過去ログ
キーワード 条件 表示

[1337] 少し早いですが、アノンスです。 投稿者: [近畿] 投稿日:2005/10/30(Sun) 01:07
一版多色刷り銅版画
 作家:梶川能一
 森に生きるモノたち展
「都会の大自然を堪能して下さい」
会期:2005年11月27日より
         12月11日まで
時間:月〜金曜日>08:00〜19:00
   土/日曜日>10:00〜17:00
   *無休*入場無料*
会場:カフェ ジャンティ
住所:大阪市中央区北浜3−1−11
平井ビルB1

1992年ヨーロッパ歴訪以来
約二十数カ国を巡る。各国の
芸術文化に触れる感性が磨かれる。
複数の部族らと接触をもち感化される。
砂漠やブッシュ等、大自然
を肌で感じた事で作品が進化した。
2000年、パリへ芸術修行。多数の
展覧会/コンクールへ出展。
在仏中版画に出会いう。
2005年8月 帰国。
今回の個展に至る。


[1335] RE2:画材ショー2005 投稿者: [関東] 投稿日:2005/10/26(Wed) 15:14
しつこく画材ショーの話題ですがご容赦ください。

私は主に関東地方の美術大学に伺うことが多いのですが、日本画科を除いた絵画や彫刻系の学生は、画材店で取り扱う画材以外の素材を使うことが少なく無いようです。
各大学での演習や実習での指導や、表現形式へのこだわりのようなものがそうさせているようです。

例えば、アクリル系の絵具に代わり塗料メーカーの各種塗料を使用することなどは良くあることです。
支持体にキャンバスを使用せず、ホームセンターなどで角材と耐水ベニヤでフレームを作り、塗料メーカー系の地塗り剤を使用していたりもします。

それ故に画材店にて画材を買うことも少なくなり、更には画材ショーに出展した画材メーカーさんが製造している画材についての知識が欠落してしまっております。

同様に額装をすることも少ないため、額縁店にも行きません。そのためフレーマーの方にお願いする加工についての周辺状況も知らない学生は多数になるでしょう。

画材を多く消費するはずの美大生は、将来的にも有力な顧客になるだけでなく、間接的に拡販をしてもらえる伝道者的な存在にもなるでしょう。
そのためには、美大生向けに紹介するショーとして継続するべきだと思います。

[1334] 画学生様 投稿者: [関東] 投稿日:2005/10/25(Tue) 01:14  Home
ここに書き込むのは数年ぶりですので緊張しますが、誰もレスをつけない(つけようがない)ので、本人登場致します。
この流れ、ほとんどの方が自作自演と思うのではないかと心配ですが(笑)。

> 凄い技法らしいのですが

凄いかどうかはともかく、ある段階で生徒さんは一様に驚きます。
どの技法書にも載っていない技法ですし経験の中生み出された物ですが、
私は古典の多くの画家が当たり前のようにやっていた技法だと勝手ながら思っています。
最近ある巨匠の技法を解説した本の一部(そのまま読むと明らかに間違っていますが)を解読し確信に変わりました。

もっとも私の教室の場合は主に技法を伝授する場所でありますが、
プロとして技法よりも重要になるのが陰に隠れがちなデッサン力や構成力である事を改めて認識しており、
プロ志望の生徒さんにはそういった指導もしております。

>本当にそんな簡単にプロになれるのかな〜、と疑問も残ります。

たしかにプロダクションと直結している強みが有りますし、作品次第で絵が売れる事は容易くとも、
プロとしてそれを続けていくのは比較にならない程難しい世界で、何の保証も無い仕事だという事を当たり前ながら申し上げておきます。
勿論私とて、いつまで画家として税金を納め続ける事が出来るのか?という恐怖感を麻痺させながら過ごしております。

とりあえずそれに関連した状況を前途多難ながらつらつらと挙げると、
個展デビューが決定している高校を卒業したばかりの生徒さんと20代後半の生徒さんが居る他、
常設で作品が売れ、画家としての滑り出しを30歳にして成し遂げた遅咲きデビューの生徒さんも居ります。
(もっともこの生徒さんはすでに十分に近い実力と作品の魅力が有り、教室開講前からやり取りは有りましたが受講は一回のみです)
いずれも美大や芸大出身者ではありません。

また傾向として、経験者よりも初心者のほうが技法を自然に習得していく感が有りますので、
個人的にはデッサン力や構成力に優れているが油絵を描くのが苦手、といった方が最も飛躍的な進化を遂げる教室だと思っています。

詳しくは今出川ギャラリーに直接問い合わせて頂く事をお勧めいたします。
ではご参考まで。

[1333] RE:画材ショー2005 投稿者: [関東] 投稿日:2005/10/24(Mon) 16:51
フリーマーケットと併設するのは正しい方法でしょう。

