってふつうどうするんですかね。
私は一応、手短にできる範囲で取り除いておきました。
キハダ
放っていても、やがて薄茶色になるだけで、染料としてそれほど大きな影響はなさそうですが。もし取り除くならば、まだ樹皮が木についている状態のときに刮いでしまった方が楽であろうかと思います。

そして、こちらが数日乾燥させた状態。
キハダ
もっと乾燥させたらどうなるのか見たいところですが、早く試してみたいので、今回はこの程度で。

染めるのは、Amazonで買った小サイズ木綿ハンカチ10枚入りの2枚。
キハダ

キハダ樹皮を煮出してみる。
キハダ
すぐに黄色い汁が出てくる。

キハダ
20分ほど煮たところで、樹皮を取り出して木綿ハンカチを入れてみたところ。

素晴らしい。立派な黄色に染まりました。
キハダ
黄土っぽい黄色とかじゃなくて、レモンイエローのような鮮やかな黄色。これはすごい。黄色と言われている色でも実は茶色っぽかったり、あるいは少量の染料しか採れなかったりとかいろいろガッカリすることがありますが、キハダは文句なくイエロー色であり、そこそこの量を染めることができるということで、大変立派な黄色です。
なお、2枚染めた布のうち、1枚は明礬で媒染しておいたのだけど、媒染なしとで見た目の色の変化はほとんどなかった。耐久性は変わるかもしれないけど。

キハダ
数日経って、皮を剥いたキハダ樹木を見たら、白く生々しかった樹幹が緑色になっていました。

さらに3週間ほど経ったところ、すでに樹皮と黄色の層っぽいものが形成されはじめており、すごい回復力だと関心。
キハダ
いや、これなら毎年取れるのではないか。

ちなみに、樹液も大量に出てきたのでのだけれども、どうも水溶性っぽいので、次はこれでアラビアゴム的な使い方ができるか試してみたいと思います。

| 絵画材料 | 07:56 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: