過去ログ
キーワード 条件 表示

[1307] ど〜〜ん・じょば〜〜〜んに〜〜〜(低音) 投稿者:HPY [関東] 投稿日:2005/07/30(Sat) 17:35  Home
よんさんスゴイっすねー。
わたしもコーラスをミサ曲、2週間だけやってみましたが、すぐ挫折しました。ミサ曲、フォーレとコーラス(映画のサントラ)聴いてましたけど、静かな落ち着いた…というよりちょっと暗〜〜くなっちゃうのがダメです。それにコーラス2時間練習って、思ったより疲れるんだもの。その日も次の日もヘトヘト〜〜(←軟弱者)。
ラテン語しんどかった。英語読みしちゃうんだよね。英語訛り。もっとローマ字読みしなくっちゃって。

管理人さん
ドン・ジョバンニ、なんとなく話は知ってたんですけれどね。村の娘、ツェルリーナのコケティッシュな魅力にノックアウトです。可愛い。そしてしたたかで小悪魔的。「ぶってよマゼット♪(はぁと)」なんて、マゼットじゃなくてもクラクラ〜〜。ドン・ジョバンニが地獄へ連れて行かれた後、ドンナ・エルヴィラが「わたしは修道院に行きます」なんて敬虔な事言ってるのに、「マゼット、じゃぁ、食事にしましょ♪」。のけぞりました。純真でたくましいツェルリーナ・LOVE。

ちなみにドン・ジョバンニに誘惑されるツェルリーナ、目がトロ〜ンとしちゃってもう、「あぁ!チューしちゃう!ダメだよ!ダメ!」と興奮して叫んでるわたくし。今の映画はラブシーン行くトコまで行っちゃうのがいやらしくてイヤ。この辺までがドキドキ!キャー!なのであります。

そんで、マゼットぶん殴ってる辺りから主人公はだんだん憎くなってきた。悪いヤツじゃ。石像が出てきたときはもう拍手喝采で自業自得じゃー、ざまぁみろ!とマジで思いました(←感情移入しすぎ)。最後に主人公死んでみんなに喜ばれるドラマって珍しい?

[1306] 無題 投稿者:よん [近畿] 投稿日:2005/07/29(Fri) 10:58
失礼いたします。ちょっと音楽の話題となりましたので、私もちょっと、参加させてください。
 といいますのは、実は、ルネサンスの音楽を私事ですが、ちょっとやっていました。ラッススとか、パレストリーナとかビクトリアとかです。タリスやバードも歌っていましたが、絵の方が忙しくなって、練習についていけずに首になってしまいましたが、こんな音楽を、管理人様も聴いておられるのを知ってうれしいです。特に私は、ダ・ビンチと同時代で、ミラノのスフォルッツア家の音楽家であった、ジョスカン・デ・プレが大好きです。 では、暑い中お身体に気をつけてください。

[1305] こんにちは。 投稿者:管理人 [東北] 投稿日:2005/07/28(Thu) 01:01  Home
私も芸大油画技法材料研究室の作品展に行きたかったのですが、結局時間を取れませんでした。また、ホームページの更新をするつもりだったのに出来ませんでした。
しかし、「画材&技法掲示板」は、細かい部分がパワーアップして再登場する予定です。でも、パッと見てわかってないよと言われそうですが。もうちょっと待ってください。

ちなみに、26,27日と東京に行っていました。でも、自由になるようなスケジュールでは全くなかったですけど。

Bambookさん、
実務者講習会どうでしたか。もしかして!?

HPYさん、
ドン・ジョバンニって、思ったよりというか、物の見事に不道徳な男っすよ。最後に石像が出てくるシーンはすごいですよね。そこだけビデオを何十回も観ました。しかし、テンペラを描くならグレゴリオチャントじゃないっすか。ベートーヴェンもいいけど、ベートーヴェンはあまりにも人間臭いというか、もちろんベートーヴェンは私が実写版愛野美奈子の次に尊敬する超大作曲家ですが。
テンペラ描くときによさそうなCDと言えば、昔日記に書いたことがあったけど、バード(William Byrd 1535/40?-1623)がお薦めっすね。エリザベス女王の時代にイギリスで活躍した作曲家で、3声のためのミサ曲、4声のためのミサ曲、5声のためのミサ曲が代表作です。
CDは↓こちらです。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00004WMX6/seiyoukaigano-22/ref=nosim
グレゴリオチャントを聴きながら絵を描くというのは、一時期ブームになったことがありますが、僕的にはちょっと物足りないです。と言ったらグレゴリオチャント・ファンの方に怒られるかもしれませんが。僕としてはルネサンス時代の多声ポリフォニー宗教曲がこれからのテンペラ作家のBGMとして相応しいのではないと思い、普及活動に邁進しているわけです。邁進してるというのは冗談ですが。