おそらくここを見ていらっしゃる画材業界の方もお気づきだと思いますが、開拓するべきユーザーは美術系大学などの学生だろうことは間違いないでしょう。
中学高校で使用される美術教材も画材店で販売されているものではなく、言い方は悪いですが廃棄物に近い材料を有効利用しているようです。
それ故に美大などの学生は、画材についての知識が足りない人たちも少なからず目立ちます。

ここ数年、通信制の美術大学も増え、そちらに進学した学生も多数います。
特に通信制の学生は、遠隔地に住んでいたり、その他の理由で画材店に行き画材を買うことは多くないようなので、通販を利用している人も少なくないでしょう。
そのような学生は、実際の画材に触れる体験を持っていないため、学生にとって新しい画材に手を出す勇気もないこともあるようです。

そのため学生を主な対象に振ったユーザー向けの画材ショーは行う意義があると思います。

[1332] 画材ショー2005 投稿者: [関東] 投稿日:2005/10/24(Mon) 12:47
画材ショー2005 KYOTO&アートフリマに行ってきました。

出展業者の方には失礼ながら、私にとっては既知の製品が多くそれほどの新鮮味はないのですが、ユーザーの方々にとっては初めて見る製品も少なくないようです。

フリーマーケットと併設するのは正しい方法でしょう。
全国各地でクリエーターの方が制作した作品を販売する展示即売会は様々に行われております。

それを、作品を作る画材を製造する画材メーカーや卸売商社がバックアップするのは大きな意味もあり、また様々な材料を持つことをアピールするのに極めて有効な場になるはずです。

次回は、来年東京で開催されるのと思いますが、今回のような形式で開催していただきたいと思います。

その時には出展する業者のブースに私も立っているかと思います。

[1331] 無題 投稿者: [近畿] 投稿日:2005/10/20(Thu) 09:06
 質問します。レオナルド・ダ・ビンチのコーナーがないのはどうしてでしょうか。 

[1330] リンク忘れてました。。 投稿者:画学生 [近畿] 投稿日:2005/10/08(Sat) 02:35
http://spaces.msn.com/members/artis/

http://www.artis-web.jp/


[1329] 凄い技法らしいのですが。 投稿者:画学生 [近畿] 投稿日:2005/10/08(Sat) 02:34  Home
京都で新しく絵画教室が出来たそうなのですが、東京の三嶋先生が教えているらしく、なぜ京都で?と思ったら、このブログで納得。
画商のイメージが少し良くなったのですが、本当にそんな簡単にプロになれるのかな〜、と疑問も残ります。
Artisについての情報ありましたら教えて下さい。

[1328] RE:見本市 投稿者: [関東] 投稿日:2005/10/06(Thu) 09:24
monga様 どうもです。

22日が昼まで出勤なのです。
当日中に京都へ入りたいと思います。
何とかご挨拶に伺えるといいとは思っております。

29日にも京都まで行きます。
日本画画材メーカーの研究員様が企画される勉強会に出席の予定です。
奈良の墨と書道用品などのメーカーの会長様もお見えになるとのことで楽しみにしております。

[1327] 見本市 投稿者:monga [関東] 投稿日:2005/10/05(Wed) 17:48
■ 管理人様 Bambook様

東京は寒かったり暑かったり、わけ分からん天気が続いていますね。

京都の全画協見本市は自宅が京都なんで、丁度帰省して見学に行こうと思っています。Bambookさんは日曜日に行かれるのかな?当方は金曜日から帰ってるんで、もし土曜日から来られているなら会えるといいなと思います。日曜日は東京に帰ってしまいますし。

今度の日曜(10/9)は昨年も企画された、御茶ノ水の大写生会のお世話に行きます。昨年は500名目標で600名を超える参加者が来られたので、今年の目標は1000名です。当日は小学生のジャズバンド演奏やアート商品のフリーマーケットも開催されるので、御茶ノ水の駅前はすごい騒ぎになっちゃうかも

写生会はすでに600名を超える申込が来ているそうなので、ほんとに1000名超えるんじゃないかと思って、内心怖いなあと思います。天気だけが心配・・・

もし詳細がお知りになりたければ下記でご覧ください。当日参加も可能です。

http://urban.arch.cst.nihon-u.ac.jp/artcampus/index.htm

| 1| 2| 3| 4| 5| 6| 7| 8| 9| 10| 11| 12| 13| 14| 15| 16| 17| 18| 19| 20|
| 21| 22| 23| 24| 25| 26| 27| 28| 29| 30| 31| 32| 33| 34| 35| 36| 37| 38| 39| 40|
| 41| 42| 43| 44| 45|