[1304] 暑いねー 投稿者:HPY [関東] 投稿日:2005/07/27(Wed) 22:38  Home
管理人さん、また送ってくれてありがとう!
ドン・ジョバンニ、ついにビデオ見たよ!面白かったー。市内図書館に一館だけビデオ借りられるところ見つけて、借りて見た。思ったより不道徳じゃん。主人公。

あぁ、フラアンジェリコは祈りを捧げてから筆を取ったと言われてるのに、わたしゃ不道徳主人公が魅力的なドン・ジョバンニを連日聴きながら模写をしてるのかー。せめてベートーベンの第九、歓喜の歌にせにゃー。かもだ。

[1303] こんにちは。 投稿者:管理人 [外国] 投稿日:2005/07/26(Tue) 08:12  Home
急に超忙しくなったので、更新とかレスが遅くなります。

[1302] RE:図解 日本画の伝統と継承― 投稿者: [関東] 投稿日:2005/07/15(Fri) 13:42
図解 日本画の伝統と継承―素材・模写・修復

東京美術の書籍ですね。私も読みました。
実務者講習会にて間の抜けた質問をしなくて済むように日本で発行された各出版社の文献を何度か目通ししておきました。

[1300] 図解 日本画の伝統と継承―素材・模写・修復 投稿者:HPY [関東] 投稿日:2005/07/12(Tue) 20:49  Home
買いましたー。面白かったー。
日本画修復の過程など、写真付きでとても参考になり面白かったです。

こういう類の研究本で、油彩系の修復本で写真がたくさん載ってるヤツ、あったら是非読みたいですね。
どういう作品が剥落や亀裂の原因になっているのか、修復はどういう部分を直すのか、等々。

芸大油画技法材料研究室の作品展(『Reflex』)はとても面白かったです。1F古典模写と、2Fその後の展開。
連れていったお子さまは、最近美術館に付き合うなぁと思っていたら、現代美術大好きらしい。箱作品(キューブおもちゃっぽい)とおっぱいいっぱい描いてある作品(クレヨンしんちゃん的に笑える)がすごく気に入ってました。ははは。

[1299] 実務者講習会 投稿者: [関東] 投稿日:2005/07/11(Mon) 11:59
皆さん ご無沙汰しております。

14日にmongaさんのところで主催する実務者講習会に参加します。
画材販売の担当者向けの講習なのですが、興味深いことが多いので、後日にレポートしたいと思います。

[1298] 無題 投稿者:よん [近畿] 投稿日:2005/07/07(Thu) 14:52
失礼します。イタリアへ行きたいなあ。と思う毎日です。本できょしょうの水彩画デッサンというのが手軽な値段で文庫本でありました。とても、参考になりました。

[1297] 画材&技法掲示板について 投稿者:管理人 [東北] 投稿日:2005/07/07(Thu) 03:04
『画材&技法掲示板』は再開の準備が整いつつありますが、せっかくなので、書込みのほとんどなかった過疎スレッド等を廃止・統合し、また、新たに必要と思われるスレを加えるなど、若干の調整を行ないたいと思います。再開は、来週になるかもしれません。

ところで、しばらく前から、本サイトの掲示板に現れてコピペ荒しをしている方がいるのですが、中には本サイトのコンテンツから、あるいは掲示板からコピーした文章も含まれており、それをさらに他サイトにも貼っているようで、果てしなく迷惑な話ではあります。著作権侵害行為にも触れつつあるので、場合によっては警察へ被害届も選択肢に含めつつ、対応したいと思います。その為、一部の地域に対し、掲示板や本サイトコンテンツへのアクセス拒否を行なっています。迷惑行為を行なっている方が別の場所等から現れたときは、そちらも規制対象になるかもしれませんので、掲示板を見ることができなくなったら、そういう理由なんだとご理解ください。

| 1| 2| 3| 4| 5| 6| 7| 8| 9| 10| 11| 12| 13| 14| 15| 16| 17| 18| 19| 20|
| 21| 22| 23| 24| 25| 26| 27| 28| 29| 30| 31| 32| 33| 34| 35| 36| 37| 38| 39| 40|
| 41| 42| 43| 44| 45|